menu

離婚回避の方法〜思考法〜

喧嘩の原因やメカニズムを理解し離婚を未然に防ごう!

喧嘩の原因やメカニズムを理解し離婚を未然に防ぐ

夫婦喧嘩はよくするほうですか?
喧嘩をするほど仲良いという表現もありますが、あまりにも喧嘩の頻度が多すぎると、そのうち取り返しのつかない状況になりかねません。

また喧嘩から仲直りをすることができず、時間が経過すればするほど、夫婦の間には大きな溝を作ることもあります。
そのうち、どりから一方がこの状況に我慢できなくなり、離婚の危機に陥る可能性もあるでしょう。

同じ空間で生活をともにしている夫婦という特別な関係なのですから、出来る限り喧嘩のない楽しい毎日を過ごしたいものですよね。
また離婚という状況になってから、夫婦の関係を修復しようと努力しても元には戻らないことだってあるのです。

夫婦喧嘩があまりにも多いと感じている場合は、喧嘩の原因やメカニズムを理解し、早めの対策をとるようにしましょう。

夫婦喧嘩の理由その1・否定、批判する

夫婦喧嘩でもっともありがちなのが、相手のことを否定したり、批判することです。
誰しも自分のことを否定されたり、批判されることを快く思うはずはありません。

万が一喧嘩の際に、相手を傷つけるような否定や批判をした場合には、速やかに謝罪するようにしましょう。
そのほかにも夫や妻と仲直りがしたいと思っている場合は、意識的に肯定的な言葉を使うように心がけてください。

離婚危機を回避し、いつまでも夫婦円満な家庭には、ありがとうやごめんなど、常に感謝の言葉や肯定的な言葉であふれかえっているはずです。

夫婦喧嘩の理由その2・強要する

女性で多いのが、夫のやることなすことすべて強要することです。
「私はそんなことしてないわよ」と自分のことをまったくわかっていない女性も多いようですが、思い出してください。

帰宅後夫の脱ぎっぱなしの靴下やシャツを見たときいつも何といっていますか?
きっと「なんで脱ぎっぱなしにするのよ、ちゃんとして」「何度行ったら分かるのよ」

そんな言葉を無意識のうちに使用していませんか?
当然ですが、人は強要されることをとても嫌います。

ましてや夫の場合、妻から毎日言われているこれらの言葉には、無意識に反抗してしまいがちなのです。
パートナーに対し、腹立つことをストレートに口にすると高い確率で喧嘩となるでしょう。

そうならないためには、まず先に「お願いがあるのだけど」と付け加えるようにしましょう。
命令したり、意見を強要するのではなく、相手の心にスーッと入るよう、できるだけやんわりをお願いするようにしましょう。

離婚を回避し、夫婦円満にするためには、相手を押し付けるような態度は逆効果です。
とにかく低姿勢から相手のふところに入り込めるよう努力してください。

離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚危機を避けるための正しい考え方!


関連記事