menu

離婚回避の方法〜思考法〜

ほとんどの夫婦喧嘩の原因は3つに分けられる!

ほとんどの夫婦喧嘩の原因は3つに分けられる

「夫婦喧嘩の原因なんて星の数ほどある」と考えてはいないでしょうか?

もちろん、星の数ほどとは言えないまでも喧嘩の理由は夫婦の数だけあるでしょう。

ただし、喧嘩の根本原因は意外にどこの家庭でも似たようなものなのです。

ある生保会社のアンケート調査によると、夫婦喧嘩の原因ベスト3は次のようなものであるという結果が出ました。

そのトップ3は「態度」、「子供」、「価値観」です。

「いや、我が家ではそんなことで喧嘩しない」、「でも、そういえば思い当たるフシもある」と感じたご夫婦も多いかもしれません。

次に、この夫婦喧嘩の原因トップ3とその対応策について紹介していきましょう。

相手の態度で夫婦喧嘩

夫(妻)の態度にカチンときて喧嘩が起こるというのが喧嘩の原因になる「態度」です。

夫婦喧嘩が起こりやすい態度の例としては次のようなものが挙げられます。

・態度が乱暴(物をガチャンと置く、放り投げる)
・態度が冷たい(話を聞かない、鼻であしらう)
・態度が不愉快(馬鹿にして嗤う、相手を下に見る)

こういう態度は夫婦でなくとも喧嘩の原因になるものです。

うっかり上記のような態度をとってしまったら、「ゴメンね」や「疲れてたから、つい…」などとフォローしておきましょう。

逆に相手がそのような態度をとったら、いきなり怒るのではなくしばらくそっとしておくといいですね。

育児・子供の教育で喧嘩

子供は夫婦の宝、それだけに育児方針や教育方針で喧嘩になることも多いようです。

育児方針は夫(妻)の家庭環境によっても考え方が異なりますし、義父母が口を出してきて夫婦喧嘩に発展してしまうケースも少なくありません。

また、子供の進学に関しても同様で、「私立か公立か」や「塾や幼児教室に入れるか」なども夫婦喧嘩の原因となることがあるのです。

いずれも我が子・我が孫の幸福を願ってのことですが、それで家庭内の人間関係が紛糾するのでは子供にとっては最悪の状況となります。

もし、このような問題で夫婦喧嘩が頻発したり冷戦状態になるようなら、一度自分自身の考え方をリセットして第三者の意見に耳を傾けてみるのも良い方法です。

価値観の相違が夫婦喧嘩に

夫婦喧嘩のみならず離婚の原因になるのが「夫婦の価値観の相違」です。

価値観の相違は誰にでもあるものですが、それが夫婦喧嘩のモトになってしまうのであれば共白髪まで添い遂げるのは難しくなります。

むしろ、「元は赤の他人である夫と妻の価値観が違うのは当たり前」と割り切って、夫婦として新しい価値観を築いていくと考えたほうが上手くいきます。

男にとって突然来る離婚危機の回避方法を知りたい方

ある日、
「このままだと、わたしあなた君の事が好きじゃ無くなって・・・一緒にいられない!」
と妻に告げられた後、見事離婚回避した方法とは?

あなたのケースがこれよりも重症の場合でも離婚回避できるマニュアルを教えます!

多くを語らない夫との離婚危機を避ける方法を知りたい方

気がついたら、
「妻のことを避けるようになっていた・・・」
そんな夫と妻が、見事離婚回避した方法とは?

あなたの夫はこれよりも大変な状況かもしれませんが、それでも離婚回避できる方法があります!

離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法


関連記事