menu

離婚回避の方法〜思考法〜

5つのNG行動で夫婦喧嘩が悪化する!

5つのNG行動で夫婦喧嘩が悪化する

世の中に「結婚してから一度も喧嘩をしたことがない」という夫婦はどのくらいいるでしょうか?

もちろんゼロではないにしても、夫婦なら一度や二度は喧嘩をした経験があるはずです。

人間が二人以上いる場所では、小さなものから大きなものまで喧嘩は付き物です。

しかし、喧嘩をすれば気分が良くないのは当然、できればスムーズかつ平和的に仲直りしたいですね。

このNG行動で喧嘩が悪化!

いくら夫婦は喧嘩するもの、でもいつかは仲直りできるものといっても、険悪な状態が長引けば家庭内は暗くなります。

家族の精神衛生を考えても早く仲直りして平常運転に戻したいものですが、次のようなNG行動をすると夫婦喧嘩は長引いて修復が難しくなることもあるのです。

NG行動1:口を利かない

夫婦に限らず喧嘩をした後に多いのが「とにかく口を利かない」というNG行動です。

まだ怒りが尾を引いているのか、機嫌が直らないのか、文句を言い足りないのか…と理由はいろいろあるでしょうが、顔を合わせても口を利かないとなると仲直りどころか再び喧嘩になる可能性もあるので注意してください。

NG行動2:不機嫌な顔をする

喧嘩をしたわけですから不機嫌な顔になるのは当然ともいえますが、いつまでも仏頂面をしているのはフェアな行動ではありません。

昔から「喧嘩両成敗」というように、争いになるのは双方に原因があるわけです。

もし一方だけが不機嫌さを引きずっているのはNG行動で、スムーズに仲直りする妨げになります。

不機嫌な顔をするくらいなら、思い切って不満を口に出してしまいましょう。

NG行動3:いつまでも文句を言う

夫(妻)に対して文句があるから喧嘩になるわけですが、いったん状態が納まってからも文句を言い続けるのは仲直りできない要因になります。

夫婦喧嘩では文句を言えば言うほど「もっと言いたい!」という気分になることが多いものです。

言いたいことがある場合は一度冷静になり、「これだけは言いたい」というポイントを絞ってから伝えるようにしてください。

NG行動4:ふらっと外出する

夫婦で喧嘩をしてしまったあと、ふらっと外に出掛けてしまう夫(妻)もいます。

これは悪気はないにしても相手にとってはショックなNG行動です。

無理して家にいろというわけではありませんが、出掛けるなら「ちょっと出て来るね」「買い物してくる」というようにひと言声を掛けるようにしましょう。

NG行動5:子供に八つ当たりする

夫婦喧嘩でありがちですが、最もNGな行動が「子供に当たり散らす」です。

理由は書くまでもないでしょうが、喧嘩をしたのはあくまで夫婦二人で、子供には何の罪もないわけですから決してやってはいけません。

男にとって突然来る離婚危機の回避方法を知りたい方

ある日、
「このままだと、わたしあなた君の事が好きじゃ無くなって・・・一緒にいられない!」
と妻に告げられた後、見事離婚回避した方法とは?

あなたのケースがこれよりも重症の場合でも離婚回避できるマニュアルを教えます!

多くを語らない夫との離婚危機を避ける方法を知りたい方

気がついたら、
「妻のことを避けるようになっていた・・・」
そんな夫と妻が、見事離婚回避した方法とは?

あなたの夫はこれよりも大変な状況かもしれませんが、それでも離婚回避できる方法があります!

離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法


関連記事