menu

離婚回避の方法〜思考法〜

30代夫婦の喧嘩原因第1位は「育児や子供の教育」

30代夫婦の喧嘩原因第1位は育児や子供の教育

ある生保会社が実施した夫婦関係に関するアンケート調査で、「30代夫婦の喧嘩の原因」として次のような結果が出ました。

第1位・育児や子供の教育(約38.8%)
第2位・相手の態度(約34.4%)
第3位・お互いの価値観(約28.0%)
第4位・お金の使い道(約24.4%)
第5位・家計の問題(約21.6%)

30代カップルの夫婦喧嘩の原因トップは「育児や子供の教育の問題」です。

これは20代カップルでは「お金の問題」が原因で夫婦喧嘩が起こるのと比較すると興味深い結果となっています。

つまり、収入が低めの20代夫婦ではお金の使い道で夫婦喧嘩になりやすいのに対し、収入が増えてはきたが今度は子育てや子供の教育方針などで喧嘩が起こるというように考えられます。

子供の問題は夫婦だけでなく父母・義父母、時には祖父母(義祖父母)なども絡んできて、単なる夫婦喧嘩だけで終わらないことも多いのが特徴です。

30代夫婦の特徴と傾向

30代の夫婦は結婚からある程度時間が経ち、「そろそろ子供でも…」と考え始める時期です。

出産ということになれば妻の仕事の問題や共働き解消による生活費などの問題も発生しますが、同時に子育ての方針や子供の教育方針で揉めることが多くなります。

夫婦二人だけの問題なら単なる夫婦喧嘩で犬も喰わない…というような解釈も可能でしょうが、大切な子供の将来にもつながる問題なので簡単には解決できにくいようです。

さらに30代夫婦の場合、父母(義父母)もまだ若いため様々な口出しをしてくることが多いので夫婦喧嘩が大きなトラブルに発展することもあります。

30代の夫婦喧嘩と対策

30代夫婦の主なコミュニケーションの手段は「メール」「ピロートーク」「電話」というアンケート調査の結果が出ています。

20代夫婦との違いは「LINE」や「Twitter」の利用が少なめである点、「ピロートーク(寝室での夫婦の会話)」が減少し始めている点です。

言い換えると30代になると20代の時のような寝室での夫婦の甘い会話が少なくなり、メールや電話という間接的な手段になっていくということでしょう。

メールや電話は顔が見えないコミュニケーションツールであり、なかなかダイレクトに気持ちが伝わらないといデメリットがあります。

30代の夫婦が喧嘩を避けたり、喧嘩後に仲直りをしたいのならメールや電話を使うだけでなく、夫(妻)と直接話す機会を作る努力が必要です。

特に子供の問題やお金の問題は夫婦が直接話し合うことが重要で、感情的にならずに冷静に話をする必要があるのです。

※調査結果の出所:オリックス生命保険株式会社
http://www.orix.co.jp/ins/koho/news/2012/n121219_1.htm

男にとって突然来る離婚危機の回避方法を知りたい方

ある日、
「このままだと、わたしあなた君の事が好きじゃ無くなって・・・一緒にいられない!」
と妻に告げられた後、見事離婚回避した方法とは?

あなたのケースがこれよりも重症の場合でも離婚回避できるマニュアルを教えます!

多くを語らない夫との離婚危機を避ける方法を知りたい方

気がついたら、
「妻のことを避けるようになっていた・・・」
そんな夫と妻が、見事離婚回避した方法とは?

あなたの夫はこれよりも大変な状況かもしれませんが、それでも離婚回避できる方法があります!

離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法


関連記事