menu

離婚回避の方法〜思考法〜

夫婦喧嘩した後に仲直りする為の4つのポイントと考え方

仲直りの為の4つのポイントと考え方

仲直りしようと思う事

夫婦喧嘩で仲直りするために必要なのが「仲直りしたいという気持ち」です。

何だ、当たり前じゃないかと言う人もいるかもしれませんが、現実にはまだ怒りを引きずっているのに和解しようとしたりする場合も少なくありません。

そうなると何かのキッカケで怒りを思い出せば再び喧嘩の火種になります。

心の中に怒りを持っているのに世間体や子供の手前があるから、気まずいのは困るからなどの理由で嫌々仲直りしようとする…というのでは根本的な解決には至らないからです。

もし本当に仲直りしたいのなら、「和解しよう」という強い意志を持つことが重要です。

自分の悪い点を認める

よく「喧嘩両成敗」というように、夫婦喧嘩をしてしまう原因はお互いにあります。

ここで大事なのは「お互い」にあるという点で、相手だけでなく自分にも非があるというのを認めることが重要です。

本心から仲直りをしたいなら、まずは謙虚に自分の非を認めて相手に謝罪しましょう。

非を認めるというのは夫婦生活を続けていくうえで重要なことで、謝られた相手は自分にも非があることに気付き、同じように謝罪してくるはずです。

万が一、謝っても許してくれないようなら本格的な話合いをする必要があります。

お互いに冷静になるまで時間を置き、あらためて話をする機会を設けるようにしてください。

相手の不満に耳を傾ける

夫婦喧嘩をするにはそれなりの理由があるはず、仲直りをしたいなら相手の不満に耳を傾けましょう。

その際に心掛けたいのは、「相手が何を言っているか」ではなく「相手が何を言いたいのか」に注目することです。

ささいな言葉の綾にこだわらないで、「相手が本当は何を望んでいるのか」に耳を傾けるようにしてください。

相手の言葉の綾に怒ったり、揚げ足を取るようなことをすれば再び喧嘩になります。

夫婦喧嘩の仲直りで相手の不満に耳を傾ける時は謙虚な気持ちで聞くのが和解するコツです。

面倒でも適当に済ませない

夫婦喧嘩をすると家庭内がギクシャクし、子供や親などの家族にも影響を及ぼします。

もちろん夫婦同士も気まずくなり、夫が無言で仕事に出掛けたり妻が手抜き料理を出したりと詰まらない諍い(いさかい)が繰り返されることになります。

こうした冷戦状態に耐えられなくなると、「もうどうでもいいから和解するか」となるわけですがこれが後々問題となるのです。

もしも夫婦喧嘩を度々繰り返したくないのなら、面倒だと思ってもしっかり話し合って和解するようにしましょう。

男にとって突然来る離婚危機の回避方法を知りたい方

ある日、
「このままだと、わたしあなた君の事が好きじゃ無くなって・・・一緒にいられない!」
と妻に告げられた後、見事離婚回避した方法とは?

あなたのケースがこれよりも重症の場合でも離婚回避できるマニュアルを教えます!

多くを語らない夫との離婚危機を避ける方法を知りたい方

気がついたら、
「妻のことを避けるようになっていた・・・」
そんな夫と妻が、見事離婚回避した方法とは?

あなたの夫はこれよりも大変な状況かもしれませんが、それでも離婚回避できる方法があります!

離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法


関連記事