menu

離婚回避の方法〜思考法〜

夫が怒る3つの理由は「疲れ」「こだわり」「しつこい」

夫が怒る3つの理由

夫婦喧嘩が起こる原因ベスト3は「相手の態度」・「価値観の違い」・「お金の問題」だそうです。

ベスト3のうちの一つが「相手の態度」で、夫が怒るという状況も夫婦喧嘩の大きな原因になっています。

ところが、妻側からすると夫の怒りの原因が掴めなかったり、時には説明を受けてもよく理解できないということもあるようです。

そうなると根本的な原因が分からないまま夫婦喧嘩になるということもあるわけで、まさに「五里霧中(物事の様子がまったく分からない状態)」で言い争っているという結果になります。

夫が怒る理由1:とにかく疲れている

たいした原因もなく男性がいきなり怒り出す理由は十中八九「とにかく疲れている」です。

この「疲れ」は主に精神的なもので、そこから肉体的な疲れにもつながっています。

男性に限らず外で仕事を持っていると、クライアントや上司、同僚などとの人間関係が発生します。

その人間関係が精神的な疲れになり、帰宅した時には「もう誰とも話したくない」という気分になってしまうのです。

こうした状態の時には人と接するのが面倒になり、妻に対しても少しのことで怒る場合があります。

夫が疲れていると感じた時はしばらくの間、そっとしておいてあげましょう。

夫が怒る理由2:こだわりを無視された

男性と女性の違いの一つが「強いこだわり」を持つか否かということです。

人間誰しも「こだわり」はあるものですが、女性と比べると男性のほうが強い「こだわり」を持つ人が多いようです。

「こだわり」を持つのは必ずしも悪いことではありません。

しかし、自分だけの「こだわり」を持つ人の中には、相手に理解されないと怒り出す人もいます。

これは自分の「こだわり」を無視されたと感じるためで、怒られた相手は何が何だか分からなくて驚くこともあるようです。

もし配偶者が分かりにくい理由で怒っていたとしたら、この「こだわり」を無視したからかもと考えてみましょう。

夫が怒る理由3:しつこく言われた

すべての男性がそうというわけではありませんが、基本的に男性はしつこく言われるのが苦手です。

妻側は「夫のためを思って」とか「念には念を入れて」という気持ちで言っていても、夫側は何度も言われると子供扱いされているように感じて不愉快になります。

もちろん、何度も言うには理由があるのでしょうが、度を過ぎると夫婦喧嘩の引き金になってしまうこともあるのです。

特に子供のいる家庭では「妻」が「母」になってしまい、夫にまで母親的なモノの言い方をしてしまうケースがあるので注意しましょう。

離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚危機を避けるための正しい考え方!


関連記事