menu

離婚回避の方法〜思考法〜

シンプルに考えれば分かる!夫婦仲直りのコツ3つ

夫婦仲直りのコツ3つ

俗に「犬も喰わない」というのが夫婦喧嘩というものです。

しかし、現代社会ではちょっとした夫婦喧嘩から冷戦状態に入り、周囲の人をも巻き込んで別居や離婚という事態に陥ることもあります。

夫婦別居や法的な離婚に至らないまでも、実際に「家庭内別居」や「仮面夫婦」になってしまっているカップルはたくさんいます。

そうならないためにも、夫婦喧嘩でスムーズに仲直りするためのコツを知っておきましょう。

コツ1:誰も責めない

夫婦喧嘩をすると無意識に相手を責めたり、時には自分自信を責めてしまいます。

これは「相手は少し言い過ぎだ」や「もっと上手く行動すればよかった」という気持ちの表われですが、むやみに自分や相手を責めても何の解決にもなりません。

すでに口に出してしまった言葉ややり過ぎた行動を後悔するのではなく、今後どうしたいかに照準を合わせて考えるようにしてください。

誰も責めず、夫婦喧嘩をしたという状況を受け入れるとスムーズに仲直りすることができます。

もし、どうしても気になるようなら「喧嘩したオレ(私)が馬鹿だった」、「でも君(あなた)も少し言い過ぎだよ」と穏やかに伝えた後に「もうこれからは喧嘩しないように努力する」と付け加えるようにしましょう。

コツ2:素直になろう

夫婦喧嘩の仲直りのコツは「素直になる」ということです。

人間は大人になると素直になるのが難しく、何かというと持って回った言動をしてしまいます。

反対に子供同士が喧嘩した時はどう解決しているのか考えてみてください。

そうですね、単に「○○クン、ごめんね」と言うだけですね。

仲直りをするために必要なのは、ごくごく素直に「ごめん、君と喧嘩して後悔しているんだ」、「アナタと喧嘩したままだとツライ」と訴えることです。

コツ3:問題点は明確に

夫婦喧嘩を繰り返しするカップルは「なぜ喧嘩をするのか」という問題点が明確でないことが多いようです。

喧嘩がたびたび起こる原因は夫婦によって異なりますが、根本となるのは「相手の考え方を理解していない」という点。

なかには「理解していない」という現実さえ理解できていないというケースも見られます。

何も原因のないところに夫婦喧嘩は生まれません。

夫(妻)が何を考えているのか、何を不満と感じているのか、どこをどう改善してほしいか等々、問題点を明確にすることによって仲直りできるだけでなく喧嘩の再発を防ぐことができます。

もしスムーズに仲直りをしたいなら、冷静な状態で穏やかに「どこを直してほしいのか教えて」と言ってみましょう。

もちろん、相手が説明している間は反論せずに最後まで耳を傾けるのがマナーです。

離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚危機を避けるための正しい考え方!


関連記事