menu

離婚回避の方法〜思考法〜

本当の夫婦の会話!「本音」で語れば夫婦は上手くいく!

本音で語れば夫婦は上手くいく

みなさんは結婚してから夫婦で「本音で語る」という時間を作ったことがありますか?

「結婚して何年も経つのに今さら本音?」
「夫婦なんだから何も言わなくても分かるよ」

もし、このように考えているなら夫婦喧嘩がなくならないばかりか、悪くするとすれ違い夫婦で終わるかもしれません。

夫婦で喧嘩が絶えない、なかなか仲直りできず引き摺るというカップルなら「本音で語る」を見直してみてはどうでしょうか。

「本音」とは何だろう?

夫婦喧嘩の仲直りのコツは「本音で話すこと」です。

「本音で話したから喧嘩になったのにナゼ?」と感じるかもしれませんが、実はほとんどの人は夫婦喧嘩で本音を口に出していません。

たとえば「私のことなんてどうでもいいんでしょ」は「もっと私のことを考えて」ですし、「こんな女と結婚するんじゃなかったよ」は「もっと良い妻になってほしいのに」という意味です。

ところがほとんどの人は「本音」ではなく、「私のことなんて…」や「こんな女と…」のような言い方をしてしまいます。

そのため、連れ添った夫(妻)も相手の本音を理解できず喧嘩になってしまうのです。

夫婦喧嘩は「本音」でする

毎日いっしょに生活する夫婦となると「一度も喧嘩をしない」というのは難しいでしょう。

どうしても夫婦喧嘩が避けられないならば、ポジティブな結果が出るような方法を選んでみるというやり方もあります。

そのポジティブな方向性が「本音」で喧嘩をするという方法です。

たとえば、上で述べたように「私のことなんて」とグチグチ夫を責めて喧嘩になるよりは、「妻として大切にしてくれないと不満を感じる」とストレートに告げてみるのが「本音」です。

また「こんな女と」とネチネチ妻にイヤミを言うのではなく「こういう妻であってほしいと思う」と言うのも「本音」でしょう。

「本音」で語れば上手くいく

夫(妻)に「本音」をストレートに告げるのには多少の勇気が必要です。

なぜなら、「こうなってほしい」「こうしてほしい」と言えば、当然のことながら相手も同じような要求を突き付けてくるからです。

もしも「言うのはいいが言われるのはイヤ」というのであれば、これまでと同じ意味のない夫婦喧嘩を繰り返すだけになります。

「本音」で語るか、無意味な夫婦喧嘩を続けるかは考え方次第ですが、すでに起こってしまった喧嘩で仲直りするにも「本音」は役立ちます。

心のバリケードを外して、一度夫婦で膝を突き合わせて「本音」で語ってみてはいかがでしょうか。

離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚危機を避けるための正しい考え方!


関連記事