menu

離婚回避の方法〜思考法〜

夫に離婚調停を申し立てられた!何とか離婚しない為に知っておくことは?

何とか離婚しない為に知っておくこととは

離婚調停とは夫婦が離婚をするうえで、お互いの言い分を家庭裁判所で調停して決める事をいいます。

夫婦や親族だけでは決定できない財産の分与方法や、離婚に際しての慰謝料、子供の親権や養育費などを家裁の調停員が仲介して決めていくという方法です。

夫が離婚調停を申し立てたということは、夫婦や親族だけで離婚の話合いをしてもラチが明かない(解決しない)と考えているか、第三者を交えて合理的に離婚を進めようとしているかのどちらかではないかと考えられます。

つまり、夫側はすでに離婚を決意している、もしくは離婚したいという意志がかなり強いと思っていいでしょう。

離婚調停は裁判とは違いますから、特別な理由がなくても申立てを行なうことができます。

むしろ離婚調停は「離婚をするか・しないか」ではなく、「離婚にまつわる様々な問題を調整する」という主旨が強いといえるかもしれません。

離婚調停って何をするの?

一般の人は「離婚調停」と聞くと、三者面談や裁判のようなものを思い浮かべる事が多いようです。

しかし、実際には離婚を考えている夫と妻、家庭裁判所の担当者が集まって話合いをするわけではありません。

離婚調停では担当の調停委員(二名)と夫(または妻)の三人で話合いを行ない、夫と妻が直接顔を合わせたり話し合うような事はないのです。

もし夫と妻が同じ日に調停委員と会うというような場合でも、待合室などで夫婦がバッタリ顔を合わせる事がないように配慮されています。

その為、「離婚調停の場で夫と話し合って何とか離婚を回避しよう」と考えていると当てが外れるかもしれませんので注意してください。

離婚調停に行かなかったら?

人によっては「離婚調停をすると離婚になりそう」と感じ、家裁から呼び出されても出頭しない(行かない)というケースもあるようです。

もし離婚調停の呼び出しがあっても出頭しなかった場合、家裁からは繰り返し出頭の通知が届きます。

仮に、それでも出頭しなかったら家裁の調査官が直接自宅などを訪れ、出頭するように説得を行ないます。

ただし、それでも出頭しなければ調停の申立て者(夫)は調停を取り下げるか、調停不成立という判断が下される事になります。

離婚調停の取り下げ、または調停不成立になるなら出頭しない事にしよう…、という方法は効果的ではありません。

なぜなら、離婚調停の取り下げで復縁となれば問題ないのですが、不成立から審判、離婚裁判という方法もあるからです。

夫(ご主人)があくまで離婚しようとすれば、調停不成立によって一気に審判から離婚裁判になってしまうでしょう。

それだけでなく家裁に呼び出しに応じなかったという事で、妻側の立場が不利になる可能性もあります。

調停結果には強制力はない

離婚調停で知っておきたい事は「調停結果には強制力はない」という点です。

万一、調停の結果として離婚となったとしても、内容に不服があれば「異議申し立て」をする事ができます。

簡単にいえば調停で離婚という審判が下っても、2週間以内であれば「私は離婚したくない」という申立てをする事ができるというわけです。

この申立書を出せば離婚調停の審判は効力を失って離婚は無効になります。

言い換えると離婚調停でどんな結果が出ようと、異議申し立てをしさえすれば問題ないという事になるでしょう。

ただ、その後に夫側が離婚裁判を起こす(離婚訴訟する)となれば、当然の事ながら法廷で争う事になりますので心構えが必要です。

夫側から離婚調停の申立てをされた場合は家裁の呼び出しに応じて出頭し、調停委員と話し合って自分の主張や意見を伝えるという方法が良いでしょう。

調停委員との話合いの際は感情に走る事なく、できるだけ冷静に自分の主張を委員に伝えるようにしてください。

離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚危機を避けるための正しい考え方!


関連記事