menu

離婚回避の方法〜思考法〜

夫が浮気したけど離婚したくない!離婚しない為の考え方

離婚しない為の考え方

「男性というのは浮気をするもの」

「この世に浮気をしない男なんていない」

「ほとんどの夫は浮気をしている」

女性週刊誌などでよく見掛けるのが、上記のような「夫(男性)=浮気をするもの」というフレーズです。

もちろん世の妻(女性)の中には「我が家の夫は絶対に浮気しない」と信じている人もいるでしょう。

しかし、現実には多くの夫(男性)が妻に隠れて浮気をしているのです。

夫をまったく疑わず信じ切っていたにせよ、夫の浮気にうすうす気付いていたにせよ、ある日突然夫の浮気が発覚したとなれば妻の立場として他人事では済まされません。

浮気をしたとしても「別れてくれれば問題ない」「謝罪してくれれば許す」「何があっても離婚だけはしたくない」等々、妻の性格によって反応は様々だと思いますが、もしも夫と離婚したくないのならばどのような考え方をしていけば良いのでしょうか?

夫が浮気しても離婚しない考え方

もし夫が浮気していることが分かったとして、「離婚はしたくない」と考えているなら妻としてどのように考えるべきかは難しい問題です。

しかし、どうしても離婚は避けたいなら「夫が信じられない」「絶対、許せない」といった考え方は避けなくてはいけません。

『家庭の平和を優先させる』

夫の浮気で夫婦喧嘩が起こり、両親や兄弟姉妹を巻き込んで大騒ぎになるというのはよくあることです。

配偶者の浮気を歓迎する人はいないでしょうが、怒りに任せて騒ぎ立てると問題が大きくなります。

離婚を避けたいと考えているなら、事を大きくせず内輪で解決する方向でいくべきです。

『相手の挑発に乗らない』

たとえ夫の浮気が遊びであったとしても、相手の女性は本気だということもあります。

浮気をただの浮気に終わらせず、夫婦仲を乱して離婚を誘うという女性も少なくありません。

万が一、浮気相手の女性が電話やメールなどで挑発してくるようなことがあっても、決してそれに乗って争いに持ち込まれないようにしましょう。

あくまで現在の妻は自分であり、強い立場にいることは事実なのです。

『最終的に夫を信じる』

浮気をしたことはショックでもあり、夫婦の信頼性を失わせることでもあります。

ただし「浮気はあくまで浮気で本気ではない」という現実を見つめるようにしましょう。

相手の女性がどのような人であれ、夫が最終的に帰ってくる場所は「家庭」であり「妻」がいる場所なのです。

夫(男性)が浮気する確率

男性が浮気するのは当たり前か否かは、人によって意見の分かれるところです。

ある企業が行なった全国47都道府県の男女1万4000名に行なったアンケート調査によると「結婚(交際)相手以外にパートナーがいる」と回答した男性の割合は約27%に及びました。

同様に女性で配偶者(恋人)以外の人と付き合っている確率は約21%でした。

これは100人の男性のうち27人、女性のうち21人は「配偶者(恋人)以外に付き合っている異性がいる」ということになります。

ここでいう「付き合っている」は茶飲み友達ではなく、異性として付き合っている相手という意味で、端的にいえば男性のうち27%、女性のうち21%は浮気をしているという結果になるわけです。

上記のような結果を見ると、「うちの夫は決して浮気しない」と言い切れる妻は少ないのではないでしょうか。

しかし、夫が浮気したからといって必ずしも離婚しなくてはならないという決まりはありません。

「妻」という立場は基本的に法律で守られています。

強い意志を持ち、折れない気持ちをキープしていれば離婚は避けることができます。

まずは「私は絶対に離婚しない」という意志を固め、その考え方をベースにしていけば離婚する必要はなくなります。

他人の意見に左右されることなく自分の意志を貫きましょう。

離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚危機を避けるための正しい考え方!


関連記事