menu

離婚回避の方法〜思考法〜

夫が急に冷たい態度になった!その原因と考え方

夫が急に冷たい態度になった原因と考え方

冷たい態度の原因は?

何の前ぶれもなく夫が冷たい態度をするようになったら、妻としては驚くとともに悩みも深くなります。

その原因は何なのか、どう考えていけば良いのか例を挙げて考えていきます。

悩み事がある

妻が「私への態度が冷たい」と感じていても、実は夫自身妻に不満があるのではなく個人的に悩み事があるという場合があります。

例えば仕事での重責であったり、職場の人間関係で悩んでいるといったケースです。

この場合はあまり問い詰めたりせずにそっとしておくのがベストではありますが、無関心と捉えられてられてしまうと夫婦仲が冷えてしまう事もあるので要注意です。

疲れている様子ならさり気なく優しい言葉を掛けたり「何か困っている事があるなら私にも聞かせて」という言い方をして反応を見てください。

妻に不満がある

夫の妻に対する不満で多いのが、「家事を手抜きしている」「若い頃と容姿が変わり過ぎた」「優しさや可愛さがなくなった」「女を忘れてしまっている」「子供にかまけて自分に手を掛けてくれない」などです。

言い換えると夫の態度が冷たくなったのは、妻の態度や状態が変わってしまったからとも言えるのです。

もう一度結婚当初の事を思い返し、いつも以上に掃除を頑張ってみたり、夫の好きな料理を作ったり、ファッションやメイクをいつもと変えてみたり、心休まる様にお花を飾ったりして変化をつけてみてはいかがでしょうか。

浮気・不倫中である

夫が急に冷たい態度になったら、浮気や不倫を疑ってみたほうがいいかもしれません。

外の女性に夢中になるあまり妻に関心がなくなったり、浮気をしているという後ろめたさから冷たい態度をとる事もあります。

また実際には浮気や不倫には至っていないものの、気になる女性がいるという可能性もあるでしょう。

その女性と妻を何かと比較してしまい、妻の欠点が目についたりする場合もあるのです。

“女房と畳は新しいほうが良い”のことわざではありませんが、新たな女性に魅力を感じて現在の妻をうっとおしいと感じると態度が冷たくなります。

妻の言い方に反感

夫婦として生活していると慣れが生じ、ついキツイ言い方をしてしまう事があります。

たとえば「女性らしくない乱暴な言葉」「ぶっきらぼうな返事」「優しさを感じられない言い方」などに接すると「もう話したくない」と感じるようです。

職場の女性などは普段は乱暴な話し方をしていても、仕事場ではある程度ていねいに話したり優しい言葉づかいをしています。

そういう女性と妻を比較し「うちの女房は…」と嫌になる事もあるでしょう。

夫婦といえども元は赤の他人、女性としての優しさや美しい言葉づかいを心掛ける必要があります。

言い出しにくい事がある

妻に対して言いたい事があるのに言い出せない…という場合にも男性は態度が冷たくなります。

一例を挙げると「車を買い替えたい」「趣味のグッズを買いたい」といった場合です。

本心では言い出したいけれど、口に出すと妻が反対したり怒る可能性があると黙ったまま不満を抱えているという事もあります。

他にも「夫の親族に対して態度が悪い」「父母をもっと大切にしてほしい」といった不満で態度が冷たくなる場合もあるようです。

いずれにしても夫を問い詰めたり責めたりするのではなく「私に悪いところがあれば直すわ」という対応をしてみてください。

不満が重なっている

大きな不満はないものの小さな不満が積み重なって不機嫌になっているという場合です。

男性は面子(めんつ)を大切にする為、ささいな不満で女性に文句を言いにくいと考える傾向があります。

それを我慢し続ける事によって不満が重なり、ついには「妻の顔を見るのもイヤ」という状態になってしまうのです。

夫が不満やグチを言っても怒ったり無視したりするのではなく、相手の言い分は最後まで聞くようにしましょう。

離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚危機を避けるための正しい考え方!


関連記事