menu

離婚回避の方法〜思考法〜

離婚回避の為に夫がすべき事と考え方

離婚回避の為に夫がすべき事と考え方

妻に言いたいだけ言わせる

離婚回避の為に大切なのは「妻の言い分を聴く」という事で、極論すれば「言いたいだけ言わせてあげる」という気持ちで腰を据えてじっくり耳を傾けましょう。

妻の話に多少の矛盾や不当な部分があった場合でも、言いたい事をすべて吐き出した後なら妻も冷静になれます。

妻が冷静になったところで、やっと落ち着いた話合いが可能になるわけです。

「結婚生活○○年分の愚痴を聴く」という心づもりで、広い心持ちで妻の話を最後まで聴いてください。

話合いの余地を作ろう

離婚を切り出した妻との別れを回避する為に最も重要なのが「話合いの余地」がある状況を作るという事です。

夫側として「離婚はしない」の一点張りだけでなく、離婚する・離婚しないのいずれにも偏らないニュートラルな立場で話し合う準備があるという姿勢を示してください。

自分をコントロールする

この世広しといえど、妻に離婚宣言をされて冷静でいられる男性はいないでしょう。

そこで出て来る言葉が、「俺のどこが悪いんだ!」「じゃあ、おまえは何なんだよ?」などであっても責められません。

しかし、離婚したくないと思うのであれば、夫が一歩譲らなくては上手くいかないのは火を見るより明らかです。

とまどいや混乱、怒り、反発などの感情が心に渦巻いてもグッと押さえてください。

ここで自分の感情をコントロールできなければ離婚一直線になります。

妻の言葉には賛成する

離婚を言い渡される夫の特徴の一つが、「妻の言葉に何でも反論する」というものです。

妻がこう言えば「いや、それは違う」、妻がああ言えば「おまえは何も分かってない」などと反論するクセが付いていませんか?

離婚を回避したいなら、こうした習慣は捨てるべきです。

妻の言葉には必ず「本当にそうだね」「おまえの言う通りだな」と相づちを打ちましょう。

仮にそれが夫を批難する言葉であっても同様です。

厳しい批難を受けた場合でも、「本当にそうだ。俺が悪かったんだよな」というように対応していくと妻の態度も変化してきます。

自分を変える姿勢を見せる

妻はこれまでの夫の言動に不満を感じているから離婚を考えるわけです。

そこで離婚回避の為には、そういった問題点を変えていく事が必要になります。

冒頭で述べたように、妻にしっかり言いたいだけ言わせると何が問題なのかが見えてきますので、その部分にフォーカスして言動を変えていくようにしましょう。

ここで大事なのは「単に努力する」事ではなく、「努力する姿勢を見せる」という事です。

妻から「夫も頑張って自分を変えようとしているんだ」と思って貰えるよう、多少のスタンドプレーを含めて頑張る姿勢を見せてください。

離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚危機を避けるための正しい考え方!


関連記事