menu

離婚回避の方法〜思考法〜

離婚したがる妻に夫がすべき事は話を聞く事!?

離婚したがる妻に夫がすべき事

妻の話を聴いてみよう!

離婚したがっている妻でも、即家を出て行ったり離婚届けを突き付けているのでなければ回避できる可能性はあります。

何が何でも離婚しようという妻は、夫に直接離婚を訴えるよりも第三者を間に立てて話合いをしようとする事が多いのです。

もし、妻本人から直接離婚を切り出されたのなら、まずは落ち着いて冷静に妻の話を聴いてみてください。

その話の中には夫からすると反論したいような内容のものもあるでしょう。

時には怒りたい事や泣きたくなるような事もあるかもしれません。

でも離婚を回避したいなら自分の感情はひとまず横に置き、妻の言葉に虚心に耳を傾ける事が大切です。

妻の話を冷静に分析しよう!

妻から「離婚したい理由」や「夫への不満」を聴いたら、次はその内容を冷静に分析してみましょう。

内容的に認識不足や誤解があったり、思わず反論したくなる事もあるかもしれません。

しかし、離婚したいのは妻、離婚したくないのは夫という図式であるならば反論は逆効果です。

誤解と考えられる内容があれば、優しく穏やかに説明する方法を模索してください。

たとえば「ごめんね、自分の言い方が悪いせいで誤解させているようだけど…」というようにソフトに説明するようにします。

反論したい内容があってもここはグッと我慢し、「気付いてあげられなくてスマン」というようにアプローチしましょう。

そして、しっかり分析した後は、「妻が本当に望んでいる事」をしっかり確認してください。

分析を行動に移そう!

ある調査によると妻(女性)が離婚しようと考える原因のベスト3は「性格の不一致」「夫の暴力」「生活費を渡してくれない」だそうです。

確かにこの3点は離婚を考えても仕方のない理由ですが、実際のところ離婚された夫(男性)の多くは自分がそのような行動を取っているという自覚がないといわれています。

つまり夫側は妻と性格が合わないとは考えていない、暴力を振るっていると感じていない、生活費は渡しているはず…と思っているというワケです。

一見不可思議な話ではありますが、女性と男性では物事の感じ方や解釈の仕方が異なるのでそうした結果になるともいえます。

もしも妻と離婚したくないのなら自分自身の解釈は妻と違うという事を自覚し、妻の話を全面的に受け入れて改善策を実行に移してください。

相手に合わせるが離婚回避の早道

夫婦の仲は法律や法令で安易に裁けるものではありません。

本来ならばお互いに協調して結婚生活を維持していくべきものですが、妻が離婚を希望しているのなら夫側が妥協して相手に合わせていく以外に回避の道はないのです。

離婚回避の為には、「相手(妻)に合わせる」というのが重要なキーワードです。

離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚危機を避けるための正しい考え方!


関連記事