menu

離婚回避の方法〜思考法〜

別居中から離婚回避・復縁する方法

別居中から離婚回避・復縁する方法

別居を甘く見ない

妻との別居は一時的なもので、いずれは元のサヤに戻れると甘く考えないでください。

ほとんどの女性(妻)は別居を離婚へのステップと考えており、別居から離婚に至るケースはひじょうに多いのです。

別居から離婚を回避する為には、夫側も本腰を入れて努力する必要があります。

安易に「すぐ帰って来るだろう」「離婚とまではいかないだろう」と考えず、真剣に妻との復縁に取り組まないと後悔する事になります。

連絡先を取得する

妻が別居するというと、安直に「実家に行くはず」などと考えてはいけません。

行き先は姉妹や伯母(叔母)・従姉妹・祖父母・友人・会社の同僚・旧友の家など、ちょっと考えても星の数ほどあります。

中にはいきなりアパートを借りたり、住み込みの仕事を見つけて働くという人もいます。

男性にはあまり想像できないかもしれませんが、寮完備の店舗スタッフや病院スタッフ、リゾートホテルやアミューズメント施設など女性が住み込みで働ける職場はいくらでもあります。

いざ複縁の為の連絡をしようとしても連絡先が分からない、とならないよう、別居する際には必ず連絡先を確保しておくようにしましょう。

連絡できる関係を作る

別居したといっても離婚をしたわけではありません。

離婚を回避し復縁する為には、できる限り「妻と連絡できる関係」を維持していく事が重要です。

といっても、妻の仕事や生活に支障をきたすような形での無理な連絡は嫌われる原因となりますので、自然に連絡できるように持っていくようにしましょう。

もし、それは難しいと感じるなら、別居を認める条件として「1週間に1度は連絡する」といった約束を取り付けておくという方法もあります。

連絡できる関係を作れた場合でもむやみに連絡を取るのではなく、自然にさり気ない形で「元気でやっているの?」や「お金に困っていたりしない?」と優しさを見せる事も忘れないでください。

話合いの余地を残す

妻と別居したという場合、相手は離婚を望んでいる可能性があります。

離婚を回避する為には何らかの形で話合いを続ける必要があるので、別居中でも話し合える(会う事ができる)状況を作るよう努力しましょう。

別居中の妻が「やはり私には夫が必要だ」と考えてくれるなら好都合ですが、逆に会わない事でどんどん「独りでも充分生活できる」「夫がいない方が良い」という気持ちになっては離婚回避や復縁は望めません。

もちろん、妻と会える事になっても無理に別居解消を強いたりするのではなく、話合いを続けられる環境を作る事を重視してください。

離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚危機を避けるための正しい考え方!


関連記事