menu

離婚回避の方法〜思考法〜

離婚を招く夫の駄目行動!?

離婚を招く夫の駄目行動

絶対やっては駄目な行動

妻から離婚されてしまう夫の行動にはある共通点があります。

本人は意識していなくても、離婚を招く夫の行動というのは驚くほど共通しているのです。

逆にいうと、最低限「これさえしなければ」という行動があるという事です。

もし妻との離婚を回避し、また再び平和で幸福な家庭を取り戻したいなら、ここで紹介するような「駄目行動」だけはしないでください。

復縁を強引に迫る!

いくら妻と別れたくないからといって、たいした策もなく「オレとやり直してくれ!」「とにかく家に帰って来い!」などと強引に復縁を迫るのは逆効果です。

男性側が悪気がなく単にやり直したいと思っていたとしても、ほとんどの女性はこういった男性の自己中心的な行動に嫌悪感や恐怖感を感じます。

これでは離婚回避どころか、話合いさえも拒否される恐れがあるので注意してください。

ひたすら泣いて詫びる!

妻から離婚を切り出された事によって、「自分が悪かった」と反省して泣いて詫びるという夫もいます。

申し訳ないと感じたゆえの行動でしょうが、妻側からすると「何だか情けない」「頼りにならない」「泣けば済む事なの?」となって信頼感を失う可能性があります。

もちろん反省している気持ちを伝える事は大切ですが、必要なのは反省の気持ちプラス建設的な意見や具体的な行動です。

話合いを強要する!

妻が離婚を望んでいると知って焦り、何とか別れを回避しようと話合いを強要する夫も少なくありません。

夫からすれば話合いは必要な事かもしれませんが、妻はすでに離婚を決意していて「話してもムダ」と感じている場合もあります。

もし話合いをするにしても強要するのではなく、妻の気持ちに配慮して行動する必要があります。

あくまで話合いは「お願いする」もので、強制できるものではないことを知っておきましょう。

妻の実家に押し掛ける!

離婚したいといって実家に帰ってしまった妻を執拗に追い掛ける行為はNGです。

妻に会いたい、話せば分かるといった気持ちは分かりますが、相手側からすると不快感だけでなく恐怖感さえ覚えさせる行為で著しく心証を悪くさせてしまいます。

人によっては直接押し掛けるのではなく、頻繁に電話したり手紙を書いて送るというパターンもありますがいずれもNG行動である事に違いはありません。

暴力や脅迫は論外です!

妻との離婚を回避したいなら、暴力や脅迫と感じさせる行為は避けるようにしましょう。

本人は熱意のあまりしてしまったとしても、相手側からすれば犯罪に近い行為と思われます。

自分のしている行為を客観的に判断できないなら、冷静な第三者や離婚回避の専門家などに相談してみてください。

離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚危機を避けるための正しい考え方!


関連記事