menu

離婚回避の方法〜思考法〜

離婚調停の仕組みと対処法

離婚調停の仕組みと対処法

離婚調停の仕組み

離婚調停とは夫婦のどちらかが家庭裁判所(家裁)に申立てをすると、家裁の調停委員が離婚の調整を行なうというものです。

調停で裁判官が「離婚」という裁定を下せば離婚届けを提出する事になりますが、現実には離婚調停の裁定には強制力がなく異議の申し立てをすれば取り消す事ができます。

ただし、異議申し立てをされた側は離婚裁判に訴えるケースが多いので、次は異議を唱える事ができない裁判へと発展してしまうでしょう。

調停委員はどんな人か

家裁で離婚調停を担当するのは裁判官(1名)と民間人の調停委員(男女各1名)です。

民間人といっても弁護士や大学教授など夫婦の離婚に関する知識が豊富な人が選ばれる事が多いので、ごくごく一般的なご近所のおじさん・おばさんが調停委員になるわけではありません。

調停委員の年齢は40~70歳と定められており、専門知識や社会的常識が豊富であるという条件があり、プライバシーの遵守が義務付けられています。

離婚調停は第一印象で決まる

上記のように一定条件を満たした人が採用される調停委員ですが、残念ながら彼(彼女)らも人間である事に変わりはありません。

離婚調停の場で夫(妻)と対面して話を聞くわけですから、当然の事ながら悪い印象を与えてしまえば裁定に不利に働く可能性があります。

たとえば調停の場で夫(男性)が感情に任せて乱暴な言動をしたらどうでしょう。

多分、「この旦那さんは強引だな」「妻の話を聞かないタイプかな」「DV(家庭内暴力)もあるかもしれない」などと調停委員に感じさせてしまうかもしれません。

妻の申立書で悪印象も

妻側が家裁に離婚調停を申し出た場合、調停が開始される前に「申立書」という書類を提出しています。

この書類には「離婚申立てに関する理由」を記入する部分があります。

妻はこの部分に「夫が暴力をふるう」「酒を飲み過ぎる」「浪費する」「家庭を顧みない」「精神的に虐待する」など多数の選択肢から当てはまるものをチェックして提出しています。

つまり、調停がスタートする前に調停委員は「夫にどんな問題があるか」を知ってしまっているのです。

妻が離婚したいと願うあまり、強烈な「離婚申立て理由」を記入していれば調停員は夫に悪印象を持ってしまっている可能性もあります。

調停にどう対処するべきか

離婚調停で自分に有利に事態を運びたいなら次の点に注意してください。

・最初の調停で委員に好印象を与えるよう努力する

・妻の申立書に対抗する為、夫側も申立書を提出する

夫側の申立書は家裁からの呼び出し状への回答書に自由に書き込む事ができます。

調停で不利になりたくなければ、この回答書にしっかりと自分の主張を書いて提出するようにしましょう。

離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚危機を避けるための正しい考え方!


関連記事