menu

離婚回避の方法〜思考法〜

離婚話された夫は本気で対応すべき理由

離婚話された夫は本気で対応すべき理由

女性特有の心理を読む

ほとんどの男性があまり気付いていないのが「女性特有の心理」です。

我が国では一般的に「女性は可愛い方がいい」「優しい女性が好かれる」という固定観念があります。

この傾向は女性だけでなく妻や嫁であっても同様で、「可愛い妻・可愛い嫁」や「優しい妻・優しい嫁」が良いというように言われます。

これは女性本人の立場からすると、常に可愛さや優しさを演じなければというプレッシャーもあるのです。

表現を変えて言えば、女性は常に自分を押さえて我慢に我慢を重ねているわけで、離婚を口に出す時点ではかなりの決心があると考えていいでしょう。

その妻の決心を覆す為には夫も本気で対応しなければ成功は望めません。

軽い対応は失敗のもと

妻が離婚を言い出した場合、夫が軽い対応をすると命取りになります。

いちばん避けたいのは相手を軽んじるような反応で、「何、馬鹿なこと言ってんだ」「どうせ、できもしないクセに」などと言ったとすれば後悔する事になるでしょう。

本来ならば夫に従っていくべきとされる妻から離婚を言い出しているのですから、よくよく考え抜いた末の決意であり発言であると認識してください。

夫は真剣に取り組むべし

社会的な生き物である男性は仕事や人間関係など頭を悩ます事がたくさんあります。

その為、妻から何かを言われても「忙しいから」や「後にしてくれ」などと後回しにしてしまう事が多いようです。

毎日忙しく疲れている事は事実でしょうが、妻から「離婚」という言葉が出たら重大事と受け止める必要があります。

ここで考えたいのは仕事や疲労と「妻との結婚生活」を比較した時、どちらが重要な問題なのか?という点です。

もし妻との結婚生活が自分にとって重要であれば、多少仕事を犠牲にしてもこの問題に真剣に取り組んでください。

夫の本気対応とは何か?

妻が離婚を口にした時、夫は真剣かつ本気で何をすべきなのでしょうか。

・真剣に妻の話を聞く(軽く扱わない、あくまで本気で聞く)
・妻との話合いの時間を作る(仕事が忙しいは言い訳に過ぎない)
・理解できない点は第三者に聞こう(女性心理は女性に質問する)
・自分を変える努力をする(妻の不満を真剣に受け止め変わる努力を)
・目に見える努力をしよう(心の中だけで反省しても妻は気付かない)

本気対応をする上で重要なのは「自己満足に終わらない」という事です。

離婚回避する為には妻の決心を変える必要があるので、いかに妻の目から見て改善されたかがポイントになります。

妻が「夫は反省している」「後悔して変わろうと努力している」といった印象を与える事で離婚回避につながるわけですから多少の演技も加えて変身しようとしている事をアピールしましょう。

離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚危機を避けるための正しい考え方!


関連記事