別居を回避する方法

デメリットを知って別居を回避

デメリットを知って別居を回避

夫婦のどちらかが別居を言い出したり、双方から別居の話が出たりするには何らかの理由があることは間違いありません。

しかし、どんな理由があるにせよ、別居の話し合いをする時点では単に「もう一緒に生活したくない」「一日も早く別居したい」とばかり考えて、そのデメリットについてはあまり意識していないことが多いようです。

デメリット1:別居で仕事に支障

「別居なら離婚と違って仕事に支障は出ない」と考えてはいないでしょうか?

夫婦は二人で生活することに慣れてしまっているため、一人になったら自分の生活がどう変わるかに関しては予想できない人が大半です。

実際に別居してから、夫側は「生活のリズムが崩れて仕事に集中できない」、「家事がこんなに大変だと思わなかった」、「食事が不規則で残業が続くと体力的にツラい」などの感想が出ています。

一方、妻側からも「パートを始めようとしても仕事が見つからない」、「今まで無意識に夫に頼っていたことが分かった」、「一人暮しで何となく不安感がある」という感想が出ているのです。

デメリット2:経済的な問題が発生

昔から「一人口は食えぬが二人口は食える」というコトワザがあるように、夫婦なら何とか食べていけても一人暮しになると経済的に苦しくなるというケースが多くなります。

たとえば、同じ部屋に二人でいても一人でいても、必要となる光熱費はほとんど変わりません。

食材なども一人分なら少なくていいかと思えば、実際には買った物を余らせて結果的に損をするというケースもあるようです。

特に男性の場合は料理の経験がなかったり、作るのが面倒だからといってコンビニ弁当や外食ばかりになると食費がかさんで不経済になります。

お金の問題が人生のすべてではありませんが、別居は経済面でも大きなデメリットを生むといっても過言ではないのです。

デメリット3:子供の親権でトラブル

子供のいる夫婦が別居する場合、「親権をどちらが得るか」でトラブルとなるケースが増えています。

親権は離婚協議のときに考えればいいというのは昔の話で、現在では別居時に子供を引き取った側が離婚時も親権を取りやすいという傾向があるのです。

そのため、別居となった際に子供の親権をどちらが取るかでトラブルになり、双方の両親や親戚まで巻き込んで大事に至ってしまうという例も見られます。

夫婦が別居しようとすると、さまざまな問題が起こるのは当然のことかもしれません。

しかし、お互いに思ってもみなかったようなトラブルが発生してから後悔しても手遅れということも多いのです。

別居を話し合う際にはそのデメリットについても充分に考慮し、短絡的な別居は回避すべきといえるでしょう。


離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

男にとって突然来る離婚危機の回避方法を知りたい方

ある日、
「このままだと、わたしあなた君の事が好きじゃ無くなって・・・一緒にいられない!」
と妻に告げられた後、見事離婚回避した方法とは?

あなたのケースがこれよりも重症の場合でも離婚回避できるマニュアルを教えます!

多くを語らない夫との離婚危機を避ける方法を知りたい方

気がついたら、
「妻のことを避けるようになっていた・・・」
そんな夫と妻が、見事離婚回避した方法とは?

あなたの夫はこれよりも大変な状況かもしれませんが、それでも離婚回避できる方法があります!