別居を回避する方法

別居を回避する5つの方法

別居を回避する5つの方法

夫婦がいちど別居してしまうと、なかなか解消するのはむずかしくなります。

別居を解消するよりも、まずは別居を回避することを心掛けなければならないのは当然のことといえるでしょう。

しかし、現実に別居を回避しようとすると「何をすればいいのか分からない」というのが本音です。

そんなとき、別居を回避するための「5つの方法」について紹介していきます。

自分の誠意を相手に伝える

「誠意」とは読んで字のごとく「私利私欲のない真心」という意味です。

別居を回避するためには、自分自身の欲をなくし心をこめて相手に接することが大切です。

もし別居の原因が自分にあるなら、なおさら相手に対して誠意を示す必要があります。

誠意は行動で示すというやり方もありますが、まずは率直な自分の言葉で誠意を表現することが第一でしょう。

別居したくないことを伝える

別居回避で意外に重要でありながら、ついつい忘れがちなのが「別居したくない」と相手に告げることです。

「別居したくないなんて言いたくない」、「別居がイヤだというのは言わなくても分かるだろう」というような考えでは別居を回避することはできません。

もし別居したくないと思うなら、相手にしっかり伝わるように「別居はしたくない」「別居だけは回避したい」とハッキリと明言すべきです。

誠意を言葉にして伝える

別居を回避するには、相手に対する誠意を言葉にして伝えることが重要です。

具体的には「心をこめて謝る(謝罪)」、「悪いところは直す(改善)」、「君(貴方)は悪くないと告げる(相手の正しさを認める)」、「悪いのは自分だと告げる(自分の非を認める)」などがあります。

いろいろ言いたいことはあるでしょうが、ここで細かい話をしても上手くいくことはありません。

今、大事なのは相手の言い分を認めるということと、自分の非を認めるということです。

相手を必要としていると伝える

「別居」の反対はズバリ「同居」ですが、同じ場所に住み生活を共にしたいと思うのは相手を必要な存在と感じているためです。

そこで、別居を回避するためには「別居したくない」→「同居を続けたい」→「なぜなら、君(貴方)が必要だからだ」ということを伝えることが大切です。

なかなか口に出しにくい言葉かもしれませんが、別居を回避したいなら勇気を持って相手に伝えましょう。

自分は変わるということを伝える

別居の原因は何であれ、相手は自分に対して別居したいと思うほど不満を持っています。

その不満を解消しない限り、別居を回避するのはむずかしいといえるでしょう。

まずはその不満をしっかりと受け止め、「自分は変わるつもりだ」「必ず努力して変わる」ということを相手に伝えることが別居回避の第一歩となります。


離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

男にとって突然来る離婚危機の回避方法を知りたい方

ある日、
「このままだと、わたしあなた君の事が好きじゃ無くなって・・・一緒にいられない!」
と妻に告げられた後、見事離婚回避した方法とは?

あなたのケースがこれよりも重症の場合でも離婚回避できるマニュアルを教えます!

多くを語らない夫との離婚危機を避ける方法を知りたい方

気がついたら、
「妻のことを避けるようになっていた・・・」
そんな夫と妻が、見事離婚回避した方法とは?

あなたの夫はこれよりも大変な状況かもしれませんが、それでも離婚回避できる方法があります!