別居を回避する方法

別居サインを見逃さず回避!

別居サインを見逃さず回避

「突然、配偶者から別居を宣言されてビックリ…」という話をよく耳にします。

本人にとっては突然の出来事であっても、実は別居に至るまでにはいくつかの「サイン」が出されているのです。

別居を未然に回避するためにも、配偶者が発しているサインを見逃さないことが大事です。

サイン1:攻撃的な態度が見られる

配偶者がたいした理由もなく攻撃的な態度に出るようなら、それは別居や離婚へのプロローグかもしれません。

お互いに愛し合っている時期には、相手のすることは何もかもが素晴らしく見えます。

しかし、いったん愛想が尽きてくると、逆に相手のすること為すことに苛立ちを感じるようになって攻撃的な態度に出るようになるのです。

もしも配偶者が怒りっぽくなった、ちょっとしたことで非難する、何かあるとすぐ自分を責めるといった態度が目立つようなら別居のサインといえるでしょう

サイン2:何かあると馬鹿にする

自分は普通に生活しているつもりなのに、配偶者が何かあるたびに馬鹿にしたような態度を取るようになったら別居のサインかもしれません。

相手を馬鹿にするというのは不満が溜まっている顕われのひとつであり、「とにかく気に入らない」、「難癖をつけたくてたまらない」、「欠点をあげつらうのが快感である」などの意味合いがあります。

夫婦が相手への尊敬心をなくすと、共に暮すことが困難になって別居への道をたどるという結果になりやすいのです。

サイン3:自己主張が増えてくる

配偶者がことあるごとに自己主張するようになったら、別居への歩みを進めているというサインかもしれません。

たとえば、何に関しても頑なに自分の意見を言い張ったり、相手の意見に対してまったく聞く耳を持たなくなるようなら要注意です。

これは相手の意見を無視し自分の意見を押し通すことで、配偶者に対して「おまえ(あなた)の意見は価値がない」=「おまえ(あなた)は価値がない」ということを表現しているのです。

そこから、自分にとって価値がない相手と共に生活するのは無意味という結論に達し、別居へと進んでいくということになれば悲しい結末が訪れます。

別居サインのキャッチから回避へ

ここで紹介したような別居サインをキャッチしたら、すぐに何らかの対処法を実行する必要があります。

その第一歩は「相手の話をじっくりと聞くこと」からスタートします。

配偶者は口には出していないものの、何らかの不満感を抱いているわけで、まずは何の質問も反論もせずに腰を据えて穏やかに相手の話に耳を傾けてみてはどうでしょうか。


離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

男にとって突然来る離婚危機の回避方法を知りたい方

ある日、
「このままだと、わたしあなた君の事が好きじゃ無くなって・・・一緒にいられない!」
と妻に告げられた後、見事離婚回避した方法とは?

あなたのケースがこれよりも重症の場合でも離婚回避できるマニュアルを教えます!

多くを語らない夫との離婚危機を避ける方法を知りたい方

気がついたら、
「妻のことを避けるようになっていた・・・」
そんな夫と妻が、見事離婚回避した方法とは?

あなたの夫はこれよりも大変な状況かもしれませんが、それでも離婚回避できる方法があります!