離婚を避ける方法

別れたい、別れなくない人必見!それぞれの離婚回避手順

別れたい、別れなくない人必見の離婚回避手順

長年の夫婦生活で生じたズレを修復したい、離婚を回避したいと考えても一度出来てしまった溝を埋めることはそう簡単ではありません。
離婚を回避するため、そして夫婦の関係を修復し、元通りの家庭生活を取り戻すためには、どのような手順で問題を解決していけばいいのでしょうか。

離婚したくない側の手順1・相手が離婚したい理由を考える

まず最初に行いたい方法は、離婚を言い出した側の気持ちになってみるという事です。
正式な手続きを交わした夫婦とはいえ、考え方がまったくことなる男と女です。

自分の意見ばかりを通そうしたら当然、二人の間には大きな亀裂が生じるばかりです。
まずは、相手が何を思い、これからどうしたいと思っているのかを理解することからはじめましょう。

なぜ離婚を希望しているのか、修復の可能性はないのかを相手の立場になって考えてみることが離婚回避の糸口となるでしょう。

離婚したくない側の手順2・今できることを考える

次に、すぐに離婚回避のために相手を説得するような行為はやめましょう。
簡単に離婚という考えをひっくり返せるものなら、最初から離婚という言葉は使わないはずです。

長い時間かけて築き上げてきた二人の関係を終わらせようと考えているのですから、相当なる時間をかけて覚悟したのかもしれません。
だからこそ、結論をあせるのではなく、今できることからやらなければならないのです。

それがたとえ小さなことでもかまいません。
相手に対し全力で離婚を回避したいという意思を行動で持ってしめさなければなりません。

これまでは恥ずかしいと思っていた愛情表現も出来る限り行うようにしましょう。
後で「ああすればよかった」「こうしておけばよかった」と後悔しないように、出来る限り全力を尽くすのみです。

離婚したい側の手順その1・家に帰ってくる?

「もう我慢できない」と、離婚を希望したのはいいが、それが本当に正しいことなのか、もう一度時間をかけて考えてみましょう。
一度は相手のことを心から愛し、縁あって結ばれたのですから、離婚という決断が本当に正しいのかどうか判断しましょう。

例えば、パートナーは帰宅が遅くなろうとも必ず家に帰ってきますか?
万が一きちんと帰宅するという場合には、離婚を焦る必要はないでしょう。

なぜなら、本当に居心地の悪い場所であれば、絶対に帰宅せず、どこか別の場所によりどころを求めるはずなのです。

離婚したい側の手順その2・生活費は入れている?

夫や妻、外で働いているものが、毎月きちんと生活費を入れているという場合は、離婚をするべきではありません。
家族に愛情がないのであれば、生活費を入れることなく、自由気ままに自分自身のために使用するはずです。

汗水流し働いたお給料を、生活費のためにとしっかり入れてくれるのであれば、そこにまだまだ愛情は残されています。
情があるうちは、離婚回避は必ずできるはずです。

離婚したい側の手順その3・経済的な不安がある?

短絡的、かつ長年の不満の蓄積による離婚危機の場合、この先一人で生活できる状況にありますか?
長く主婦業に専念してきた女性の場合、一人で生活をすることに不安はありませんか?

慰謝料を期待しているかもしれませんが、現実はそう甘くはありません。
慰謝料を払う側がもしも、経済的な窮地の場合、病気によって職を失った場合などは、特に深刻な問題が発生するでしょう。

だからといってすぐに仕事を見つけ自立できるでしょうか?
以上のように、離婚を考えている側、離婚を要求された側のそれぞれの立場になって考えてみると、離婚回避の可能性は必ず残されているはずです。

今の考えが本当に正しいのか、冷静に判断してみるのも時間の無駄ではないはずです。


離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

男にとって突然来る離婚危機の回避方法を知りたい方

ある日、
「このままだと、わたしあなた君の事が好きじゃ無くなって・・・一緒にいられない!」
と妻に告げられた後、見事離婚回避した方法とは?

あなたのケースがこれよりも重症の場合でも離婚回避できるマニュアルを教えます!

多くを語らない夫との離婚危機を避ける方法を知りたい方

気がついたら、
「妻のことを避けるようになっていた・・・」
そんな夫と妻が、見事離婚回避した方法とは?

あなたの夫はこれよりも大変な状況かもしれませんが、それでも離婚回避できる方法があります!