男性向け別居・離婚回避情報

別居と離婚回避・夫にできる5つの方法

別居と離婚回避・夫にできる5つの方法

夫婦別居や離婚となってしまったとき、何とかしてこの状態を回避したいと考えるのは人情です。

「覆水盆に返らず」のコトワザのように、一度壊れてしまった夫婦関係は元に戻ることはないと諦めるのは早過ぎます。

別居や離婚回避のために、夫(男性)にできることとは何なのでしょうか。

その1・自分の感情を整理する

突然、妻から別居や離婚の申し出があったとしたら、どんな人でも気持ちが混乱してしまうものです。

当たり前のことですが、「驚く」・「慌てる」・「怒る」・「失望する」といった反応をしてしまうでしょう。

なかには妻に対して直接的に怒りをぶつけたり、逆に驚きと失望のあまり無気力になってしまう人もいるかもしれません。

こんな状態では別居や離婚回避どころか、妻との関係修復のための話し合いさえスムーズに行なうことはできなくなります。

まずは冷静になって「自分自身の感情」を整理してみましょう。

その2・妻の言い分に耳を傾ける

愛し合って結婚した夫婦のうちの片方が別居や離婚を申し出るからには、そこには何らかの切実な事情や理由があるはずです。

自分の感情が整理できたら、まずは妻側の言い分に冷静に耳を傾けてみてください。

その言い分に対して反論したい部分もあるでしょうが、第一段階では穏やかに話を聞くことが重要です。

ここで反論したり説明を試みてしまうと喧嘩になり、いちばん大切な「話し合い」をすることができなくなります。

その3・穏やかな心で話し合う

別居や離婚回避のための話し合いで最も重要なのは、「穏やかに話し合う」ということです。

けんか腰になって怒鳴り合ったり、相手を責めるような言動があれば別居や離婚回避などは望めなくなります。

かりに、妻側が自分を責めるような言動を取っても、自分はあくまで穏やかに対処することが大切です。

なぜなら、感情的になればなるほど冷静さを失い、最終的にはお互いの粗探しになってしまうからです。

その4・言い訳はせず謙虚に語る

夫婦が別居や離婚について話し合うと、相手を責めたり非難するといった傾向になりがちです。

当然ながら、責められたり非難された側は弁解したり言い訳したりという流れになってしまいます。

しかし、そこで夫が弁解や言い訳をしても妻は聞く耳を持たず「自分の非を認めない人」、「言い訳ばかりする人」と認識してしまうので別居や離婚を回避することはできません。

別居や離婚を回避したいのなら、無意味な弁解や言い訳はせず謙虚に語ることが大事です。

その5・信頼できる人に相談する

夫婦の問題は二人だけで解決したいと考えても、一度崩れかけた関係は容易に修復できるものではありません。

それどころか相手の顔を見ただけで言いたいことを言い合うようになってしまうというケースが多いのです。

別居や離婚回避のためのひとつの方法として、信頼できる第三者に相談するというのは良い手段です。

第三者の冷静な考えを聞き、今後どうすればいいのかを真摯に考えることで問題解決の糸口が見えてくるでしょう。


離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

男にとって突然来る離婚危機の回避方法を知りたい方

ある日、
「このままだと、わたしあなた君の事が好きじゃ無くなって・・・一緒にいられない!」
と妻に告げられた後、見事離婚回避した方法とは?

あなたのケースがこれよりも重症の場合でも離婚回避できるマニュアルを教えます!