離婚しない為の考え方

離婚しない為に気を付ける7つのポイント

離婚しない為に気を付ける7つのポイント

ポイント1・倦怠期を乗り越えろ

夫婦に倦怠期は付き物ですが、このツラい時期を乗り越えられないと離婚ということにもなりかねません。

配偶者の欠点が鼻につく、やることなすことイヤで溜まらないなどの感情は倦怠期に起こりやすいものですが、この解決法としては大きく分けて2種類あります。

それが「過去のラブラブ時代を思い出す」と「お互いに干渉せず我が道を行く」という方法です。

ポイント2・良い積み重ねをしよう

夫婦が「悪い積み重ね」をしていくと結果として離婚に至ります。

逆に「良い積み重ね」を続けていけば、多少の危機が訪れたとしても離婚を避けることができます。

離婚にならない「良い積み重ね」とは、ズバリ「相手を思いやる気持ち」と「思いやりを表わす行動」です。

ポイント3・魔法の言葉を駆使しよう

夫婦のあいだには、上手く使えば人間関係がスムーズに築ける「魔法の言葉」があります。

その言葉とは「ありがとう」・「おはよう」・「ただいまとおかえり」・「ごめんなさい」・「いいね」の5種類を指します。

もちろん口先だけではなく心をこめて使ってみてください。

ポイント4・離婚のデメリットを知ろう

結婚しているあいだは「夫(妻)がイヤ」と考えている人でも、いざ離婚してみると後悔することが多いようです。

離婚には「仕事」・「生活」・「お金」・「子供」・「老後」などのデメリットが付いて回ります。

もし離婚を考えたら、上記について真剣かつ深く考えてみましょう。

ポイント5・夫婦喧嘩にルールを作ろう

夫婦喧嘩はしないに限るというものの、一生喧嘩をするなというのも無理な話です。

そこで喧嘩をしたときに備えて、「夫婦喧嘩のルール」を作っておくという方法はいかがでしょうか。

たとえば「人格攻撃をしない」や「身内の悪口は言わない」、「喧嘩しても翌朝は笑顔であいさつする」、「喧嘩に子供や親族を巻き込まない」、「相手をスルーしない」などが夫婦喧嘩のルールの一例です。

ポイント6・夫婦のNGワードを知ろう

誰にでも「口にしてはいけないNGワード」というものがあります。

夫婦のあいだでも、相手の容姿を批難する「ブス」「デブ」「チビ」などの容姿に関するNGワードや人格を批判する「グズ」「稼ぎがない」「家事が下手」などのNGワード、身内を悪くいう「実家批判」「両親批判」「家族批判」などのNGワードはタブーです。

前もって夫婦のNGワードを知っておけば、相手を傷つけたり喧嘩の発端を作らなくて済みます

ポイント7・夫婦仲の冷えを解消しよう

夫婦仲が冷え込むと、いずれは別居や離婚という結果になります。

冷えの兆候としては「記念日を祝わない」や「二人で外食しない」「車のなかで会話がない」などの例がありますが、もし思い当たることがあるなら要注意です。


離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

男にとって突然来る離婚危機の回避方法を知りたい方

ある日、
「このままだと、わたしあなた君の事が好きじゃ無くなって・・・一緒にいられない!」
と妻に告げられた後、見事離婚回避した方法とは?

あなたのケースがこれよりも重症の場合でも離婚回避できるマニュアルを教えます!

多くを語らない夫との離婚危機を避ける方法を知りたい方

気がついたら、
「妻のことを避けるようになっていた・・・」
そんな夫と妻が、見事離婚回避した方法とは?

あなたの夫はこれよりも大変な状況かもしれませんが、それでも離婚回避できる方法があります!