離婚しない為の考え方

結婚7年目でも倦怠期を乗り越えられる方法と考え方

結婚7年目でも倦怠期を乗り越えられる方法と考え方

かつて「7年目の浮気」という言葉が流行ったことがありましたが、夫婦にも倦怠期というものがあります。

倦怠期というのは夫婦がお互いに飽きて、二人の関係に嫌気がさしてしまう時期をいいます。

言い換えるとこの倦怠期を乗り越えることで、別居や離婚せず夫婦として末長い幸せを築くことができるのです。

倦怠期が来たらどうなるの?

倦怠期という言葉は聞いたことがあっても、実際どのような現象が起こるのか分からないという人もいるでしょう。

ひとたび夫婦のあいだに倦怠期が訪れると、「夫(妻)のやることすべてが気に入らない」、「顔を見るのも飽き飽きしてくる」、「話をするのもイヤになる」というような現象が起こります。

つまり、倦怠期には「夫(妻)が嫌いになる」というより「夫(妻)に飽き飽きする」というわけです。

簡単にいえば、美味しい白米のご飯でも1年365日3食続けていると「たまにはパンがいいな」や「パスタや日本ソバが食べたいな」となるのと同じ現象なのです。

もし夫婦が倦怠期になったら?

夫婦の場合はいくら白米のご飯(夫・妻)に飽きたからといって、パンやパスタ(不倫・愛人)に浮気するということは許されません。

もしそれをしてしまうと倦怠期を乗り越えるどころか、別居・離婚というパターンに陥ってしまうからです。

倦怠期になって、相手の顔や言動に飽きが来たとしても、それを何とか乗り越えていってこそ、夫婦円満な人生をキープできるといえるでしょう。

そうはいっても「夫(妻)のやることなすことが気に食わない」というのでは解決策も容易には見つかりません。

倦怠期を乗り越える考え方

夫婦の倦怠期を乗り越えるためには「2つの考え方」があります。

そのひとつめは「ラブラブだった過去の自分たちに立ち戻る」ということです。

まず、二人がどのように愛し合い、どのような苦労をして結ばれたか、そしてどのような努力で現在の夫婦生活を築いてきたのか思い出してみてください。

もしも、現在の夫(妻)との今の生活を失ったとしたらどうでしょうか?

縁起の悪い例えではありますが、現在の夫(妻)が亡くなったとしたらどうでしょうか?

どんなに飽き飽きして気に入らない夫(妻)でも、そこにいればこそ「嫌になった」「もう飽きた」と言うことができるのです。

倦怠期を乗り越える考え方のふたつめは、逆に「できるだけ相手に構わない」というトライをしてみるということです。

夫婦といえどもイヤならイヤ、嫌いなら嫌いで仕方ありません。

試しにできるだけ相手に構わず、「仕事があるなら仕事に打ち込む」、「仕事がないなら趣味に打ち込む」、「自分の時間を確保してひとりで行動する」ということを試してみてください。

夫婦の倦怠期を乗り越えるには、「夫(妻)を変える」のではなく「自分自身が変わる」ということが重要なポイントなのです。

ABOUT ME
Oやぎ
Oやぎ
最後まで読んで頂きありがとうございました。 Twitterでは、 「夫婦のあり方」や「夫婦円満」の為の情報配信しています! よろしければ、ツイッター(@tumabgata)のフォローもお願いします。