離婚しない為の考え方

離婚が頭をよぎった?夫(男性)から見た離婚のデメリット

男性から見た離婚のデメリット

いったん夫婦になったからといって、決して離婚してはいけないという決まりはありません。

しかし、一時の感情で離婚して、後から悔むというケースが少なくないのも事実です。

ここでは夫(男性)側から見た離婚にまつわるデメリットについて見ていきたいと思います。

仕事に関するデメリット

夫(男性)側から見ると「離婚をしたとしても仕事のデメリットはない」というように見えるかもしれません。

しかし、サラリーマンであれば「離婚」の事実は家族手当などの問題からすぐに社内に知れてしまい、ときには好奇の目で見られたり人間性を疑われるような事態が起こることもあります。

もちろん自営業であれば妻という仕事上の戦力が失われるわけですし、店舗経営などをしていれば尚更周囲の視線が気になることもあるでしょう。

実は「妻」という存在は男性が仕事をしていくうえで、信用や信頼を得るために無くてはならないものなのです。

生活に関するデメリット

男性が妻と離婚した場合、最初にデメリットと感じるのが「家事の問題」です。

食事の用意から衣類の洗濯、部屋の掃除など、毎日生活に欠かせない家事の種類は多岐にわたっています。

もちろん、家事ヘルパーなどを雇う余裕があれば大きな問題はないかもしれませんが、そうしたビジネスライクな関係とはまたひと味違うのが妻という存在なのです。

また、離婚した男性のなかには家事だけでなく日々の生活のなかで「妻の不在」を切実に感じるケースも見られます。

それが「病気になったときにサポートしてくれる人がいない」ということです。

これまでいかに「妻に世話になっていたのか」を痛感するのがそういったときなのかもしれません。

お金に関するデメリット

仕事と同様、お金に関しても「男性側にデメリットはない」と誤解しているケースが見られるようです。

確かに共働きを別にすれば、夫(男性)が稼いできた収入で暮らしているという夫婦は多いかもしれません。

しかし、夫が外で得てきた収入を上手くやりくりしてくれるのは妻という存在です。

そうした妻をなくし、さらに外食や飲酒などが増えると家計がピンチになってしまう離婚夫もたくさんいるのです。

上記以外にも子供の養育費の問題や妻への慰謝料の問題、離婚時の財産分与の問題など離婚夫にはさまざまな問題が発生してきます。

仮に養育費や慰謝料は必要ないとしても、夫婦が婚姻中に築いた財産は「共有財産」であり離婚時にはそれを清算しなければなりません。

もし「離婚」という選択肢が頭を横切ったときには、こうした問題も考慮しておく必要があるでしょう。


離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

男にとって突然来る離婚危機の回避方法を知りたい方

ある日、
「このままだと、わたしあなた君の事が好きじゃ無くなって・・・一緒にいられない!」
と妻に告げられた後、見事離婚回避した方法とは?

あなたのケースがこれよりも重症の場合でも離婚回避できるマニュアルを教えます!

多くを語らない夫との離婚危機を避ける方法を知りたい方

気がついたら、
「妻のことを避けるようになっていた・・・」
そんな夫と妻が、見事離婚回避した方法とは?

あなたの夫はこれよりも大変な状況かもしれませんが、それでも離婚回避できる方法があります!