離婚しない為の考え方

離婚を想像した?妻(女性)から見た離婚のデメリット

女性から見た離婚のデメリット

「離婚をすると妻のほうがデメリットが多い」という時代は過ぎ去ったとはいうものの、現代でもまだまだ離婚によって女性がデメリットを負うケースは少なくないようです。

言い換えると「女性は離婚で損をすることが多い」ということになり、一時の感情で夫との別れを決意するのは早計といえるかもしれません。

ここでは妻(女性)側から見た離婚にまつわるデメリットについて見ていきましょう。

仕事に関するデメリット

妻(女性)の場合は仕事を持っているというケースと、専業主婦で特定の仕事を持っていないケースがあります。

もし仕事を持っている女性であれば、離婚は大きなデメリットではないというものの、社内では意外に早く知れ渡って好奇の視線にさらされることもあります。

離婚は珍しくなく、差別されるようなことはない現代とはいえ、バツイチ女性に対する好奇の目は思いのほか強いものです。

また、仕事を持たない妻であれば、一定レベル以上の財産がなければ新たな仕事に就く必要が出てきます。

経験や年齢にもよりますが専業主婦から働く女性へとシフトするのはハードな部分もあります。

もし離婚を考えているなら、「仕事(お金)」といった部分への配慮が必要となるでしょう。

生活に関するデメリット

夫と離婚した場合、最初に考えなければならないのが「仕事」「お金」「住む場所」という問題です。

すでに仕事を持って働いている女性であれば大きな問題はありませんが、ある程度の蓄えがあっても長続きするとは限りません。

仕事を始めるには住まいが必要となり、アパートなどを借りるには保証人が必要となります。

これらすべてを早い時期にクリアするとなると、かなりの精神的な負担が掛かる恐れがありますので離婚に際しては事前の準備も必要になってくるでしょう。

お金に関するデメリット

離婚で妻(女性)側に最も大きなデメリットとなるのが「お金の問題」です。

たとえば、「生活費+家賃」が月に20万円掛かるとすると、1年間に必要な金額はトータルで約240万円となります。

新たにアパートなどを借りるとなると敷金や礼金が50万円程度掛かったり、月々の家賃なども支払う必要が出てきます。

お金の問題は「何とかなる」というものではありませんので、予想外のシビアーな状況に陥ることもあるので注意が必要です。

上記以外にも離婚に関しては子供の親権の問題や養育費の問題、老後の問題なども発生することがあります。

結婚生活が深刻な危機的状況にあるなら無理をするのはよくありませんが、離婚するにしてもメリットとデメリットをよくよく考慮することが求められることはいうまでもないでしょう。


離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

男にとって突然来る離婚危機の回避方法を知りたい方

ある日、
「このままだと、わたしあなた君の事が好きじゃ無くなって・・・一緒にいられない!」
と妻に告げられた後、見事離婚回避した方法とは?

あなたのケースがこれよりも重症の場合でも離婚回避できるマニュアルを教えます!

多くを語らない夫との離婚危機を避ける方法を知りたい方

気がついたら、
「妻のことを避けるようになっていた・・・」
そんな夫と妻が、見事離婚回避した方法とは?

あなたの夫はこれよりも大変な状況かもしれませんが、それでも離婚回避できる方法があります!