別れる前に考える事

離婚したら慰謝料はいくら?

離婚したら慰謝料はいくらか

「離婚」というと「慰謝料」をイメージするという人も少なくないかもしれません。

この「慰謝料」とは何らかの理由によって精神的な損害などが生じたときに発生する損害賠償金のことを指します。

よくメディアでは芸能人の離婚に関する「慰謝料」が話題になり、○○千万円といった大きな単位の金額が取り沙汰されているようです。

では、一般人の夫婦が離婚して別れた場合にはどの程度の「慰謝料」が期待できるのでしょうか?

慰謝料の相場とは

実際問題として「離婚したらいくら慰謝料がもらえるのか」という点に興味がある人は多いでしょう。

一般的に、慰謝料の相場は300~400万円程度といわれています。

ただし、よくいわれる「慰謝料の金額=同居年数×60万円」という数式には何の根拠もないということは知っておいたほうがいいかもしれません。

もちろん慰謝料の金額が一般的にいくらであろうと、離婚の理由や夫婦双方の事情によっては「慰謝料=ゼロ円」というケースもあるわけで、すべての離婚で慰謝料が発生するとは限らないのです。

慰謝料がもらえるケース

上記で「慰謝料は精神的な苦痛などに対する損害賠償金」であるということを説明しました。

次に、どのような精神的苦痛があった場合に慰謝料が発生するかを挙げてみましょう。

  • 夫(妻)の浮気、不倫
  • 夫(妻)の肉体的暴力、精神的暴力
  • 夫婦生活の破綻(生活費、家に帰らない、セックスレス)等々

このようなケースでは苦痛を受けたほうが慰謝料をもらえる可能性があります。

慰謝料がもらえないケース

一方、次のようなケースでは慰謝料は発生しません。

  • 夫婦の性格の不一致
  • 夫婦双方に責任がある
  • 夫婦生活の破綻後の浮気や不倫 等々

つまり夫婦の性格が不一致であったり、夫婦双方に離婚原因がある、事実上夫婦関係が破綻したあとに浮気をしたという場合は片方のみが精神的苦痛を受けたとは判断されないということになるわけです。

慰謝料を期待して離婚すると…

もし、夫(妻)に非があって離婚するとなると、配偶者は夫(妻)に対して慰謝料を請求することができます。

しかし、「慰謝料=お金」であっても、配偶者に財産(貯金)がなければ慰謝料をいくら要求しても支払ってもらうことはできません。

いわゆる「無い袖は振れない(無いものは払えない)」というわけで、結果的に慰謝料も低く押さえられて300万円が相場のところが100万円ということになるかもしれません。

さらに夫(妻)が開き直って「ぜったいに払わない」となったり、支払いをせずに姿をくらましてしまうという例もあるので慰謝料を受け取れないこともあるのです。

ABOUT ME
Oやぎ
Oやぎ
最後まで読んで頂きありがとうございました。 Twitterでは、 「夫婦のあり方」や「夫婦円満」の為の情報配信しています! よろしければ、ツイッター(@o_yagi3)のフォローもお願いします。