振られ無い為にする事

恋人・夫婦・パートナーに振られない為の7つのコツ

パートナーに振られない為の7つのコツ

愛する人に振られるのは心が折れてしまうような過酷な体験です。

しかし、本人も気づかない理由で、愛する人に振られてしまったという経験を持つ人も少なくありません。

振られる事を心配するよりも、振られない為の秘訣を会得してみてはどうでしょうか。

ここでは、愛する人に「振られない為の7つのコツ」を紹介します。

1.優しい愛情表現をしよう

「夫(妻)や恋人を想う気持ちは誰にも負けない」という人でも、意外に愛情表現を苦手にしているというケースもあります。

大切な人への愛情表現はストレートにするのではなく、相手を包み込むような優しさがポイントとなってくるわけで、相手が心地良いと感じられるような「適度な優しさ」が必要なのです。

2.愛する人には本音で接そう

夫(妻)や恋人に良く思われようとして、カッコをつけるという姿勢では本当の愛情は伝わりません。

心の底から相手を信頼し、自分も信頼してほしいと願っているなら、カッコをつけた表現ではなく、本音で相手に接していく必要があります。

3.適度なバランスを大切にしよう

いくら夫(妻)や恋人を愛しているからといって、「好きだ、大好きだ」や「愛してる!」の一点張りでは相手に嫌われてしまいます。

愛情表現は相手に負担にならない適度なバランスがポイント。押すだけでなくときには引いてみる事も重要です。

4.誠意があることが基本

夫(妻)や恋人に振られる原因のひとつが「誠意のなさ」。

誠意があればそれでいいというわけではありませんが、基本はやはり「誠意(真心)」があるということです。

その誠意を適度なバランスで表すことで、振られる事を防げるというわけです。

5.独占欲は振られるモト

相手を愛していればいるほど、ついつい「独占したい」と考えてしまうものです。

しかし、独占欲が表面化するとケンカや別れの原因になります。

愛しているからといって、それだけで夫(妻)や恋人を独占する権利があるわけではないという事を理解しましょう。

6.干渉し過ぎはNGと知ろう

愛する相手には干渉したいというのが本音かもしれませんが、それが原因で嫌われて、振られたという例は少なくありません。

ついつい相手の行動に口出ししてしまったり、何かと構いたいというタイプは要注意です。

パートナーに対しては何かと気になる事も多いでしょうが、心を大人にして過干渉を控えるのが長続きする秘訣です。

7.自己中やワガママはタブー

夫(妻)や恋人に愛されていると感じたとき、人間は知らず知らずのうちにワガママになってしまうものです。

そのワガママが高じると、相手の失望を誘う原因になり、やがては振られてしまうという結果にもなりかねません。

自己中心的な行動やワガママな言動はタブーだということを忘れないようにしてください。


離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

男にとって突然来る離婚危機の回避方法を知りたい方

ある日、
「このままだと、わたしあなた君の事が好きじゃ無くなって・・・一緒にいられない!」
と妻に告げられた後、見事離婚回避した方法とは?

あなたのケースがこれよりも重症の場合でも離婚回避できるマニュアルを教えます!

多くを語らない夫との離婚危機を避ける方法を知りたい方

気がついたら、
「妻のことを避けるようになっていた・・・」
そんな夫と妻が、見事離婚回避した方法とは?

あなたの夫はこれよりも大変な状況かもしれませんが、それでも離婚回避できる方法があります!