振られ無い為にする事

彼や夫・男性に振られない5つの方法

彼や夫・男性に振られない5つの方法

多くの女性は「男性に振られたくない」「そのためなら何でもしよう」と考えているようです。

もちろん、誰であっても異性に振られるのは気分の悪いものですが、すでに夫婦やカップルであるなら「振られる=別離=離婚」という結果にもつながる危険性があるわけです。

当然の話ですが、ひと口に男性といっても生まれや育ち、主義主張、考え方、ライフスタイルは一人一人異なっています。

そのすべての男性に振られない方法というのは存在しないものの、男性全般に共通する『振られない為の5つの方法』を紹介していきましょう。

その1・独占欲は控えめに

女性で多いのが「恋人や夫は独占したい」というタイプです。

相手を好きになればなるほど、愛が深ければ深いほど独占欲が湧いてくるという女性は少なくないでしょう。

しかし、独占欲を恋人や夫に露骨に見せてしまうと「この女とは付き合いきれない…」と振られてしまう可能性が高いので注意が必要です。

その2・相手を信じる気持ち

恋人や夫に振られる女性のタイプで最も多いのが「相手を信用していない」「すぐ相手を疑う」という人です。

このように相手を信用できなかったり、すぐに疑うのには、過去に何らかの問題があったせいなのかもしれません。

しかし、男性は過ぎたことはすぐに忘れてしまうので、女性がいつまでも疑うような態度を示していると「信じられないなら、もういい」と振られてしまうケースが多いのです。

その3・過ぎたワガママはNG

男性と女性が恋人同士になりたて、または結婚したてという時期には「女性のワガママも可愛い」と思ってもらえるようです。

ところが同じようなワガママでも、時間が経つにつれて「可愛い」から「負担になる」へと変化していきます。

いくら甘えているつもりでも男性から見れば「負担」でしかないワガママ、くれぐれもやり過ぎないように注意しましょう。

その4・干渉し過ぎは要注意

振られる女性によく見られるのが「男性への干渉し過ぎ」というタイプです。

恋人や夫を愛していればこそ、ついつい世話を焼いてしまうという女性は少なくありません。

とはいえ、恋人や夫は子供ではなく独立した一人のオトナなのです。

行き過ぎた干渉は別れの原因になりますので気をつけてください。

その5・甘え過ぎや冷た過ぎはNG

可愛い女性を演出したくて恋人や夫に甘える、逆に甘え過ぎはマズいと自立した女性を装う…というような経験はありませんか?

甘え過ぎ、冷た過ぎはどちらにしても問題があります。

大切なのはどちらかに傾き過ぎた態度ではなく、甘えとクールの程良いバランスなのです。


離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

男にとって突然来る離婚危機の回避方法を知りたい方

ある日、
「このままだと、わたしあなた君の事が好きじゃ無くなって・・・一緒にいられない!」
と妻に告げられた後、見事離婚回避した方法とは?

あなたのケースがこれよりも重症の場合でも離婚回避できるマニュアルを教えます!

多くを語らない夫との離婚危機を避ける方法を知りたい方

気がついたら、
「妻のことを避けるようになっていた・・・」
そんな夫と妻が、見事離婚回避した方法とは?

あなたの夫はこれよりも大変な状況かもしれませんが、それでも離婚回避できる方法があります!