別れたら後悔する事

彼氏や旦那と別れたメリットとデメリット(女性編)

彼氏や旦那と別れたメリットとデメリット

女性は離婚や恋人との別れを経験すると、「後悔して引きずるタイプ」と「一気に開き直るタイプ」の2種類があります。

どちらのタイプが良いのかは別として、離婚や恋人との別離で女性側から見て別れて良かった事・別れて悪かった事とはどんな点なのでしょうか。

良かった事:彼氏(夫)の世話をしなくていい

恋人や夫と別れて良かった事で多いのが「彼氏(夫)の世話をしなくてよくなった」という感想です。

ここでいわれる「世話」というのは文字通りの身の回りの世話だけでなく、長々と職場の愚痴を聞かされたりお金の管理などをする事も含まれています。

もちろん、彼氏(夫)が何らかの問題を起こせば後始末をさせられていた女性(妻)もいるようです。

言い換えるなら「女性(妻)は母親代わりではない」という事になるでしょうか。

良かった事:彼氏(夫)の浮気の心配がない

女性の悩みでよく耳にするのが「男性(夫)の浮気」です。

浮気に関しては昔も今も変わらず、「こればかりは病気のようなもの」「誰が何を言っても浮気が止まらない」という例が多いようです。

こうした男性(夫)の浮気をあきらめて我慢するか、それとも何とか改善させようと努力するかは女性(妻)の考え方次第といえるでしょう。

もしも我慢できないと感じるなら、「別れて正解」という事になります。

悪かった事:お金の心配が大き過ぎた

恋人同士で別れた場合は別ですが、離婚した女性の多くは「お金の問題で困っている」といわれています。

夫と結婚していた頃には気付かなくても、別れてみると収入や貯金の面での悩みが多く後悔する例も少なくありません。

もちろん、潤沢な貯蓄があったり実家が裕福で支援が期待できるなら問題はありませんが、そうでなければお金の悩みが発生する事が多いのです。

なかには「生活費の事を考えると離婚すべきできなかった」と感じている女性もいます。

悪かった事:頼りになる人がいなくなった

結婚しているときや付き合っているときは不満が多くても、いざ離婚したり別れてみると「頼りになる人を失って困った」という例も多いようです。

夫や恋人とは日常的に顔を合わせているため、良い点よりも悪い点が目につくのは当たり前ですね。

しかし、いったん失ってみると「やはり私にとっては大切な人だった」「いなくなって初めて良さが理解できた」と後悔している女性はたくさんいます。

逆にいえば日頃から頼りにできたのが夫や恋人という事になり、ある意味では代わりがいない存在ともいえるでしょう。

ABOUT ME
Oやぎ
Oやぎ
最後まで読んで頂きありがとうございました。 Twitterでは、 「夫婦のあり方」や「夫婦円満」の為の情報配信しています! よろしければ、ツイッター(@tumabgata)のフォローもお願いします。