別れたら後悔する事

別れても未練が残り後悔するタイプ

別れても未練が残り後悔するタイプ

彼氏(彼女)と別れた場合、「スッキリして前向きになれる人」と「いつまでも未練が残る人」の2つのタイプがあります。

スッキリ前向きになれるポジティブなタイプなら問題はありませんが、いつまでも引きずって未練が残ってしまうとしたらツライだけという結果になるでしょう。

恋人と別れても未練が残って後悔するタイプとは、どんな人なのでしょうか?

気持ちが切り替えられない人

過去は過去、未来は未来とすぐに切り替えられる人は彼氏(彼女)と別れても後悔しないタイプです。

反対に、いつまでも過去の思い出に浸って切り替えが上手くいかない人は後悔してしまうタイプということになります。

そうはいっても簡単に過去を忘れられる人ばかりでないのは当然で、友達とカラオケにいっても失恋ソングばかり気になったり、友達の恋人をうらやましがるようなタイプは意外に多いようです。

元カレ・元カノの写真を捨てられない人

彼氏(彼女)と別れて結構な月日が過ぎているのに、いつまでも元カレ・元カノの写真を捨てられないという人がいます。

その理由としては「写真を捨てるのは申し訳ない」、「せっかくの思い出を捨てられない」などが挙げられますが、その写真があるばかりに未来に向けて歩み出せないことも事実のようです。

もちろん写真だけでなく、元カレや元カノからもらったプレゼントを捨てられない人も、別れたあとまで未練が残って後悔するタイプに入ります。

元カレ・元カノの携帯番号を消せない人

いくら恋人だったといっても別れてしまえば赤の他人です。

ところが、もう電話する事のない元の彼氏(彼女)の携帯番号を大切に保存しているタイプの人も少なくないようです。

「もしも何かあったら連絡できるようにしておきたい」という理由もあるでしょうが、実際には電話するような何かは起こらないのが現実です。

ポジティブに前に歩き出すためには、元カレや元カノの携帯電話はサッパリと消すような決断力がなければ上手くいかないでしょう。

新しい趣味などに打ち込めない人

彼氏(彼女)と別れてしまった場合、寂しさや悲しさを克服するためには新しい趣味に打ち込むという方法が効果的です。

しかし、何をやっても元カレや元カノを思い出すといって、新たな趣味に打ち込めないタイプは未練が残って後悔する人といえるようです。

もしも、元の彼氏(彼女)への思いに踏ん切りを付けて、新しい趣味などに打ち込めば新しい友人や仲間もできやすくなります。

そうした目的の為にも新たな趣味を探してみてはどうでしょうか。

ABOUT ME
Oやぎ
Oやぎ
最後まで読んで頂きありがとうございました。 Twitterでは、 「夫婦のあり方」や「夫婦円満」の為の情報配信しています! よろしければ、ツイッター(@o_yagi3)のフォローもお願いします。