借金と夫婦円満

離婚前に知っておきたい借金の知識【負の財産分与】

離婚前に知っておきたい借金の知識・負の財産分与

離婚すると借金はどうなる?

夫(妻)に借金があった場合、「もし離婚したら誰が支払うの?」と不安に感じている人は少なくありません。

借金にはいろいろな種類がありますが、離婚しても元夫婦で分担して返済しなくてはならない義務が生じる借金もあります。

逆に、元の夫(妻)の借金であっても、離婚したら返済義務のない借金もありますので事前にしっかりした知識を付けておく必要があるのです。

借金と財産分与の基礎知識

離婚に際してよく耳にする言葉が「財産分与(ざいさんぶんよ)」です。

財産分与とは、結婚した夫婦がふたりで築いた財産を離婚時に分けることをいいます。

これは結婚後に得た財産を離婚のときに清算して分けるという意味で、結婚前に貯めていた預貯金や自分の親から相続した財産などは含まれません。

夫婦二人で築いた財産というと、何となく「貯金や家かな…」と考える人もいるかもしれませんが、実は借金も財産分与の財産に含まれています。

結婚後にできてしまった借金はいわば「負の財産」ともいえ、離婚で財産分与した場合は借金も仲良く負担することになってしまうのです。

財産分与に含まれるもの

・預貯金、現金、株券、国債など
・家、土地、自動車、家具、家電製品など
・退職金、年金、貯蓄型生命保険など
・高額なゴルフ会員権など
・夫婦や子供の生活のための借金など

預金や現金は夫婦のプラスの財産ですが、借金はマイナスの財産といえます。

しかし、マイナスの財産でも財産の一部ですので、離婚するに当たっては夫婦で分けて返済するという義務が生じてしまうのです。

「離婚するから財産の半分は自分のもの」と単純に考えていると、思わぬ落とし穴にはまって後悔することになるかもしれません。

こんな借金はどうなるの?

財産分与で借金も分けることになるといっても、夫がキャバクラや競馬のためにした借金や妻がホストクラブやエステのためにした借金などは含まれません。

あくまでも財産分与で夫婦ふたりに返済義務があるのは家族の日常生活のためにした借金のみです。

ただし、どんな目的でした借金でも、夫(妻)のいずれかが連帯保証人になっていれば返済義務が生じてしまいます。

連帯保証人とは借金をした本人と同等の返済義務を負う者であり、かりに100万円の借金であれば100万円の取り立てをされても支払わなければならないのです。

これは離婚したとしても条件は同じで、「もう夫(妻)とは離婚したから」と返済義務を逃れることはできません。

もし夫(妻)の借金の連帯保証人になっていて返済義務から逃れたいのなら、離婚時の話合いの際に連帯保証人を変えてもらう必要があります。


離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

借金で離婚危機に直面している方

  • 借金が原因で離婚しそう!
  • 家族に借金がある事を知られたくない!
  • 離婚を避ける為にお金を整理したい!
など、借金の解決を考えているのであれば、こちらの方法を検討してみましょう。
借金問題が離婚問題に発展?!借金返済診断