借金と夫婦円満

夫婦円満の秘訣?!計画的な家計のやりくり法

夫婦円満の秘訣、計画的な家計のやりくり法

予算を決めてムダをなくす

貯金ができず、ついついお金を借りてしまうというタイプの人に多いのが「家計の予算を立てられない」というパターンです。

どの家庭でも毎月入ってくるお金の額はほとんど決まっています。

毎月の収入が20万円と決まっているのなら、その金額をどのように振り分けて使うかを決めるのが予算であり、この予算を決めておかないと家計は乱れてしまうのです。

家計の予算の決め方は簡単で、最初に家賃や水道光熱費など生活に不可欠な金額を書き出し、残りの金額から食費や衣服費、娯楽費などを決めていくと上手くいきます。

予算の管理は分けてする

家計の予算が決まったら、そのお金は分けて管理するようにしましょう。

たとえば給料日が来たら家賃や水道光熱費は銀行口座に預ける、食費や衣服費は封筒に入れて保管する、娯楽費は別の封筒に入れて出しにくい場所にしまっておくというような方法です。

銀行口座からは家賃や水道光熱費を支払う時以外はお金を下ろさないようにし、封筒に入れたお金も決まった用途以外には使わないようにします。
もちろん、いざという時のための予備費も別の封筒に保管し、どうしても必要になった時だけ使うと決めておきましょう。

決めた事はあくまで守る

家計の予算を立ててお金を別々に保管したら実行することは一つだけです。

それは「決めた用途以外にはそのお金を使わない」ということ。

ちょっとゼイタクしたいからといって衣服費から高い牛肉やケーキを買ったり、銀行に行くのが面倒だからといって娯楽費から光熱費を支払ってしまうというのはNGです。

「最初に決めたことは最後まで守る」というのが家計のやりくりのコツで、何があってもルールを守るようにする習慣を付けておきましょう。

この習慣があると予算内でやりくりするクセが付き、足りなくならないように使うという工夫が生まれてきます。

カンタン家計簿を付ける

家計簿を付けるのは煩雑だし、そもそも面倒で続かないという人は少なくありません。

確かに毎日家計簿を付けるのには努力が必要ですが、意外に簡単にできてしまう方法もあるのです。

その方法とは「予算別にお金を入れた封筒に直接書き込む」というやり方です。

毎月の収入を予算ごとに封筒に入れたら、そこからお金を出して使うたびに日付と使い道を書き込みます。

例えば、「○月○日・野菜と肉△△円」や「○月○日・電気代△△円」といった内容です。

これなら封筒に直接書き込むだけですし、月末に合計するだけで1カ月の使用金額が一目瞭然で分かります。

余分な家計簿やノートを購入する必要もないので節約にもなって一石二鳥です。

あの借金を乗り越えたから離婚しなくて済んだ
借金で離婚したくない!夫・妻にバレずに借金返済したい!借金返済診断「離婚を避けるために借金を清算したい!」 「離婚の原因になりそうな借金問題を解決できないか?」 「夫や妻の借金のせいで喧嘩・・・でも...

離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

借金で離婚危機に直面している方

  • 借金が原因で離婚しそう!
  • 家族に借金がある事を知られたくない!
  • 離婚を避ける為にお金を整理したい!
など、借金の解決を考えているのであれば、こちらの方法を検討してみましょう。
借金問題が離婚問題に発展?!借金返済診断