借金と夫婦円満

借金を減らし夫婦・家族が仲良くする為の節約テクニック

借金を減らし夫婦・家族が仲良くする為の節約テクニック

節約とケチは違う

借金を減らすための家計の節約というと「ケチケチすること」と勘違いしてしまう人もいるようです。

ケチは悪いことではありませんが、あまりケチっていると家庭も暗くギクシャクしてしまいます。

節約をしたい時はひたすらケチるのではなく、合理的・効率的に行なうと上手くいきます。

かりに借金を減らすためであってもケチケチするのは節約ではなく、単に自己満足の努力をしていると認識しておきましょう。

電気料金の節約テク

電気料金を節約しようと多くの人が実行するのが「人のいない部屋の電気を消す」という行動です。

もちろん、これでも電気料金は節約できますが点けたり消したりと面倒だったり、暗い部屋でつまづいて転んだりして挫折することもあるようです。

ある調査によると家電の電気消費量ベスト3は「冷蔵庫」「照明」「テレビ」となっています。

テレビはエアコンよりも消費電力が多く、家庭で使う電力の10%弱を占めているほどです。

生活に欠かせない照明を消して回るより、テレビを見る時間を減らすほうが合理的な節約になります。

食費の節約テク

食費を節約しようとする人が陥りやすいのが「質を落とす」と「品数を減らす」という誤解です。

確かに高い牛肉を安い鶏肉に変えたり、おかずの品数を減らしてコロッケだけの夕食というようにすれば節約にはなるでしょう。

しかし、現実には意外に節約効果が上がらなくてストレスになっているケースも多いようです。

食費を節約するコツは、ずばり「発想を転換する」ことにあります。

たとえば、冷やし中華を作る時の具は卵焼き・キュウリ・ハム…と思い込んでしまわず、モヤシが安ければ茹でモヤシを具にする、卵焼きがあればハムはいらない、トマトが余っていればトマトだけでいいというように発想を転換してはどうでしょうか。

そして「これは節約」と考えるのではなく、「我が家の新レシピ」と考えるようにすればストレスも溜まりません。

省けるものは全部省く

節約の基本は「省けるものなら全部省こう」ということです。

通信費であれば余分な付加プランは解約し、電話さえできればいいというようにしても構わないでしょう。

ポイントとなるのは、

(1)絶対に省けないもの
(2)あった方がいいもの
(3)結局なくてもいいもの

を見分けるということです。

通信費でいうと
(1)の絶対に省けないものは電話本体
(2)のあった方がいいものは留守番応答サービス
(3)結局なくてもいいものはキャッチホン

だったりします。

こうした見分け方には個人差があると思いますので、自分に合ったやり方で節約を目指してみてはどうでしょうか。


離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

借金で離婚危機に直面している方

  • 借金が原因で離婚しそう!
  • 家族に借金がある事を知られたくない!
  • 離婚を避ける為にお金を整理したい!
など、借金の解決を考えているのであれば、こちらの方法を検討してみましょう。
借金問題が離婚問題に発展?!借金返済診断