借金と夫婦円満

家族の借金を自粛させる「貸出自粛要請」を申込むには?

借金を自粛させる貸出自粛要請を申込むには

貸出自粛要請をするには

貸出自粛要請とは日本貸金業協会に対して、特定の人に対してお金を貸さないように依頼することをいいます。

この依頼を行なうと協会に加盟している金融業者はその人に融資しないことになりますので、夫(妻)の借金癖などで悩んでいる人には適したシステムといえるでしょう。

貸出自粛要請をするためには、次のような手続きをする必要があります。

手続きはそれほど難しいものではありませんので、貸出自粛要請に関心のある人はぜひ参考にしてみてください。

貸出自粛要請で登録すること

貸出自粛要請をする場合、日本貸金業界に対して該当する人に関する次の情報を登録する必要があります。

・本人の氏名と性別
・生年月日
・住所と電話番号(携帯可)
・勤務先名と電話番号

意外に登録内容はシンプルです。
登録したい人が夫(妻)であれば、調べるまでもない情報ですので手間は掛かりません。

貸出自粛要請を登録申請できる人

貸出自粛要請は「本人」または「それ以外の人」が行なうことができます。

本人以外の人が登録申請する場合、基本的に次のような条件があります。

・法定代理人である(法律で認められた本人の代理人)
・本人の配偶者(夫または妻)
・二親等以内の親族(祖父母、兄弟、姉妹、孫など)
・三親等以内の親族で同居している者(伯父伯母、叔父叔母、甥姪など)

上記以外でも登録申請できる人はいますが、細かい条件がありますので詳しいことは協会のHPをチェックしてみてください。

登録期間(有効期間)

貸出自粛要請の登録申請をして登録がされた場合、登録が受理された(認められた)日から約5年間は要請が有効になります。

もし登録を撤回したいと思ったら、受理日から3ヶ月経過すると撤回が可能となります。

貸出自粛要請の申込みをすると?

貸出自粛要請を夫(妻)などが行なうと、申請書類の内容に問題がなければ申込みから3日間くらいで有効となります。

ただし、土日祝日や年末年始を挟むと3日以上掛かることもありますので、緊急的な状況で登録を急いでいる場合はその点に注意してください。

なお、ここで登録された情報については信用情報機関に加盟している貸金業者のみが知ることができます。

加盟業者の例としては消費者金融のアコムやアイフルといった会社やクレジットカードで融資を行なっているセゾン・フィナンシャルサービスを指します。

こうした貸金業者が信用情報機関に問合わせを行なうと、借り入れの申し込み者が貸出自粛要請の登録を行なっているか否かはすぐに分かります。

その時点で貸し出しが行なわれなくなる為、原則的には借り入れしたくても借金をすることはできません。


離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

借金で離婚危機に直面している方

  • 借金が原因で離婚しそう!
  • 家族に借金がある事を知られたくない!
  • 離婚を避ける為にお金を整理したい!
など、借金の解決を考えているのであれば、こちらの方法を検討してみましょう。
借金問題が離婚問題に発展?!借金返済診断