夫婦喧嘩の仲直り

夫婦喧嘩をしても守りたい5つのルール

夫婦喧嘩をしても守りたい5つのルール

夫婦喧嘩はどの家庭でもあるもの、しかしルール違反をすれば仲直りをするどころか二人の関係は泥沼に落ちてしまいます。

もとは他人である夫婦が円滑に共同生活を続けていくためには、必ず守らなければならないルールを無視しては夫婦喧嘩で仲直りするどころか離婚の危機にも陥ってしまいます。

逆にいえば、夫婦が何かのキッカケで喧嘩になってしまったとしても、最低限のルールさえ守っていれば仲直りも可能だということです。

ルールその1・昔のことを持ち出さない

よく夫婦喧嘩になると「そういえば君は前にも…」「あの時、確かあなたは…」と過去のことを持ち出す人がいます。

これは夫婦喧嘩に多いパターンではありますが、昔のことを持ち出せば持ち出すほど揉め事が大きくなり仲直りは難しくなります。

どんなに腹の立つことを思い出しても、それを口にしたら喧嘩はエスカレートします。

ルールその2・別件に触れてはいけない

夫婦喧嘩の原因が何であれ、怒りが増していくと別の問題を持ち出したくなるのは人情です。

だからといって「話は変わるけど…」「ちょっと違う話だけど…」などと別の件を持ち出すと事態は混乱して喧嘩が泥沼化します。

もし言いたいことがあるなら別の機会に冷静に話すべきで、夫婦喧嘩の最中に別件を持ち出して相手を責めるのはルール違反です。

ルールその3・水掛け論はしない

夫婦喧嘩でよくあるのが同じ問題を繰り返して言い募るパターンです。

実際のところ誰でも一度聞けば十分に分かりますから、二度三度と同じことを言うのはムダであるばかりか喧嘩がこじれる原因になります。

これが高じればお互いに同じことを繰り返すだけという結果になり、最期は「お前が悪い」「アナタが悪い」の水掛け論になって収拾がつかなくなるのです。

ルールその4・喧嘩するなら逃げない

夫婦喧嘩はしないに越したことはありませんが、もし止むを得ず喧嘩になってしまったとしたら最後まで「逃げ」は厳禁です。

逃げとは喧嘩の途中で「もういいよ!」や「話しても意味ない!」と話合いを中断しようとすることで、これをすると相手はさらに怒るか「この人ダメだ…」と思うかのどちらかです。

喧嘩がエスカレートして危険だと感じたら、逃げるのではなく「明日また話し合おう」というように前向きに対処してください。

ルールその5・無言の行はタブー

夫婦喧嘩が長引くと突然無言になってしまう人がいます。

もう言うことがなくなったのか、言っても無駄だと感じているのかは人によりますが、喧嘩というリングの上から突如降りてしまうのはルール違反です。

もし、何も言いたくなくなったとしてもいきなり黙るのではなく「ゴメン、今はもう何も言えない」「もう一度考えさせて」と素直に言うようにしましょう。


離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

男にとって突然来る離婚危機の回避方法を知りたい方

ある日、
「このままだと、わたしあなた君の事が好きじゃ無くなって・・・一緒にいられない!」
と妻に告げられた後、見事離婚回避した方法とは?

あなたのケースがこれよりも重症の場合でも離婚回避できるマニュアルを教えます!

多くを語らない夫との離婚危機を避ける方法を知りたい方

気がついたら、
「妻のことを避けるようになっていた・・・」
そんな夫と妻が、見事離婚回避した方法とは?

あなたの夫はこれよりも大変な状況かもしれませんが、それでも離婚回避できる方法があります!