夫婦喧嘩の仲直り

コトワザで見る夫婦の関係!夫婦で仲良くなる秘訣?!

夫婦で仲良くなる秘訣

昔から「夫婦に関するコトワザ」は星の数ほどあるといわれています。

その代表格とも言えるのが『夫婦喧嘩は犬も喰わない』ですが、これは「夫婦喧嘩は放っておけば自然に仲直りできる」という意味だそうです。

さらに穿った(うがった)人に言わせると、「夫婦喧嘩に口出ししてはいけない」という意味も含まれているとのことです。

元は赤の他人の男女が縁あって知り合い、仲の良い夫婦になって一生を添い遂げるというのは理想ですが現実にはそうも上手くいきません。

夫婦喧嘩が起こるのは相手に対して過剰な期待をしたり、自分の思いを理解してくれないことが原因の一つとなっています。

加えて、夫(妻)のどちらかが怒っていても、その怒りに気付かなかったりすると火に油を注ぐ結果となります。

年齢を重ねて深い理解と共感を得た夫婦は素晴らしいですが、それに至る道のりは長いと言わざるをえないかもしれませんね。

次に、昔から言われているコトワザから「夫婦の関係」や「夫婦喧嘩」について見ていきましょう。

どんな配偶者がいいのか?

○夫の場合
「色男より稼ぎ男」
イメケンやハンサムよりも収入が多い男性のほうがいい

○妻の場合
「姉さん女房は金のわらじを履いてでも探せ」
多少の苦労をしてでも年上の奥さんを探すべきだ

昔も今も夫は甲斐性がある(やり手である)ほうがいいということでしょうか。

一方、妻は年上のほうがいいというのは、考え方に余裕があって年下亭主を上手くコントロールしてくれるという意味のようです。

ほかにも「へっついより女房(家計を支える収入もないのに嫁を貰いたがる男)」や「女房は庭から貰え(格下の家から嫁を貰うべきだ)」といったコトワザもあります。

夫婦喧嘩はどう見られている?

冒頭の「犬も喰わない(放っておけばいい)」が有名ですが、次のようなコトワザもあるのです。

「夫婦喧嘩も無いから起こる」
金がないと夫婦喧嘩が起こりやすいものだ

「夫婦喧嘩は貧乏の種まき」
いつも喧嘩をしている夫婦は金が溜まらない

夫婦喧嘩をどう解決して仲直りをするかは重大な問題です。

うっかりエスカレートすると「覆水盆に返らず(こぼれた水は元に戻らない)」や「退けば他人(分かれてしまえば赤の他人になる)」という結果になります。

喧嘩をしても夫婦は夫婦

昔の人も夫婦喧嘩は意味がない、損をするばかりと考えていたようですね。

喧嘩を解消して仲直りをするにはタイミングを逃さないことが重要です。

いつまでも怒りを引きずっていたり、意味もなく不貞腐れたりしていたのでは仲直りすることはできません。

タイミングを逃さずチャンスを待って和解してください。

○夫婦に関するコトワザ
「破れ鍋に綴じ蓋」
夫婦は何だかんだ言っても釣り合っているもの

「好いた同士は泣いても連れる」
好き合っている夫婦は泣くようなことがあっても最後まで連れ添うもの)

このように昔から夫婦に関する事や夫婦喧嘩に関するコトワザが沢山あります。つまり昔から夫婦の本質はそう変わらないともとれます。

夫婦円満に過ごせるよう昔からあるコトワザを参考にしてみてはいかがでしょうか。


離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

男にとって突然来る離婚危機の回避方法を知りたい方

ある日、
「このままだと、わたしあなた君の事が好きじゃ無くなって・・・一緒にいられない!」
と妻に告げられた後、見事離婚回避した方法とは?

あなたのケースがこれよりも重症の場合でも離婚回避できるマニュアルを教えます!

多くを語らない夫との離婚危機を避ける方法を知りたい方

気がついたら、
「妻のことを避けるようになっていた・・・」
そんな夫と妻が、見事離婚回避した方法とは?

あなたの夫はこれよりも大変な状況かもしれませんが、それでも離婚回避できる方法があります!