夫婦喧嘩の仲直り

夫婦喧嘩で仲直りの方法は?夫婦仲直りのコツはシンプルに考えればいい

夫婦仲直りのコツ3つ

夫婦喧嘩をしてしまった!仲直りしたいけどどうしたら良い?
よくケンカをしてしまうけど、何か夫婦喧嘩を減らす方法はないか?

など、仲直りしたいけど、どうしたら良いか分からない方向けに夫婦喧嘩の簡単な仲直り方法をご紹介します。

シンプルに考えれば分かる!夫婦仲直りのコツ3つ

俗に「犬も喰わない」というのが夫婦喧嘩というものです。

しかし、現代社会ではちょっとした夫婦喧嘩から冷戦状態に入り、周囲の人をも巻き込んで別居や離婚という事態に陥ることもあります。

夫婦別居や法的な離婚に至らないまでも、実際に「家庭内別居」や「仮面夫婦」になってしまっているカップルはたくさんいます。

そうならないためにも、夫婦喧嘩でスムーズに仲直りするためのコツを知っておきましょう。

怒っている妻・不機嫌な妻への対応法!妻が怒る理由とは「妻がいきなり怒り出す」 「何か分からないけど不機嫌な妻」 など、夫の立場からすると理解できない妻の怒りってありますよね? で...
怒っている夫・イライラしている夫への対応法!旦那が怒る理由
怒っている夫・イライラしている夫への対応法!旦那が怒る理由とは「黙って何も言わず怒っている夫」 「怒った時は、怖いくらいに声を荒げる」 など、旦那の怒り方や怒りポイントには妻には理解できない点も...

仲直りのコツ1:誰も責めない

夫婦喧嘩をすると無意識に相手を責めたり、時には自分自信を責めてしまいます。

これは「相手は少し言い過ぎだ」や「もっと上手く行動すればよかった」という気持ちの表われですが、むやみに自分や相手を責めても何の解決にもなりません。

すでに口に出してしまった言葉ややり過ぎた行動を後悔するのではなく、今後どうしたいかに照準を合わせて考えるようにしてください。

誰も責めず、夫婦喧嘩をしたという状況を受け入れるとスムーズに仲直りすることができます。

もし、どうしても気になるようなら「喧嘩したオレ(私)が馬鹿だった」、「でも君(あなた)も少し言い過ぎだよ」と穏やかに伝えた後に「もうこれからは喧嘩しないように努力する」と付け加えるようにしましょう。

仲直りのコツ2:素直になる

人間は大人になると素直になるのが難しく、プライドや意地で気持ちとは反対の言動をしてしまいます。

反対に子供同士が喧嘩した時はどう解決しているのか考えてみてください。

そうですね、単に「○○クン、ごめんね」と言うだけですね。

仲直りをするために必要なのは、ごくごく素直に「ごめん、君と喧嘩して後悔しているんだ」、「アナタと喧嘩したままだとツライ」と訴えることです。

仲直りのコツ3:問題点は明確に

夫婦喧嘩を繰り返しするカップルは「なぜ喧嘩をするのか」という問題点が明確でないことが多いようです。

喧嘩がたびたび起こる原因は夫婦によって異なりますが、根本となるのは「相手の考え方を理解していない」という点。

なかには「理解していない」という現実さえ理解できていないというケースも見られます。

何も原因のないところに夫婦喧嘩は生まれません。

夫(妻)が何を考えているのか、何を不満と感じているのか、どこをどう改善してほしいか等々、問題点を明確にすることによって仲直りできるだけでなく喧嘩の再発を防ぐことができます。

もしスムーズに仲直りをしたいなら、冷静な状態で穏やかに「どこを直してほしいのか教えて」と言ってみましょう。

もちろん、相手が説明している間は反論せずに最後まで耳を傾けるのがマナーです。

夫婦が喧嘩をするのは当たり前!その理由と解決策

夫婦が喧嘩その理由と解決策
まず最初に頭に置いておきたいのは「夫婦が喧嘩するのは当たり前」ということです。

DV(家庭内暴力)に発展するような喧嘩は別ですが、ちょっとした口喧嘩やそこからエスカレートした言い合いの喧嘩はどこの家庭でも起こります。

「何気ない口の利き方が気に障った」
「頼んでおいたことを忘れた」
「お金の使い方が気に入らない」
「物や部屋を散らかしたままにしている」
「自分の親に対する態度が悪い」
「子供の教育方針で意見が違う」

等々、よく喧嘩の原因になるパターンです。

こうした原因を冷静な気持ちで読むと「何だかバカバカしい」と感じるでしょう。

しかし、現実にはこのような理由で夫婦喧嘩が起こり、次から次へと不満が噴出して深刻な問題に発展するわけです。

これは夫婦が同じ家で共同生活をし、一つのお財布で共に暮しているためです。

運命共同体であるからこそ不満が溜まり、それを我慢していると限界が来て少しのキッカケ爆発するというのが夫婦喧嘩なのであり「起こって当たり前」と言い換えることもできます。

元々他人だから意見が食い違うのは当たり前

夫婦喧嘩は誰でもいちどは経験するもの、大切なのはどのように関係を修復して良い状態を維持していくかということです。

結婚したばかりにせよ、長年連れ添った夫婦であるにせよ、夫婦はもとをただせば他人であることに違いはありません。

赤の他人が縁あって夫婦になり家庭を築いて共同生活をしているわけですから、残念なことに親子や兄弟姉妹のような血縁の強い絆はないのです。

加えて、おおかたの夫婦は成人してから知り合うか、早くしても10代後半に知りあうケースが多いため「生まれてきた時から知っている」「子供時代からの付き合いだ」というわけにはいきません。

つまりある程度の人格形成ができてから知り合って付き合い始め、その後に結婚して共に生活しているのが夫婦なのです。

人格形成ができてからの共同生活では衝突するのが当然で、いくら努力しても夫婦喧嘩をしないというのは難しいということになります。

仲直りの原則は別れようとは思わない事!?

いくら夫婦は喧嘩をするのが当たり前といっても、そうそう喧嘩が長引いては毎日が楽しくありません。

ましてや一歩間違えて別居だの離婚だのになっては夫婦生活が崩壊してしまいます。

夫婦喧嘩の仲直りの法則はただ一つ「良い関係を維持するための努力」です。

ここでいう努力とは夫が家事を手伝ったり、妻が夫に尽くすというようなことではありません。

ひと言でいうなら「我々夫婦は絶対に別れない」という原則です。

どんなに喧嘩をしようと相手に腹を立てようと、「何があっても別れない」を原則とするなら大事に至ることはないのです。

夫婦の価値観が違うのは当たり前!違いを認めて仲直りすれば夫婦円満

違いを認めて仲直りすれば夫婦円満
夫婦であっても価値観に違いがあることは多くの人が経験することです。

こうした違いを個人差と見るか男女の違いと見るかは人それぞれですが、いずれにしても無視しきれない違いがあることは事実のようです。

たとえば女性の多くは「記念日」を大切にし、夫と手をつないだり腕を組むなどのスキンシップを重要視しています。

一方、男性は「結婚記念日」や「妻の誕生日」を忘れてしまったり、人前で手をつないだり腕を組むなどの行為を恥ずかしいと感じているのです。

男女に価値観の違いがあるか否かは別としても、夫と妻には大きな価値観の違いがあるといえるかもしれません。

その異なる価値観が夫婦喧嘩の原因になり、スムーズに仲直りできない遠因ともなっているのです。

価値観の違いを認めよう

夫婦喧嘩の原因を云々する前に「夫と妻の価値観は違う」と認めると深刻な争いにはなりません。

たとえば、皆さんがヨーロッパやアフリカなどの国の人と接したとしたらどうでしょうか。

文化の違いや生活習慣の違いなどから、相手が皆さんの驚くような言動をしたとしても深刻に怒って喧嘩になるというケースは少なくはずです。

これは皆さんが既に「相手は遠い異国の人だから」と価値観の違いを受け入れているためです。

夫と妻も同じことで、「相手とは価値観が違うのだから」とひとまず受け入れることで夫婦喧嘩は起こりにくくなります。

さらに、その価値観の違いを怒りへとつなげず、「そういう考え方も面白い」と解釈できれば喧嘩になったとしても和解が可能になるでしょう。

配偶者は宇宙人ではない

価値観の異なる男女が縁あって結婚し、一つの家で共に生活すると必ず摩擦が起こります。

でも、よくよく考えてみれば夫(妻)は理解できない言葉を話す宇宙人というわけではありません。

夫婦喧嘩をしない、喧嘩をしたとしても仲直りするための最大のポイントは「お互いを理解するための努力をする」ということです。

そのために有効なのが「イエス、バット…」という方法です。

「イエス、バット…」とは、まず相手の言い分を「イエス(そうですね)」と認め、その後に「バット…(しかし…)」と反論するというやり方です。

夫「料理が手抜きで腹が立つ」
妻「そうなのよ、ごめんね。でも実は…」

妻「帰りが遅くて困るわ」
夫「本当にそうだよね、でも実は…」

夫「さっきは怒ってゴメン。本当に君の言う通りだよ、でも実はね…」
妻「感情的になってゴメン。アナタの言う通りよね、でも実はね…」

いかがでしょうか?

ちょっとした一言で夫婦喧嘩を起こさずに済んだり、喧嘩の後でもスムーズに仲直りできてしまうのです。

男にとって突然来る離婚危機の回避方法を知りたい方

ある日、
「このままだと、わたしあなた君の事が好きじゃ無くなって・・・一緒にいられない!」
と妻に告げられた後、見事離婚回避した方法とは?

あなたのケースがこれよりも重症の場合でも離婚回避できるマニュアルを教えます!

多くを語らない夫との離婚危機を避ける方法を知りたい方

気がついたら、
「妻のことを避けるようになっていた・・・」
そんな夫と妻が、見事離婚回避した方法とは?

あなたの夫はこれよりも大変な状況かもしれませんが、それでも離婚回避できる方法があります!