離婚したい妻の対処法

妻が離婚調停の申し立てをした理由!夫がすべき離婚回避行動

妻が離婚調停の申し立て、夫はどうすべきなのか

ある日、気がつくと妻が離婚調停の申し立てをしていた!

男にとってこれほどショックなことはありません。
「なんで急に?」
「何かの間違いじゃないの?」
「離婚調停はもう手遅れ?」
などと思って落ち込んでいる暇はありませんよ。

妻が離婚調停を申し立てるということは、妻の中では離婚へ向けて第二段階へ進んでいるということ。
これは冗談でも何でもありません。

これから真剣に妻との離婚を考えなければいけないのです。

でも安心してください。離婚調停を申し立てられたからと言って、直ぐに離婚することはありません。
また、あなたが離婚しないと決めれば妻側も離婚することが出来ないのです。

つまり、離婚が決まったわけではないという事だけは覚えておきましょう。

↓こちらには妻が離婚へ向けた第一段階でもある「離婚をしたい」と言った時の対処法について書いているので参考にしてみて下さい。

離婚しない為に夫にできる事
妻と離婚したくないなら離婚を受け入れろ!夫にできる離婚回避方法妻の口から「離婚」の言葉が出た時、ほとんどの夫は驚きと無力感を覚えるでしょう。きっと私もそう思います。 「何かの冗談?」「もしかし...

妻が離婚調停の申立てをする理由

一般的に妻が離婚したいと思った時に、夫に対して最初に起こすアクションは「離婚したい!」と夫に伝える事です。

でも、妻に離婚したいと言われていないにも関わらず、離婚調停の申し立てをしてきたという事はどういうことなのか?

それは、妻の性格によっては伝え方が曖昧だったりする場合もあって、夫のあなたに伝わっていないと妻が判断した場合に考えられます。

もしくは、夫のあなたとは話もしたくないと思っているから、あなたの知らないうちに申し立てをしたという事になるのです。

あと一つ考えられることは、妻が「離婚したいという想いが真剣」だと夫のあなたに伝えたいからだという事です。

そもそも離婚調停の申立てとはどの状態?

上記の理由で、妻が離婚したいと思っているのに夫のあなたが話を聞かなかった場合や、話が進まず拒否し続けた場合に次の手段として離婚調停の申し立てをします。

つまり、夫婦の話合いだけでは離婚に関する問題が解決しない時、家庭裁判所で第三者(調停委員)を介在して離婚の話合いを行なう為に離婚調停を申し立てるのです。

いわゆる離婚裁判ほど大げさのものではなく、比較的手軽に行なえる為利用する人も少なくありません。

一般的に離婚調停は離婚したい側(夫または妻)が申立てを行なうもので、妻が申立てを行なったとすれば「妻は離婚したいと思っている」という事になります。

この申立てに対して家庭裁判所(家裁)は利害のない第三者である調停委員(2名)が離婚に関する諸々の問題を調整していきます。

ただし、離婚調停の目的はあくまで離婚にまつわる話合いをする事で、調停委員が夫婦の仲を取り持ってくれるというような事はないので注意してください。

離婚調停の仕組みと対処法
離婚調停は怖くない!妻と離婚しない為に意識しておくべきたった2つのこと家庭裁判所からいきなり届く離婚調停の通知! これを初めて受け取ってびっくりしない人はいません。 「どうすれば良い?」「離婚しない...

離婚したくないが離婚調停の通知が来た時の対処法

妻が離婚調停の申立てをすると、夫側には家庭裁判所から呼び出しの通知が来ます。

この通知が来たら日時や場所を確認し、必ず決められた日時に出席するようにしてください。

「調停なんかしたくない」「何となく嫌だ」といった程度の気持ちで出席しないでいると、家裁から呼び出し通知が繰り返し届くようになります。

それでも無視し続けると次は調停委員が自宅に連絡して来たり、さらには直接自宅を訪れて説得を行なうという事態にまで発展します。

仮にそうなっても出席を拒み無視し続けると離婚調停は不成立になりますが、妻側は調停をあきらめて一気に離婚裁判の訴えを起こすというケースが多く重大事になってしまうでしょう。

離婚裁判になっては益々面倒なことになるとともに、離婚する可能性が高くなるので、離婚をしたくないのならこの離婚調停にきちんと出席し真摯に「離婚したくないこと」を伝えるべきです。

離婚調停の強制力はどこまで?

実は、家裁で行なう離婚調停にはあまり強制力はありません。

調停の結果、「離婚」という裁定が下っても、夫側が異議申し立てをすれば裁定の効力はなくなります。

そうはいっても「な~んだ、調停って無意味じゃないか」と考えるのは早計です。

離婚調停はよく「離婚裁判の前哨戦」と言われています。

つまり、離婚裁判を起こす前段階として離婚調停をする人が多く、異議申し立てを行なえば次は離婚裁判という事になるのです。

離婚調停委員は公平なのか?

もちろん家裁が選んだ調停委員は基本的に公平です。

調停委員は、弁護士・専門的な知識を持つ者・豊富な社会経験を持つ者という条件のもと、人格識見に優れた40歳以上の人が任命されます。

このように書くと「調停委員は優れた人格者で経験知識ともに豊富なのだろう」と感じる人も多いかもしれません。

が、現実には弁護士以外は特に資格を持っているわけではない一般人なので多くを期待する事はできない可能性もあります。

調停委員は公正な裁判官ではなく、あくまで一人の人間であり、離婚に関する話合いを調整してくれる人という程度の認識を持っていたほうがいいでしょう。

まとめ:妻が離婚調停の申し立てをした理由!夫がすべき離婚回避

離婚調停を申し立てられたことはショックなことですが、あなたが離婚したくないと思うならまだ全然間に合います。

まず、離婚調停を申し立てられても離婚が直ぐに決まることはありません。また、夫のあなたが離婚しないと決めれば、この段階で離婚することはありません。

ただし、妻の離婚したい想いは真剣だという事は理解しておきましょう。

それでも離婚を回避したいのなら、妻の想いを一度受け止めて真摯に話し合いをして下さい。

妻の想いを受け止める為にもこちら妻と離婚したくないなら離婚を受け入れろ!夫にできる離婚回避方法を参考にしてみて下さい。

また、離婚調停の申し立てをされても離婚回避をするのであれば、男にとって突然来る離婚危機の回避方法は?も確認しておきましょう。


離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

男にとって突然来る離婚危機の回避方法を知りたい方

ある日、
「このままだと、わたしあなた君の事が好きじゃ無くなって・・・一緒にいられない!」
と妻に告げられた後、見事離婚回避した方法とは?

あなたのケースがこれよりも重症の場合でも離婚回避できるマニュアルを教えます!