menu

離婚回避の方法〜思考法〜

3つの手順で壊れた夫婦関係を修復する

3つの手順で壊れた夫婦関係を修復する

「幸せになるために離婚をする」という方もいますが、本当に離婚することで幸せな生活を手に入れることができるのでしょうか。
確かに今の苦しい状況から逃れることはできるかもしれません。

しかし、だからといって幸せになれるとは限らないのです。
特に小さい子供を抱えている夫婦の場合、出来る限り離婚を回避することが一番良い決断なのではないでしょうか。

なぜなら子供にとって、どちらか一方の親を選ぶなんて、そんな残酷なこと絶対にさせてはいけないからです。
さまざまな問題があって、離婚をする夫婦もいますが、子供のことを考えると、離婚によって子供の将来に悪影響を及ぼすことは確実です。

暴力や虐待といった状況では、離婚を避けることはできないかもしれません。
しかし、その他の問題によって夫婦の関係が悪化している場合は、出来る限り離婚を回避し、夫婦の関係を修復する道に進むようにしましょう。

性格の不一致や価値観のズレといった問題は、互いの努力一つで意外と簡単にそのハードルを越えることができ、夫婦関係が悪くなる以前よりも、円満になれる可能性だってあるのです。

悪化している夫婦の関係を修復し、離婚の危機を回避するには、次の3つの手順でトライしてみましょう。

離婚回避の手順その1・今後の夫婦のあり方を明確にする

まず最初に、今後夫婦がどんな形で再スタートをきりたいのかを明確にし、それを認識するようにしましょう。
そのためには、自分自身は何を改善したらいいのか、何に努力をしていけばいいのかが自ずと分かるようになるでしょう。

その場合、妻(夫)そして子供の将来がどんな未来になっているのか、二度と同じ過ちを繰り返さないためには、夫婦としてどうあるべきなのかを冷静に時間をかけて考えましょう。
夫婦関係を修復し、やり直し再スタートしている夫婦のイメージを頭に焼き付けたら、次のステップに進みましょう。

離婚回避の手順その2・すれ違いの原因と妥協点を探す

将来へのイメージを頭に叩き込み、自分なりに心の整理が出来たら、次に相手と腹を割って話をしなければいけません。
この場合に重要となるのは、たとえ、夫(妻)が感情的になっても、とにかく冷静に対応することがポイントです。

二人で感情的になりヒートアップすると、解決できるものもすべて失ってしまうでしょう。
ここは一つ、グッとこらえ、相手の言い分をすべて受け入れた上で、ゆっくりと解決策を探っていくといいのです。

腹を割るということは、ある程度の言い合いは避けられないはずです。
相手の言い分を十分に聞いた上で、どこにすれ違いの原因があったのか、自分はどの部分を妥協できるのかを考えましょう。

夫婦関係を修復するためには、変なプライドや意地はすて、妥協できる点はすべて妥協しなければいけません。

離婚回避の手順その3・心を開く

互いのすれ違いの原因、妥協すべき点を見つけることができたら、克服できるよう行動しましょう。
原因や妥協点が分かっても、行動にうつせなければ意味がありません。

ここは一つ自分から、心を開いてみませんか。
大人はみな、変なプライドが邪魔をし、相手に対し素直になることを恐れます。

ただ、本気で夫婦の関係を修復したいと思うのであれば、ここには変なプライドも意地も必要ないのです。
自分から心を開けば、相手もきっと固く閉ざしていた心をゆっくりと開いてくれるはずです

離婚を回避し、関係を修復することはとても難しく、時間のかかる作業になるでしょう。
それでも焦らず、毎日一歩ずつ前に進み、また再スタートを切れるラインまで持っていけるよう努力してください。

離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚危機を避けるための正しい考え方!


関連記事