離婚を避ける方法

夫・妻の信頼回復!壊れた夫婦関係を修復する考え方

夫・妻の信頼回復!壊れた夫婦関係を修復

「夫・妻に信用してもらえない!」
「信頼を取り戻す方法を知りたい!」
など、夫婦の間に溝があり離婚の危機にある場合、少しでも修復するタイミングを後伸ばしすると、状況はさらに悪化します。

まずは、なぜ夫婦の間で信頼しあえなくなってしまったのか、なぜそこまで発展したのかなど、ここにいたるまでの経緯を冷静に整理する必要があるでしょう。

離婚が頭をよぎったり、離婚という雰囲気が漂っている場合、ただ単に「離婚はしたくない、離婚を回避したい」と突っぱねても、何の解決にもなりません。

夫・妻の信頼を取り戻すために、今やるべきことをひとつずつ解決するようにしましょう。

「信用」を取り戻す為にやること

「信用」と「信頼」は似ていますが、少し意味合いが違います。

「信用」は過去の評価が大きく、過去に何か問題があったから信用できなくなっているということになります。
「信頼」は未来に向けた考え方で、信じて頼るという意味があります。

過去は変えられないので、「信用」を取り戻すのは、今から出来る行動で「未来から見たときに認められる行動」をすることで回復します。
つまり信用を取り戻すことで、将来的に「信頼」してもらえる関係になるということです。

1、最初に信用を無くした原因を考える

例えば、すでに夫婦の関係がギクシャクしているという悩みを抱えている場合。

まず「いつから?」「なぜ?」ギクシャクした関係になったのか原因追求をしなければなりません。

夫婦の間に何がおこっているのか?

その問題をどのように解決していけばいいのかをちゃんと考えるようにしましょう。
ただ、夫婦関係が悪化している場合、問題意識がずれている可能性があります。

そのため夫婦喧嘩が絶えず起こったり、仲直りをしてもまたすぐに喧嘩を繰り返す、仲直りがなかなかできない、時間がかかるといった傾向にあります。
自分にとっては、喧嘩をするような大きな問題でもないのに、なぜ気分を害するのか?

そのズレこそが夫婦関係悪化の根本的な原因なのです。
原因を追究するというのは、何も自分のものさしだけで考えると言うことではありません。

必ず相手の立場になって、相手ならどのように感じ、どのように改善して欲しいと願っているのかを考えるようにしてください。

2、自分に非が無いか考え謝る

自分に非があり相手に悪いことをしてしまったのなら、当然ですが謝ります。

しかし、相手側に非がある場合に気を付けなければいけない事もあります。
相手に非があるのだからといってそれを当然のように責め続けてはいけません。

なぜなら夫婦の関係を悪化させる原因を作ってしまったのは、双方に問題があったからなのです。

ですから、相手の非ばかりを責めるのではなく、まずは、自分の非を悔い改め相手に対し、謝るという姿勢を見せることが「信用回復」のポイントです。

謝るという行動をとることは、とても勇気が必要です。
しかし本気で、信用回復をしたいと思うのであれば、相手に対する謝罪の気持ちを伝えるようにしましょう。

3、冷静に話し合いをする

自分の非を認め、相手に対し謝罪の気持ちを伝えることができれば、次に現実から目をそらさず、冷静に話し合いを行うようにしましょう。

相手が感情的になったとしても、すべての気持ちを受け止め、冷静に対応することが話し合いのコツです。
いくらでも時間をかけていいのです。

とにかく相手の気持ちを理解し、自分の伝えたいことを誠意をもって伝える、そして互いが納得するまで話し合いをするということが必要です。

夫婦の関係が破綻してしまったのは、話し合うという環境や姿勢がかけていたからなのかもしれません。

離婚の危機を迎える前に、しっかりとした話し合いの場を設けていたら、案外すんなりと問題を解決できていたのかもしれないのです。

夫婦の関係を修復し、元の状態に戻したいのであれば、相手が何を考え、何を思い、どう感じているのかをすべて受け止める。
その上で、自分の気持ちを丁寧に分かりやすく、伝える努力をしてください。

夫婦の信頼関係を取り戻すためにやる事

信用を無くしてしまったが、それを改善できたのなら次は、なぜ夫婦の信頼関係が壊れてしまったのかを冷静に考えて見ましょう。

異なる性格と育ってきた環境が違う二人が夫婦生活を営むのですから、お互いに対する不満がひとつもないなんてありえません。

それでもこれまでひとつ屋根の下で生活をしてきたわけですから、目には見えない強い信頼関係が作られているはずです。

結婚後長く関係を保ち、夫婦仲良く生活をしている男女は、その信頼関係が強く、たとえ辛く厳しい困難が二人の目の前に立ちはだかってもその絆で乗り越えているはずなのです。

つまり夫婦の離婚という危機を、二人でもう一度手をとり乗り越えるためには、壊れてしまった信頼関係を取り戻すことが必要です。

離婚の危機に直面している夫婦は、築き上げてきた絆が切れかかっており、バランスを崩しているもかもしれませんね。

その信頼関係を取り戻すことができたら、もう一度夫婦としての関係性を取り戻すことができるはずです。

信頼回復するためには、相手に非を求めるのではなく、自分自身の非を見つけ、それをあたらめる事が第一歩なのです。

相手の気持ちを動かしたいのであれば、自分自身を変え、そして相手の気持ちをすべて受け入れるといった準備が必要です。

1、感謝の気持ちを言葉にする

当たり前のようですが、実は多くの夫婦が感謝の気持ちを伝えるという行動をおろそかにしています。
きっとわが子には、「感謝の気持を忘れてはいけない」と教育しているはずなのに。

そこには、夫婦という形で結ばれているものの、怠惰な安心感があるのではないでしょうか。

つまり、夫婦であるからこそ、言葉にしなくてもきっと分かっているだろう、夫婦だからこそ何も言わなくても察するべき、そう考えているのは、夫婦という形に甘えている怠惰な気持ちなのです。

夫婦だからといって、手を抜いてはいけません。

些細なことでもいいのです、ちゃんと「ありがとう」の言葉を言い合える夫婦であり続けましょう。

2、互いを認め、互いを尊重する

「そうじゃないんだってば」「だからあなたは・・・」こんな言葉口癖になっていませんか?
自分のことを認めてもらいたい、思いやってもらいたいのであれば、まず相手のことを認め、尊重する態度をしめさなければいけません。

長く夫婦をやっているとなぜか、相手の意見を真っ先に否定する方が多いように思われます。

まずは相手の意見をきちんと認めてあげるそんな姿勢は、夫婦円満を持続させるためにも必要不可欠なのです。

逆に互いのことを何一つ認められない、互いを尊重しあえない、思いやれない夫婦は、きっと離婚の危機を迎えているのではないでしょうか。

3、コミュニケーションを意識する

残業続きで、まったく会話をする時間がない、子育てに忙しく、夫婦でゆっくり会話している暇なんてない、いろいろな理由をつけて会話が少なくなっているってことありますよね。

それで本当に大丈夫なのでしょうか。
いつまでも仲がよく、笑い声の絶えない夫婦は、喧嘩をしてもすぐに仲直りができるのです。

なぜなら、二人の間には、常に会話というコミュニケーションが存在し、例えば、悪い状況に直面しても互いの気持を素直に言い合えるそんな関係が日ごろから築きあげられているからです。

現在いろいろな理由で会話が減っているという夫婦は、次第に本心を言い合える関係から遠ざかり、喧嘩などちょっとした壁にぶつかったとき、どのように対処したらいいのか分からない状況になるのです。

特に夫婦を長く続ければ続けるほど会話というコミュニケーションは少なくなっていくはずです。

離婚の危機を回避し、いつまでも夫婦円満でいつづけるためにも、意識して夫婦の会話を取るようにしましょう。

夫婦喧嘩後のコミュニケーション

夫婦喧嘩というのは、どんな家庭でも日常的に発生するものです。

夫婦である以上、意見が食い違うのは自然なことです。

ただ、喧嘩をした後に、一切それを改善しようと努力しない、相手とのコミュニケーションを拒むというのは、絶対によくありません。

夫婦喧嘩は当たり前ですが、その後歩み寄る努力をすることも夫婦としては当たり前のことなのです。
それを可能とするものは、コミュニケーション以外何もありません。

つまらないプライドによってこれ以上溝を深くするようなことはあってはならないことで、夫婦の信頼関係を築くためには、とにかく夫婦としてのコミュニケーションを図る必要があるのです。

喧嘩は互いの本心をぶつけ合うために必要、だけど、その後どのようにその関係を修復できるかをそれぞれで考え、言葉にし、接触することもまた同じくらい必要なことであることを忘れてはいけません。

まとめ:壊れた夫婦関係を修復する3つの考え方

最後に、夫婦関係を修復する道に進めるようにするために、上記の内容を踏まえて3つの考え方を紹介します。

夫婦の悩みでもある「性格の不一致」や「価値観のズレ」といった問題は、互いの努力一つで意外と簡単にそのハードルを越えることができるものです。

あなたが意識行動することで、夫婦関係が悪くなる以前よりも、円満になれる可能性だってあるのです。

1、今後の夫婦のあり方を明確にする

今後、夫婦がどんな形で再スタートをきりたいのかを明確にしイメージする。

そうすることで、「自分自身は何を改善したらいいのか」「何に努力をしていけばいいのか」が見えるようになります。

また、妻(夫)そして子供の将来がどんな未来になっているのか、二度と同じ過ちを繰り返さないためには、夫婦としてどうあるべきなのかを冷静に時間をかけて考えましょう。

夫婦関係を修復し、やり直し再スタートしている夫婦のイメージを頭に焼き付けることが重要です。

2、すれ違いの原因と妥協点を探す

将来へのイメージを頭に叩き込み、自分なりに心の整理が出来たら、次に相手と腹を割って話をしなければいけません。
この場合に重要となるのは、たとえ、夫(妻)が感情的になっても、とにかく冷静に対応することがポイント。

二人で感情的になりヒートアップすると、解決できるものもすべて失ってしまうでしょう。
ここは一つ、グッとこらえ、相手の言い分をすべて受け入れた上で、ゆっくりと解決策を探っていくといいのです。

腹を割るということは、ある程度の言い合いは避けられないはずです。
相手の言い分を十分に聞いた上で、どこにすれ違いの原因があったのか、自分はどの部分を妥協できるのかを考えましょう。

夫婦関係を修復するためには、変なプライドや意地は捨て、妥協できる点はすべて妥協しなければいけません。

3、夫・妻に心を開く

互いのすれ違いの原因、妥協すべき点を見つけることができたら、克服できるよう行動します。
原因や妥協点が分かっても、行動にうつせなければ意味がありません。

ここは一つ自分から心を開くことを意識しましょう。
大人はみな、変なプライドが邪魔をし相手に対し素直になることを恐れます。

ただ、本気で夫婦の関係を修復したいと思うのであれば、ここには変なプライドも意地も必要ないのです。
自分から心を開けば、相手も固く閉ざしていた心をゆっくりと開いてくれるようになります。

離婚を回避し、関係を修復することはとても難しく、時間のかかる作業になるでしょう。
それでも焦らず、毎日一歩ずつ前に進み、また再スタートを切れるラインまで持っていけるよう努力してください。

男にとって突然来る離婚危機の回避方法を知りたい方

ある日、
「このままだと、わたしあなた君の事が好きじゃ無くなって・・・一緒にいられない!」
と妻に告げられた後、見事離婚回避した方法とは?

あなたのケースがこれよりも重症の場合でも離婚回避できるマニュアルを教えます!

多くを語らない夫との離婚危機を避ける方法を知りたい方

気がついたら、
「妻のことを避けるようになっていた・・・」
そんな夫と妻が、見事離婚回避した方法とは?

あなたの夫はこれよりも大変な状況かもしれませんが、それでも離婚回避できる方法があります!