menu

離婚回避の方法〜思考法〜

離婚回避の方法ではなく夫婦円満の秘訣を探ろう!

夫婦円満の秘訣を探ろう

離婚とまではいかないけど、なんとなく夫婦関係が上手く行ってない、ギクシャクしている、ラブラブになれない、と感じている方は案外多いのでは?

今は「なんとなく」と漠然とした気持ちかもしれませんが、そのまま時が経つにつれ、単なる「なんとなく」が具体的に離婚の危機という状況を招いてしまう危険性もあります。

離婚の危機を招いてしまってから、夫婦関係を修復しようと努力しても、元通りの関係に戻ることは非常に難しいのです。
だからこそ、漠然としている今のうちに、夫婦の関係を修復しなければいけません。

ここでは、離婚回避の方法や夫婦関係の修復の方法を考えるのではなく、どうしたらラブラブな関係になれるのか、夫婦円満を維持させている男女はどのようなことを行っているのかを考えてみたいと思います。

現在、離婚という危機とは無縁の生活を送っている夫婦が、「これが、夫婦円満の秘訣」と思っている事柄をまとめたので、参考にしてください。

夫婦円満の秘訣その1・感謝の気持ちを言葉にする

当たり前のようですが、実は多くの夫婦が感謝の気持ちを伝えるという行動をおろそかにしています。
きっとわが子には、「感謝の気持を忘れてはいけない」と教育しているはずなのに。

そこには、夫婦という形で結ばれているものの、怠惰な安心感があるのではないでしょうか。
つまり、夫婦であるからこそ、言葉にしなくてもきっと分かっているだろう、夫婦だからこそ何も言わなくても察するべき、そう考えているのは、夫婦という形に甘えている怠惰な気持ちなのです。

夫婦だからといって、手を抜いてはいけません。
些細なことでもいいのです、ちゃんと「ありがとう」の言葉を言い合える夫婦であり続けましょう。

夫婦円満の秘訣その2・互いを認め、互いを尊重する

「そうじゃないんだってば」「だからあなたは・・・」こんな言葉口癖になっていませんか?
自分のことを認めてもらいたい、思いやってもらいたいのであれば、まず相手のことを認め、尊重する態度をしめさなければいけません。

長く夫婦をやっているとなぜか、相手の意見を真っ先に否定する方が多いように思われます。
まずは相手の意見をきちんと認めてあげるそんな姿勢は、夫婦円満を持続させるためにも必要不可欠なのです。

逆に互いのことを何一つ認められない、互いを尊重しあえない、思いやれない夫婦は、きっと離婚の危機を迎えているのではないでしょうか。

夫婦円満の秘訣その3・コミュニケーション

残業残業続きで、まったく会話をする時間がない、子育てに忙しく、夫婦でゆっくり会話している暇なんてない、いろいろな理由をつけて会話が少なくなっているってことありますよね。

それで本当に大丈夫なのでしょうか。
いつまでも仲がよく、笑い声の絶えない夫婦は、喧嘩をしてもすぐに仲直りができるのです。

なぜなら、二人の間には、常に会話というコミュニケーションが存在し、例えば、悪い状況に直面しても互いの気持を素直に言い合えるそんな関係が日ごろから築きあげられているからです。

現在いろいろな理由で会話が減っているという夫婦は、次第に本心を言い合える関係から遠ざかり、喧嘩などちょっとした壁にぶつかったとき、どのように対処したらいいのか分からない状況にあるはずです。

特に夫婦を長く続ければ続けるほど会話というコミュニケーションは少なくなっていくはずです。
離婚の危機を回避し、いつまでも夫婦円満でいつづけるためにも、意識して夫婦の会話を取るようにしましょう。

離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚危機を避けるための正しい考え方!


関連記事