menu

離婚回避の方法〜思考法〜

離婚に関する妻の思考法!理屈で説得しても響かない理由

理屈で説得しても響かない理由

一般的に男性の多くは「論理的な思考」を好みます。

論理的な思考とは「○○は△△だから~~と考えられる」や「××にはこういう意味があるから結論は~~となる」といった考え方の事を指します。

しかし、世のほとんどの女性の場合は、そうした論理的な思考を好みません。

たとえば「そんな論理的な考えとか面倒くさい」「論理的に考えても意味がない」と感じているのが大半の女性で、離婚に関しても男性のように論理的に考えを組み立てて結論を出すわけではないのです。

そのため、男性が持ち前の論理的思考で妻の考えを理解しようとすると失敗します。

女性には女性ならではの「離婚に関する思考法」があるのです。

こうした妻の思考法を理解しない限り、離婚を切り出されても回避する事はできません。

それどころか、一歩間違えば離婚一直線で孤独な人生を送る結果になります。

感情を優先する妻の女性思考

「女性は感情の生き物」と断言してしまうと「そんな事はない」という反論が返ってくるかもしれません。

ただ、女性の多くが男性よりも感情で物事を判断する傾向があるのは事実で、論理的に思考する女性も存在はしているものの少数派という意見もあります。

もちろん感情で思考するといっても幼い子供のように感情のみで行動するわけではなく、論理よりも感情の方を優先するタイプが多いという意味であると考えてみてください。

離婚に関しても、男性なら「子供への影響を考えると離婚すべきでない」と考えるところを、女性の場合は「子供が片親になると可哀そうだから離婚はやめよう」と考えてしまうのです。

離婚を決意する時も「こんな結婚生活は意味がない」「建設的な結婚生活とは言えない」などと考えるよりも、「もう、こんな生活はイヤ」「とにかく、毎日楽しくない」「夫の顔を見ると不愉快だから」などと感じてしまうのが妻(=女性)の考え方といえるでしょう。

離婚回避は女性思考の理解から

もし妻側から離婚を切り出してきた場合、夫が持ち前の男性思考で話合いをしようとしても上手くいきません。

夫(男性)が理路整然と「○○は△△だから」と言っても、妻(女性)の耳には無意味な言葉にしか響かないのです。

それをひと言で表現するならば「リクツじゃないのよ!」という事になるでしょう。

リクツ(論理)で思考したり判断していない相手に対し、いくらリクツ(論理)で話し合おうとしてもすれ違いが起こるだけという結果になります。

離婚しようとする妻(女性)をどう説得するかという以前に、まずは「理論で話し合っても解決は難しい」という事を知っておく必要があるでしょう。

離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

もっと具体的な離婚回避方法や、夫婦の修復について知りたいのであればこちらを確認してください。
離婚危機を避けるための正しい考え方!


関連記事