離婚を避ける方法

離婚したくない!奥の手で夫婦関係修復

夫婦関係を修復するには何から手をつければいいのか

「夫・妻と離婚したくない!が離婚したいと言われた。」
「いろいろ説得してみたけど効果が無い。」
「友人・知人に相談してみたけど、イマイチ進展しない。」

など、離婚しない為に考えられることを試したけど、どうも良い方向に向いていない。

そんな方向けに、「離婚しない為の奥の手」にはなにがあるのか。

夫婦の関係を修復しなければいけないのは分かっているのに、一体何をどう行動していいのか、分からないという方のために、夫婦の仲を改善するヒントをご紹介します。

夫婦関係を修復したい!何から手をつければいいの?

夫婦の危機をむかえている、できれば離婚だけは回避したい、そう考えると大抵多くの人は、少しでも悪化している今の関係を修復しなくてはと、焦るはずです。

でも何から手をつければいいの?

夫と別れたくない離婚しない説得の仕方
夫と離婚したくない!夫を説得して別れない方法は?離婚を決意した夫を説得して気持ちを変えさせるのは簡単なことではありません。 しかし、やり方次第では説得が功を奏して円満な夫婦に戻れ...

夫(妻)と別れたくないなら絶対にしてはいけない事

例えば、「夫婦の危機である、だから今相手の気持ちを繋ぎとめるために、何かしなくては」と思うのが普通なのかもしれません。

しかしこの考えこそが、離婚の危機を呼んでしまう最悪の事なのです。

夫婦関係が悪化してから一度も会話をしたことも、笑顔を見せたこともないのに、突然離婚という危機を感じたからといって、外食に誘ったり、旅行に誘われたら誰だって気持ち悪いですよね。

離婚を回避するために何かをするというのは、そういう特別なことではありません。

しかし大抵の人は、とにかく何かをしなければと焦ってしまうことから、予想以上に悪い行動をとってしまいがちなのです。

夫婦関係を修復するための突破口「奥の手」を探す

では、一体何から手をつければいいのでしょうか。

夫婦の関係を修復したいと考えるとき、今すべきではないことをしっかりと考えた上で、相手との接点を探してみましょう。

夫婦関係が悪化してからあまり会話をしなくなったのであれば、どこかに接点をみつけなければなりません。

例えば、子供の学校のことで話すことがある、支払いの件で連絡しなければいけないことがある、朝の挨拶だけは必ずするなどなど、一つだけでも接点があるはずです。

そこを突破口として関係修復への一歩を進むことができるはずです。

突破口「奥の手」をどう利用するか分析する

突破口が見つかったからといって、相手の気持ちを無視してぐいぐいと入っていってはいけません。

むしろ逆効果です。

夫婦関係を修復するというのは、実は感情的なことではなく、思っているよりももっと科学的なことなのです。

血の通っている人間ですから、気持ちでなんとかなるはずと思う人が多いのですが、実は人間の行動とは一定の法則があるということ。

つまりある法則にしたがって行動すると、夫婦関係を修復することがたやすいということです。

例えば、よく耳にするのが、夫(妻)の浮気が心配で、携帯電話の履歴、メールのやりとりのすべてを無断でチェックするというものがあります。

夫婦関係を悪化させまいと、浮気をする前に事前に防止したいという気持ちからの行動であって、何も夫婦関係を壊したいと思っているわけではないはず。

しかしこうした行動を続けている夫婦の場合、高い確率で数ヵ月後に夫婦関係が悪化しているという状況にあるのです。

何が言いたいのかというと、決まった行動には、決まった結果が待っているということ。

携帯電話を無断でチェックするといった行動を日常的に行っていた人は、必ず夫婦関係を悪化させているという事実。

突破口が見つかっても、次の行動次第では、悪い結果を導いてしまう可能性もあるということです。

分析内容によって、夫(妻)との離婚が回避できるか、そうでないかが決まる重要な事といえます。

専門家による夫婦関係修復

しかし正しい分析を導き出すには、それ相当の経験と膨大なデータは必要不可欠。

素人では、到底難しいかもしれません。

だからこそ必要なのが、離婚回避や夫婦関係修復の専門家なのです。

本気で夫婦の関係を修復させたいと願うのであれば、焦って行動するのではなく、失敗しないためにはどう行動したほうがいいのかを冷静に判断するようにしましょう。

専門家のカウンセリングは敷居が高い

離婚専門のカウンセラーや弁護士に相談するとなると、1時間5千円~1万円位はかかってしまいます。

しかも、1時間では解決しないことがほとんど。

また、探偵等の夫婦関係修復を物理的に行ってくれるサポートの場合、数十万~百万円とかかることもあります。

これだけでも、敷居が高いと感じるはずです。

離婚に特化した専門家のノウハウなら敷居が低い

離婚の専門家でも直接カウンセリングするという形ではなく、「離婚しない為の方法」に関するノウハウを提供している場合には、お値段もお手頃となります。

例えば、こちら

▼夫との離婚を回避して、元通りに修復する方法▼
夫と離婚回避

夫と離婚回避して、元通りに修復する唯一の方法は、あなたの行動だけ!
実は離婚回避をしようと多くの女性が間違った行動をしてしまっています。

「良かれと思ってやっていたこと」
「当たり前だと思って夫の為にやっていた間違った行動」
「自分の気持ちを伝えれば、分かってくれると思っていたこと」
など、多くの当たり前だと持っていたことが間違っています。

そんな、間違った常識に気がつき夫の心理を正しく理解し、正しく離婚回避する方法がこちらに載っています。

夫と本気で離婚しないのならチェックしてみて下さい。

こちらは妻向けのページとなりますが、夫向けの場合はコチラ

費用は多少かかりますが、カウンセリングに行くことやプロの方に相談するのに比べれば費用を抑えられます。

また、離婚しない為のノウハウは一生もので、自分が身に付けることが出来るスキルとなります。

離婚しない為の奥の手を探しているのであれば、一度目を通してみると良いでしょう。

夫婦が別れる前に考えるべき7つの事!離婚したくない人の奥の手

夫婦が別れる前に考えるべき7つの事
夫婦が離婚して別れる前に、「考えておくべつ7つの事」について紹介していきます。

おしどり夫婦になれる夫婦円満の7つのコツ
夫婦円満の秘訣!7つのコツでラブラブな夫婦に!?おしどり夫婦になれる夫婦円満の7つのコツ 夫婦は「出雲の神の縁結び」といわれるように、縁あって出会った二人が結ばれて夫婦になるわけです...

1.損と得を考える

夫婦が別れた場合、「損をするか」・「得をするか」は重要なポイントです。

なかには「損得を考えるのはいやだ」という人もいるかもしれませんが、離婚は自分の人生において大きな転機になるわけですから現実を無視することは得策ではありません。

損と得という考え方に馴染めないのなら、「メリット」・「デメリット」というように考えてもいいでしょう。

2.別れのデメリットを考える

夫婦が離婚すると「住まい」や「お金」、「仕事」、「世間体」、「子供」などさまざまな問題が発生します。

別れるときはあまり考えていなくても、実際に離婚してみると上記のような問題で悩んでいるという離婚経験者は意外に多いものです。

もしも離婚したらどのようなデメリットが生じるかは事前に考えておきたいポイントです。

3.別れない事も考える

夫(妻)と離婚したい、早く別れたいとばかり考えていると視野が狭くなります。

かりに離婚するとしても、まずは「離婚しないとしたら?」や「別れなかったらどうなる?」という事も考えてみる必要があります。

身近に離婚の経験者がいれば、実際の体験談を聞いてみるのもいいでしょう。

4.財産分与の問題を考える

夫婦が離婚したら必ず発生してくるのが「財産分与」という問題です。

これは夫婦の共有財産を二人で分けるという事ですが、住宅やマンション、貯金、家財道具、自家用車なども分与する必要が出てきます。

もちろん退職金や年金、生命保険なども財産に含まれますので分与の対象となります。

5.慰謝料について考える

夫婦が離婚する場合、どちらか一方に非があるとすれば「慰謝料」が発生します。

慰謝料とは精神的な苦痛に対して支払う損害賠償金で、浮気や不倫、暴力、生活費、セックスレスなどの要素があれば必要となるものです。

一般的な慰謝料の相場は300~400万円といわれていますので、もし思い当たる部分があるなら事前に考慮しておく必要があるでしょう。

6.借金・ローンを考える

カードローンやキャッシング、住宅ローンなどの借入金があれば、離婚しても支払いの義務は残ります。

夫(妻)が個人的に借金をしていれば別ですが、夫婦生活のために借入金をしたとすると別れても二人でその返済を行なう必要があります。

7.子供の養育費を考える

夫婦が別れたとしても子供はあくまで二人の子供であり、養育のための費用を負担する義務があります。

この養育費は子供が成人するまで、もしくは学校を卒業して社会人になるまで支払うというのが一般的です。

実例から学ぶ離婚しない為のポイント

実例から学ぶ離婚回避のポイント
夫婦の関係を良好に保ち、離婚という危機を回避するためには、互いの考えや存在を認め合う関係が築き上げられればいいのです。

それが失われてしまうと、とたんに些細なことで喧嘩をはじめ、まともに気持ちをぶつけ合えるような話し合いが阻害されるのです。

夫婦の危機を乗り越え、離婚を回避したいと真剣に考えるのであれば、自分の意見、主張ばかりだけでは当然うまくいきません。

今まさに、離婚の危機に直面している夫婦には、ある共通した言葉があります。

それは「勝手」

「また勝手なことばかりいって」そのようなフレーズをよく耳にしていませんか?

もしも夫婦間のトラブルを抱えている場合で、何度もこのフレーズを耳にしているのであれば、互いの気持ちを理解しようとするゆとりがなく、自分ばかりの意見や主張を訴えているという可能性が高いのです。

この場合、十分に離婚を回避することができますので、まずは実際の離婚の危機に直面している夫婦の例を参考に回避方法を探ってみましょう。

例1・相手のやることなすこと、すべて理解できない

十数年という長きに渡り、夫婦を続けた男女の例です。
夫や妻の顔を見るだけでイライラするといった状況があります。

互いに相手の意見ばかりを押し付けて、片方の意見に耳を傾けない、何もかも自分勝手に決めてしまうといったご夫婦の場合、当然ですが、相手の気持ちを理解することはできないでしょう。
なぜなら、相手の気持ちを理解しようという姿勢がまったくなく、自分勝手な意見ばかりを主張するのですから、当然ですが、顔を合わすだけでイライラするものです。

だって、自分の気持ちを伝えることができないのですから、当然ですよね。
長く夫婦をやっていると、当然相手の気持ちが見えなくなることがあります。

それは、相手の気持ちを理解しようと言う姿勢ができていない、ただそれだけのことなのです。
相手のやることなすこと理解できない、勝手だと思っている方は、なぜ相手がそのような態度をとっているのか、ちゃんと聞いてみてはどうでしょうか?

気持ちや意味を理解することで、納得できる部分がちゃんと出てくるはずなのです。

例2・夫婦別生活

夫婦が同じ屋根の下で生活はしているものの、まったく別々の生活を行う。
これは意外と多い現状なのです。

せっかく夫婦として存在し、同じ空間にいるにもかかわらず、それぞれの生活を続ける、家庭内別居とも言われてるこの状況では、離婚回避どころか、この先離婚することすらできないかもしれませんね。

お互いが、勝手な行動をとり続けることに何の意味があるのでしょうか。
相手の気持ちが理解できない、顔を見る事だってイライラするという気持ちだけを先行させ、それぞれが自分勝手な行動をとってしまうと、結婚そのものの意味さえなくなってしまうでしょう。

この先二人は結論を出すことさえできずに、同じところで足踏みをしていく人生を過ごすだけなのです。
離婚回避だけでなく、二人のこれからをきちんと話すためには、それぞれの勝手をまずは改善しなければなりません。

一度は愛した二人なのですから、ちゃんと顔を向き合わせて、会話をすることからはじめましょう。
二人が同じ屋根の下から外れずに生活をしているということは、そこに少なからず離婚回避の可能性は残されているはずです。

それぞれの勝手を解消し、向き合うような生活からスタートさせるといいのではないでしょうか。
相手に対する凝り固まった不満と解きほぐし、時間をかけて関係を修復させるといいでしょう。

互いを認め合った関係に戻すことができれば、例えば意見が食い違ったとしてもそこには喧嘩ではない、前に進むための話し合いがちゃんとできるようになるはずです。

蛍光灯が救う奥の手?離婚の危機を回避する部屋の明暗

離婚の危機を回避する部屋の明暗
離婚回避や、夫婦関係修復を考える時、人は、自分自身の行動や相手の行動、これまでの経緯や今後のことなど、改善する対象を人に向けてるのが一般的です。

しかし、何をやってもどうにもならないと思うのであれば、最後の手段として視点を変えてみるのはどうでしょうか。
ここに離婚回避に一役かってくれる蛍光灯、つまり部屋のあかりについての出来事を紹介しましょう。

今、まさに夫婦が離婚しようとしている、夫婦仲が悪化し、修復することが難しい状況にあると、悩んでいる方の参考になるのではと思います。
それは、あるビジネスマンが遭遇した職場での出来事です。

いつものように職場で仕事をしていると、一緒に作業をしていた同僚の顔がなんとなく険しく、いつも以上に不機嫌そうに見えるといった印象を受けたそうです。

「機嫌が悪いのか?」と何度も繰り返し聞いてみたが、「そんなことない」の返事ばかり。
そこうこうしているうちに、同僚は、本当に気分を害し、不機嫌ではなかったはずなのに、いつのまにか二人の間に険悪なムードが漂ったという出来事です。

なぜ同僚の顔が不機嫌に見えてしまったのか、なぜ最初は不機嫌ではなかった同僚が本当に機嫌をそこねてしまったのか、なぜ二人を包む空気が険悪になったのか、そこには一つの理由があります。

理由は光と色

実はそのとき、作業をしていた職場の電気が消耗し、いつも以上に薄暗い状態になっていたのです。
そのため同僚の顔に影をつくり、なんとなく不機嫌な印象を作り出していたのが、そもそもの原因なんです。

同僚は実際には、不機嫌ではないものの、何度も繰り返したずねる「機嫌が悪いのか?」と言う問いかけに加え、残業と言う疲労感が加わり、本気で気分を害してしまったというもの。

疲れている体に追い討ちをかけるような、同僚の勘違いや配慮のない言葉、というのは、何の問題もなかったはずの気持ちや二人を包む空気を一変させ険悪なムードを作り出してしまうのです。

つまりそれは夫婦間にも言えることではないだろうか。

エコ活動に力を入れすぎていませんか

最近では、エコが当たり前の時代になり、多くの家庭では、「こまめに電気を消す」という習慣が根付いています。
家計を支える主婦としては、当然のことで何一つ悪いことではありません。

ただ、タイミングが悪いと夫婦の関係を悪化させるきっかけにもなるのが「行き過ぎたエコ」なのです。
例えば、仕事から帰宅する夫や妻の時間が遅い場合、玄関の電気、キッチンの電気をつけて、待っていますか?

帰宅する家が暗く、外から帰る者を迎え入れる状況にない場合、当然ですが、嫌な気分になるでしょう。

逆に暗い室内で帰りを待っている側からすると、疲労困憊で帰宅してきた人間の顔が、暗くみえると、

「なぜ帰宅そうそう不機嫌なのか」と勘違いすることで、マイナスの気分を引き出すのです。
これこそが意外に思われる「離婚の危機」や「夫婦関係の悪化」と招いてしまう光による負の作用なのです。

無駄な電気を消すという行動は、確かにすばらしいことかもしれません。
しかし、外から帰宅する者を「温かく受け入れる」、「気分良く帰宅できる」という明るい環境を整えることは、夫婦円満の秘訣であり、離婚回避の手段なのです。

相手の顔が、不機嫌であると考える場合、もしかするとそれは、あなたが行ったエコが作り出している単なる勘違いなのかもしれないのです。
そんな勘違いで、「離婚」という危機を迎えてしまっては、本末転倒。

夫婦の危機を回避するために大切な部屋の明かり

現在、部屋のあかりを消しすぎていると感じている場合は、少し明るい環境にしてみてはどうでしょうか。
人は、明るい室内で、ただ生活しているだけで、自然と心が明るくなり、夫婦の会話も自然と和やかになるはずです。

現在夫婦関係がすでに悪化しているという場合は、寝室やリビングの明かりにオレンジ色を取り入れてみるといいでしょう。
オレンジ色の明かりは、昼間の疲れを癒し、ストレスを緩和、軽減する効果が期待できるそうです。

気持ちのいい空間をつくるだけで、夫婦の仲を修復できるなら安いものはないですよね。

ペットがかすがいになる?離婚を避けるペットの存在

離婚を避けるペットの存在
パパとママの関係を良好にする言葉の一つに「子はかすがい」というものがあります。
「かすがい」とは、材木と材木とをつなぐために使用される打ち込み釘のことをいいますが、男女関係においては、二人の仲を繋ぎとめるという意味にもたびたび使用されています。

確かに、愛する人との間に出来た子供の存在は、とても大きく、二人で一緒に育てた子供は、無条件に可愛いものですよね。
男女関係が長く続けば続くほど、好きなのかどうかも分からなくなってくるもの。

そんなときに、二人の愛する子供の存在さえ感じられれば、それだけで会話も弾み、楽しい人生を送ることができるものかもしれません。
では、残念ながら子供に恵まれない、子供を作らなかった夫婦はどうなるでしょうか。

次第に夫婦の会話も減少し、いつしか家中が静まり返り、どのようにコミュニケーションをとったらいいのかさえ、分からなくなってしまう・・・。
そんな夫婦の離婚の危機や、夫婦関係の悪化を回避するための存在となるのが、ほかならぬ「ペット」なのです。

子供がいない夫婦の間をしっかりと繋ぎとめる役割、つまり子はかすがいの代役をつとめられるのが、ペットと言われています。

夫婦を繋ぎとめるペットの存在

離婚回避や夫婦の関係修復のためにと、いろいろな方法で努力している方も大勢いると思いますが、意外にもペットの存在というものは大きいのです。

物言わぬ存在かもしれませんが、それゆえに訴えかける力や与えてくれる癒しは相当なもので、いまや子供のいない夫婦だけでなく、関係の悪化したご夫婦や子育てがひと段落したご夫婦の関係を修復するための存在としても注目されているのです。

なぜ世話をするのが面倒なペットの存在が夫婦の関係を修復し、離婚の危機を回避してくれるのかと不思議に思うかもしれません。

しかし愛情の冷めてしまった夫婦や会話の減ってしまった夫婦の関係をグッと良好にしてくれるのです。

例えば、犬を飼えば、どうしても毎日の散歩は必要不可欠です。

そんな当たり前のことですが、一緒にご近所の散歩にでかけるだけで、気分転換になるでしょう。

さらになぜか、家では話せなかった何気ない会話も外の空気と景色を目にすると自然と弾むものなのです。

また面倒のかかるペットの世話は、意外にも長年忘れていた、夫婦の協力というコミュニケーションを引き出すきっかけにもなるのです。

動物というのは、何も語らず、何をするわけでもありません。

しかしただ、その動きやしぐさ、表情を見ているだけで、それぞれの心に宿った長年のわだかまりや、近すぎるがゆえに抱えてしまったストレスを氷が溶けていくかのようにゆっくりと解消してくれるのです。

アニマルセラピーで離婚を回避する

アニマルセラピーと言う言葉を耳にしたことがありますか?

これは、動物と直接触れ合うことで、病気を治してくれるという療法なのですが、動物が持つ目に見えない癒しは、確かに医療の現場でも実証されているのです。

夫婦というのは、些細なことで喧嘩をしまうものです。

理由を尋ねると本当になんでもないようなことに腹をたて、その積み重ねによって「離婚」という大きな危機を迎えてしまうのです。

そんな些細な問題を日々積み重ねない為にも、動物の存在を感じ、毎日の緊張を緩め、喧嘩のない楽しい毎日を送ることが離婚回避の条件なのです。

動物は、人を選びません。

与えられた場所で、無邪気に精一杯生きようとします。

その姿を見ていると、ほんのわずかなことに腹をたて、イライラしている自分自身のことを改めて見つめなおすことができるのではないでしょうか。

ペットを「かすがい」にするときの注意点

ただし、ペットをかすがいにするには、いくつかの注意点があります。

まず、動物好きでなければいけません。

当然ですが、動物嫌いな夫婦が家族の一員として受け入れても「かすがい」にはなってくれません。

いやむしろ、夫婦仲を悪化させてしまう要因になることもあるでしょう。

さらに世話はとても大変です。

それ以上に与えられるものは大きいかもしれませんが、自分の本当の子供のように接することができなければペットをかすがいとして迎え入れることはできないでしょう。

金銭的にも時間的にも十分に対応できる環境であるのかを判断した上で、ペット購入を検討してみてください。

両方が動物好きならば、どの動物をペットにするかを話し合う段階から、すでに夫婦の仲を再度深めてくれるきっかけになるかもしれませんね。

まとめ:離婚したくない!奥の手で夫婦関係修復

どうしても離婚したくないとなると、やるべきことは沢山あります。

でも、全部が全部できるわけでもありません。

あなたが、やるべきことは効果のありそうなことを素早く試すことではないでしょうか?

▼夫との離婚を回避して、元通りに修復する方法▼
夫と離婚回避

夫と離婚回避して、元通りに修復する唯一の方法は、あなたの行動だけ!
実は離婚回避をしようと多くの女性が間違った行動をしてしまっています。

「良かれと思ってやっていたこと」
「当たり前だと思って夫の為にやっていた間違った行動」
「自分の気持ちを伝えれば、分かってくれると思っていたこと」
など、多くの当たり前だと持っていたことが間違っています。

そんな、間違った常識に気がつき夫の心理を正しく理解し、正しく離婚回避する方法がこちらに載っています。

夫と本気で離婚しないのならチェックしてみて下さい。

こちらは妻向けのページとなりますが、夫向けの場合はコチラ

男にとって突然来る離婚危機の回避方法を知りたい方

ある日、
「このままだと、わたしあなた君の事が好きじゃ無くなって・・・一緒にいられない!」
と妻に告げられた後、見事離婚回避した方法とは?

あなたのケースがこれよりも重症の場合でも離婚回避できるマニュアルを教えます!

多くを語らない夫との離婚危機を避ける方法を知りたい方

気がついたら、
「妻のことを避けるようになっていた・・・」
そんな夫と妻が、見事離婚回避した方法とは?

あなたの夫はこれよりも大変な状況かもしれませんが、それでも離婚回避できる方法があります!