離婚を避ける方法

一度離れた夫婦の気持ち!夫・妻の心を取り戻す方法

一度離れた夫婦の気持ち!夫・妻の心を取り戻す

夫婦喧嘩をきっかけに
「夫・妻の気持ちが分からない!」
「夫・妻の態度が冷たく、関心が無い!」
「昔のように夫婦仲良くなりたい!」

と、夫婦の気持ちが離れていると感じ、これから夫婦の気持ちを修復していきたいと考えている事でしょう。

実は、この記事で紹介する『夫婦のための愛情復活の方法』を実践すると、誰でも簡単に夫婦の気持ちを取り戻すことが出来ます。

なぜなら、実際に実践して、夫婦の仲(関係性)が改善されたからです。

もし、あなたが現在夫婦関係がギクシャクし辛い気持ちになっているのなら、この記事を読み進めて下さい。
心の「整理」から「考え方」、夫婦仲の「取り戻し方」が具体的にわかるようになります。

そして、今の辛い夫婦の関係性が改善され、あなたの理想とする夫婦になれるはずです。

夫婦のための愛情復活の方法!最強愛情復活術
夫婦の気持ち復活術

夫・妻との信頼関係、元通りに修復する唯一の方法は、あなたの行動だけ!

「夫婦の会話が減った!」
「一緒にいることが居心地悪くなっている!?」
「最近、夫・妻の笑顔を見ていない!」
「話しかけても関心が無い返事をされる!」
「昔は分かっていた気持ちが、理解できなくなった。」
など、一つでも当てはまるのであれば、それは気持ちが離れている状態。

でも、まだ大丈夫です。夫・妻の気持ちは取り戻すことが出来ます。

今の夫婦の空気感を修復したいのであれば、こちらをチェックしてしてみて下さい。

特に、夫や妻の立場からの体験談やコメント部分に注目してください。自分に当てはまるケースがあるので参考になります。

冷めきってしまった夫婦、カップルのための愛情復活の法則
「冷めきってしまった夫婦、カップルのための愛情復活の法則」評価とレビュー【離婚回避.net】の管理人です。 「夫婦、カップルのための愛情復活の方法!★出水聡-サトシ-の最強愛情復活術」 を購入したので...

離れた夫婦の心を取り戻す4つの「心」の準備

まず、夫婦の気持ちを取り戻すために、あなたの心の準備を行います。

夫婦の関係を修復するにあたって、まず基本となるのは、相手の気持ちを理解することです。
その上で行動をしなければ、いつまでたっても良い方向へ進むことはできません。

「何を、当たり前のことを!」
「オレは・わたしは、ちゃんと相手の気持ちを分かっている!」
「どちらかと言えば、向こうがワガママでこっちを理解していない!」
という意見もあるでしょう。

でも例えば、
妻が温かい手料理を作って食卓を彩っているのに、それに対して何も反応しない無言で食事を済ませるようなことはありませんか?

夫がせっかく優しい声で、話しかけているのに、育児や家事にかまかけて背中ばかり向けていませんか?

このような些細な日常のことが、毎日の積み重ねでお互いの気持ちが離れて行きます。

つまり、あなた自身では気がついていない小さな言動が、相手の気持ちを裏切っている結果となっているのです。

夫婦関係修復のきっかけ!仲良し夫婦が使っている関係修復方法まとめ「夫婦の会話が減った!」 「何だか分からないけどギクシャクしている」 「最近は夫婦喧嘩が絶えない」 など、夫婦であればこのような状況になることは珍しくありません。 でも、本当は仲良くしたい!関係を修復して良い関係でいたい!と思ってもどうしたら良いのか分からない。 そんな時は、ここにある夫婦関係修復のきっかけを使い仲直りの機会を作ってみて下さい。 ...

では、具体的にできる4つの心の準備を紹介します。

準備1、「示す」夫・妻お互いの負担に理解を示す

「妻は家事や育児をするのが当然」
「夫は外で仕事をし、お給料を入れるのが当然」
と決め付けていませんか?

いつの日からか、女性だから、男性だからと家庭でのあり方を当たり前のように捉えているのは危険です。

しかし、実際にはそんなことありません。
女性は、育児の傍ら、愛する夫のために家を綺麗にし、美味しい料理を作り、少ない予算で家計をやりくりしているはず。

一方夫は、家族を守るため、厳しい外の世界で汗水たらし、頭を下げ、必死で働いているはず。
それを当たり前と思っては夫婦の仲を修復することは難しいでしょう。

それぞれの役割だという決めつけや思い込みをこの際取っ払い、互いが抱える労働の負担などをしっかりと理解し、それを態度で示せるように心の準備をしてください。

準備2、「聞く」夫・妻の声に耳を傾ける

離婚の危機を回避している夫婦の特徴は、なんといっても会話の多さです。

たわいもない会話を楽しめる夫婦は、例え喧嘩になったとしても、すぐに夫婦仲を修復することができる関係にあるのです。

「今忙しい」「疲れてるんだ」という言い訳を盾に相手の声に耳を閉じていませんか?

そんなことをしていると当然お互いの気持ちが離れて行ってしまいます。

準備3、「許す」夫婦お互いに過去の過ちを許す

例えば、「過去に夫(妻)が浮気をした」というケースの場合、夫婦関係を修復することは難しいように思われます。

が、それを阻んでいるのは、浮気された側がいつまでも過去の過ちを許していないからなのです。

つまり夫婦の仲を修復し、妻(夫)の気持ちをもう一度取り戻したいのであれば、過去の過ちをすべて許せる自分にならなければいけません。

浮気をしても尚、あなたとの生活を選んで一緒に生活をしているという事実があるのですから、それで良しとする方が幸せになれるはずです。

準備4、「求めず」お互いに期待しすぎない

夫婦円満の秘訣は、相手に期待しすぎないこと。
つまり、夫・妻お互いに要求し過ぎないこと!相手に「こうなってほしい!」「〇〇してほしい!」等の要求が多いと、最初は良くても後々疲れてしまいます。

この先何十年と同じ屋根の下で、同じ人とずっと生活をともにするのですから、なにもかもを目の前の人に期待し要求するのは疲れるだけです。

期待が大きければ大きいほど、達成されなかったときのショックも大きいですからね。
要求が通らなければ「何で話を聞いてくれないんだ!」とさらに悪循環します。

夫婦長い人生を共に進むのであれば、気楽に過ごせる環境が大事、肩の力を抜いて夫婦仲良くなるよう「親しき仲にも礼儀あり」を意識することが、離れた気持ちを取り戻す秘訣です。

夫・妻の心を取り戻し離婚の危機に直面しないための3つの「行動」

離婚の危機に直面しないための3つの心得

夫婦の危機を迎えるタイミングというのは、意外なところにあります。

例えば、
「子供の進学」「夫の仕事の異動」「引越しや家族の不幸」「季節の移り変わり」など

環境の変化に応じ、夫婦を取り巻く環境にも変化が訪れます。

特に新しい環境に変わったばかりの頃は、心が落ち着きを取り戻すまで何かとストレスをためやすい傾向にあります。

だからこそ、些細なことで衝突し、つまらない喧嘩を長引かせることがあるのです。

そんなときだからこそ、互いのことを思いやり、夫婦の危機を招かないようそれぞれで努力しなければならないのです。

離婚は回避したい、うちは大丈夫と思っている方も実は、危機は意外と近くまで迫っているかもしれません。

ここからは、いつまでも夫婦円満であり続けるためにあなたが普段できる「行動」をご紹介します。

行動1、「気持ち」×「伝える」きちんと気持ちを伝えることが夫婦の心を取り戻す

夫婦円満の秘訣はなんといっても「気持ちをストレートに伝える」ということです。

何か伝えたいことがあるのに、その気持ちを正直に話せない、口に出せないという状況はストレスを生み出します。

「夫婦だから口にしなくても分かってくれるだろう」
「暗黙の了解で気持ちを察してくれるはず」
そんな気持ちを当然のように持ち合わせてはいけません。

それは夫婦である前に、夫婦であることに対する怠慢です。

本当に自分のことを理解してもらいたいのであれば、その気持ちをきちんと声にして伝えることが重要です。

行動2、「受け入れる」×「否定しない」相手を受け入れ否定しない

長く夫婦を続けていると、当然ですが、相手の意見や価値観に違和感を感じることもあるでしょう。

「あれ?自分とは考えていることが違う」
「自分が求めている意見ではない」
そう感じても相手の主張や意見、価値観を受け入れるようにしましょう。

自分の考えが正しい、なんてことは絶対にありえませんし、人の数だけ、食い違った意見や考え方、価値観があって当然なのです。

その人の個性、魅力だと判断し、とにかく、相手の意見を認め、受け入れるだけの余力を持たなければ夫婦円満を維持することは難しいのです。

夫婦喧嘩の発端は、一方がもう片方の意見を頭ごなしに否定するということが多いのです。

行動3、「感謝」×「謝罪」のきもちは素直に伝える

離婚の危機を回避し、夫婦円満を持続させたいのであれば、下手なテクニックなんていりません。

悪いと思ったら、すぐに謝罪の意思を態度で示し、うれしいと思ったらその気持ちを素直に表す、これに限ります。

最近素直に謝ったり、素直に喜びを表現することを忘れてはいませんか?

夫や妻のやることを当然だと思って、感謝の気持ちを口にしていないのではないでしょうか?

時々は、妻のいつもの行動にありがとうと素直に言える自分になりましょう。

外で働いている夫に対し、いつもありがとうの感謝の気持ちを伝えられる妻でありましょう。

夫婦の関係を良好に保つためには、疲れた日でも、機嫌が悪い日でも常に気持ちのこもった行動が必要です。

もちろんできない日もあるでしょう。

でも、意識している事で少しずつ良い方向に進むのです。

夫婦の気持ちを一つにする!「夫」「妻」がやるべき「努力」

男女で居続ける秘訣とは
子どもができても仲良しな夫婦って理想的ですよね。
ただ、子供ができた後の夫婦関係には、少なからず変化が訪れます

なぜなら特に日本人という特性を考えると、夫婦の間に子供が誕生すると、互いの気持ちよりも先に家族を中心として物事が進むようになります。

つまり、好きや愛しているなどといった感情よりも、義務感や責任感というものが生活の基盤となる

そのことから、子供の親としては成り立っても、残念ながら男女の関係が薄れてしまう傾向にあるのです。

そうはいっても、男と女であることになんら変わりはありません。

むしろ夫婦がずっと長く一緒に生活し続けるためには、男と女でなければいけないのです。

ここでは、いつまでも相手のことを異性であると感じられるよう、感じてもらえるような努力を紹介します。

「男性」である夫ができる努力

夫ができる努力は、妻を女性としてみること。
子供が誕生すると、とたんに、一人の女性から母親としての存在が強くなることがあります。

そのため、子供の母親であって、女であることを意識せず接する男性も多いのです。

ですが、夫のそのような態度こそが、妻から女という性別をうばってしまうという事を理解するべき。

時々は、妻をデートに誘ったり、外でランチを楽しむ、一緒に映画を見るなど一人の女として見るよう努めましょう。

その他にも妻のちょっとした変化を見逃さないようにしましょう。

例えば、

「ヘアスタイル」や「ファッション」、「香水」や「口紅」などちょっとした変化に気づき、それをほめてあげることが重要です。

さらにいつも当たり前のように食卓に並ぶ料理の味付けを「ほめたり」「関心を持つ」ことがとても大切です。

妻をいつまでも女性として扱える男性は、離婚の危機などには無縁の生活を送ることができるはずです。

「女性」である妻ができる努力

妻が出来る努力とは、夫のことを男として常に立ててあげることです。

女性は、家庭に入ると、なぜか夫のことをあれこれ指図したくなる傾向にあります。

特に子育てのことについては、家事に関して少しでも指摘されると、それ以上に反論し、夫に対するダメだしをするようになるでしょう。

家庭で妻に押さえ込まれているような夫は、男としての価値を落としていくだけです。

夫をいつまでも男性らしくするためには、とにかく自信をつけてもらうほかありません。

妻に頼られている、男として扱われているという気持ちこそが、自分に対する自信につながり、いつしか一家の主として、そして妻の夫として、一人の男としての振る舞いができるようになります。

夫婦がいつまでも男と女であり続けるためには、お互いがお互いの自信を引き出し、男として、女として尊重し続けていかなければならないのです。

子供がいるからといって、何も男女関係を続けるのは、難しいことではありません。

むしろその努力を怠った夫婦こそが、離婚の危機を回避できない状況にまで落ちるのかもしれません。

夫婦円満の秘訣は、「夫婦」であって、「両親」であって、「男女」でなければいけないのです。

心が離れ「喧嘩」が多い夫婦は「コミュニケーション」を意識すれば取り戻せる

喧嘩が多い夫婦はコミュニケーションを意識して変える
夫婦の離婚原因で多いのが「スレ違いで心が離れた」というものです。

スレ違いが起こるのには、仕事や育児といった夫婦それぞれの生活スタイルの違いが理由になっている場合があります。

そうした状況を上手く解消して夫婦円満をキープするコミュニケーション方法をご紹介します。

心が離れた「原因」は夫婦の「スレ違い」

夫婦のスレ違いは
「夫が仕事で忙しい(残業、出張、日曜出勤等)」
「妻が子育てで手いっぱいである(夫に構うヒマがない)」
「夫婦が共働きで二人の時間が持てない」
などが原因で起こります。

「忙しいんだから仕方がない」といってこうした状態を続けていると、夫婦の心が次第に離れていって浮気や不倫、別居、離婚という結果にもなりかねません。

仕事・育児・介護・趣味などで夫婦のスレ違いを感じているなら、夫婦円満につながる簡単なコミュニケーション術を実行してみてください。

1日1回は「食事」を「共にする」と心を取り戻せる

昔から「同じ釜の飯を食う」という言葉があるように、夫婦に限らず家族の絆は食事を共にすることで深まります。

「同じ釜」というのはご飯を炊く釜(現代でいえば電気炊飯器)のことで、ひとつの釜で炊いた飯をいっしょに食べるのは生活を共にする家族や仲間であるということを表わした言葉なのです。

夫婦のスレ違い解消にも「同じ釜の飯」はひじょうに効果的であり、夫婦がふたりで食卓を囲んでご飯を食べることによって何気ないコミュニケーションが生まれ絆が深まるというわけです。

もし、仕事や育児などで夫婦そろってご飯を食べる時間がないのなら、夜食やおやつのような軽食をいっしょに食べるという方法もあります。

簡単にいえば「夫婦ふたりで何かをいっしょにいただく」ということが重要なのです。

「夫婦」ふたりの「予定を作る」と気持ちを取り戻せる

子供のころは遠足や運動会を楽しみにしていた、という人も少なくないでしょう。

人間は誰しも何か楽しい予定があると、その日が来るのが楽しみになります。

それは夫婦でも同様で、「日曜日には二人で散歩に行く」というようなシンプルな予定でも構いません。
「GWには夫婦で温泉旅行に行く」という少しぜいたくな予定でも構いません。

何かしら「夫婦ふたりでする予定」を作ってみることが大切です。

そうした予定を立てることによって、
逆に夫側から「今度の日曜日は接待ゴルフがあるんだよ」とか、
妻側から「来週の週末は母の買い物に付き合うのよ」
といった予定を話す機会も生まれてきます。

すると、夫婦がお互いの予定を知ることができ、日々の生活を共有することによって円満な家庭が築くことができるのです。

「夫婦喧嘩」した後に「気持ちを取り戻す」為の4つのポイントと考え方

仲直りの為の4つのポイントと考え方

仲直りポイント1、「思う」仲直りしようと思う事

夫婦喧嘩で仲直りするために必要なのが「仲直りしたいという気持ち」です。

何だ、当たり前じゃないかと言う人もいるかもしれませんが、現実にはまだ怒りを引きずっているのに和解しようとしたりする場合も少なくありません。

そうなると何かのキッカケで怒りを思い出せば再び喧嘩の火種になります。

心の中に怒りを持っているのに世間体や子供の手前があるから、気まずいのは困るからなどの理由で嫌々仲直りしようとする…というのでは根本的な解決には至らないからです。

もし本当に仲直りしたいのなら、「和解しよう」という強い意志を持つことが重要です。

仲直りポイント2、「認める」自分の悪い点を認める

よく「喧嘩両成敗」というように、夫婦喧嘩をしてしまう原因はお互いにあります。

ここで大事なのは「お互い」にあるという点で、相手だけでなく自分にも非があるというのを認めることが重要です。

本心から仲直りをしたいなら、まずは謙虚に自分の非を認めて相手に謝罪しましょう。

非を認めるというのは夫婦生活を続けていくうえで重要なことで、謝られた相手は自分にも非があることに気付き、同じように謝罪してくるはずです。

万が一、謝っても許してくれないようなら本格的な話合いをする必要があります。

お互いに冷静になるまで時間を置き、あらためて話をする機会を設けるようにしてください。

仲直りポイント3、「聞く」相手の不満に耳を傾ける

夫婦喧嘩をするにはそれなりの理由があるはず、仲直りをしたいなら相手の不満に耳を傾けましょう。

その際に心掛けたいのは、「相手が何を言っているか」ではなく「相手が何を言いたいのか」に注目することです。

ささいな言葉の綾にこだわらないで、「相手が本当は何を望んでいるのか」に耳を傾けるようにしてください。

相手の言葉の綾に怒ったり、揚げ足を取るようなことをすれば再び喧嘩になります。

夫婦喧嘩の仲直りで相手の不満に耳を傾ける時は謙虚な気持ちで聞くのが和解するコツです。

仲直りポイント4、「和解する」面倒でも適当に済ませない

夫婦喧嘩をすると家庭内がギクシャクし、子供や親などの家族にも影響を及ぼします。

もちろん夫婦同士も気まずくなり、夫が無言で仕事に出掛けたり妻が手抜き料理を出したりと詰まらない諍い(いさかい)が繰り返されることになります。

こうした冷戦状態に耐えられなくなると、「もうどうでもいいから和解するか」となるわけですがこれが後々問題となるのです。

もしも夫婦喧嘩を度々繰り返したくないのなら、面倒だと思ってもしっかり話し合って和解するようにしましょう。

「夫婦仲の冷え」上手に気持ちを取り戻す方法

夫婦仲の冷えを上手に解消する方法
「新婚時代はラブラブで他人もうらやむ仲だった」という夫婦も、年月を経ていくうちに冷え切った関係に…という例は少なくないでしょう。

いったいどこですれ違ってしまったのか、夫婦仲を修復するためには何をすればいいのか悩んでいるなら「夫婦仲の冷えを解消する方法」を実行してみてください。

夫婦仲心の冷えチェックポイント

もしも、夫または妻のどちらか、または双方が「夫婦仲が冷えている」と感じているようならまだ救いがあります。

なかには夫婦仲が冷えていることさえ気付かず、惰性で生活を続けているうちに突然夫婦仲が破綻したという例も見られます。

夫婦仲が冷えているか否かは次のような点をチェックしてみてください。

  • ここ数年、結婚記念日や夫(妻)の誕生日をお祝いしていない
  • ここ最近、夫婦ふたりで外出や外食をしていない
  • 二人きりになると話が途切れる、車のなかで会話がない
  • ここ数カ月、キスしていない、セックスレスである

上記リストに思い当たることがあれば、夫婦仲の冷えが始まっている可能性があります。

自分の気持ちを「確かめる」

夫婦仲の冷えを感じたら、まずすべきなのは「夫(妻)は自分にとってどんな存在なのか」を検証してみることです。

そして、「やはり夫(妻)は自分にとって必要な存在」という結論が出たのなら、夫婦の冷え解消に腰を据えて取り組む決心をしてください。

夫婦が冷えた関係になるのには積み重ねがありますから、一気に解消するのはむずかしいということを理解したうえで真剣に関係改善に取り組まなければならないのです。

ここで大切なのは「本気で取り組む」ということで、ちょっとしたことで挫折したり諦めたりするのでは目的は達成できないことを肝に銘じることです。

相手ではなく自分が「歩み寄る」

夫婦仲の冷え解消の第一歩は、「自分から歩み寄る」という点に尽きます。

相手の反応はどうであれ、「朝晩のあいさつをする」「優しく声を掛ける」という声掛けを実行してみましょう。

仮に相手から何の反応がなくても、次第に「あいさつするのが当たり前」「声を掛けられるのが当たり前」という状況に変わってきます。

さらに、ちょっとしたキッカケがあれば、「いつもありがとうね」「あまり気が付かなくてゴメンネ」といった自分の気持ちを表す言葉も発信してみるといいでしょう。

ここで大切なのは「声を掛ける=コミュニケーションを求める」ということです。

「スキンシップ」で気持ちを取り戻す

夫(妻)に対する声掛けができるようになったら、さり気ないスキンシップ(ボディタッチ)を試みてみるのも効果的です。

朝「行ってくるよ」「行ってらっしゃい」というときに軽く相手の腕に触れてみたり、夜「そろそろ寝ようかな」「おやすみなさい」というときに軽く相手の肩や背中に手のひらで触れてみたりするのもいいでしょう。

ここで大切なのはあくまでさり気なく行動することで、強く相手に触れたりしつこく触れたりするのは逆効果です。

一度離れた夫婦の気持ちを取り戻す方法はそれぞれで違う

ここまで、様々な考え方や修復方法を述べてきました。

夫婦の気持ちを取り戻すには

  1. 「心」の準備
  2. 普段できる「行動」
  3. 「夫」「妻」がやるべき「努力」
  4. 「コミュニケーション」を意識
  5. 「夫婦喧嘩」後のポイント
  6. 「夫婦仲の冷え」解消法

の6つのポイントを紹介してきました。

が、実際には各夫婦の関係で当てはまる場合もあれば、少し違うこともあります。

ですので、全部を実行する必要はありません。

あなたがピンと来た方法だけでも試してみると良いでしょう。もちろん、複数を組み合わせてやり易いことからはじめるのをおすすめします。

もっと本格的に取り組みたいのであれば、下↓の記事もチェックして下さい。

冷めきってしまった夫婦、カップルのための愛情復活の法則
「冷めきってしまった夫婦、カップルのための愛情復活の法則」評価とレビュー【離婚回避.net】の管理人です。 「夫婦、カップルのための愛情復活の方法!★出水聡-サトシ-の最強愛情復活術」 を購入したので...

夫婦のための愛情復活の方法!最強愛情復活術
夫婦の気持ち復活術

夫・妻との信頼関係、元通りに修復する唯一の方法は、あなたの行動だけ!

「夫婦の会話が減った!」
「一緒にいることが居心地悪くなっている!?」
「最近、夫・妻の笑顔を見ていない!」
「話しかけても関心が無い返事をされる!」
「昔は分かっていた気持ちが、理解できなくなった。」
など、一つでも当てはまるのであれば、それは気持ちが離れている状態。

でも、まだ大丈夫です。夫・妻の気持ちは取り戻すことが出来ます。

今の夫婦の空気感を修復したいのであれば、こちらをチェックしてしてみて下さい。

特に、夫や妻の立場からの体験談やコメント部分に注目してください。自分に当てはまるケースがあるので参考になります。

男にとって突然来る離婚危機の回避方法を知りたい方

ある日、
「このままだと、わたしあなた君の事が好きじゃ無くなって・・・一緒にいられない!」
と妻に告げられた後、見事離婚回避した方法とは?

あなたのケースがこれよりも重症の場合でも離婚回避できるマニュアルを教えます!

多くを語らない夫との離婚危機を避ける方法を知りたい方

気がついたら、
「妻のことを避けるようになっていた・・・」
そんな夫と妻が、見事離婚回避した方法とは?

あなたの夫はこれよりも大変な状況かもしれませんが、それでも離婚回避できる方法があります!