別れる前に考える事

夫婦が別れる前に考えるべき7つの事

夫婦が別れる前に考えるべき7つの事

夫婦が離婚して別れる前に、「考えておくべつ7つの事」について紹介していきます。

1.損と得を考える

夫婦が別れた場合、「損をするか」・「得をするか」は重要なポイントです。

なかには「損得を考えるのはいやだ」という人もいるかもしれませんが、離婚は自分の人生において大きな転機になるわけですから現実を無視することは得策ではありません。

損と得という考え方に馴染めないのなら、「メリット」・「デメリット」というように考えてもいいでしょう。

2.別れのデメリットを考える

夫婦が離婚すると「住まい」や「お金」、「仕事」、「世間体」、「子供」などさまざまな問題が発生します。

別れるときはあまり考えていなくても、実際に離婚してみると上記のような問題で悩んでいるという離婚経験者は意外に多いものです。

もしも離婚したらどのようなデメリットが生じるかは事前に考えておきたいポイントです。

3.別れない事も考える

夫(妻)と離婚したい、早く別れたいとばかり考えていると視野が狭くなります。

かりに離婚するとしても、まずは「離婚しないとしたら?」や「別れなかったらどうなる?」という事も考えてみる必要があります。

身近に離婚の経験者がいれば、実際の体験談を聞いてみるのもいいでしょう。

4.財産分与の問題を考える

夫婦が離婚したら必ず発生してくるのが「財産分与」という問題です。

これは夫婦の共有財産を二人で分けるという事ですが、住宅やマンション、貯金、家財道具、自家用車なども分与する必要が出てきます。

もちろん退職金や年金、生命保険なども財産に含まれますので分与の対象となります。

5.慰謝料について考える

夫婦が離婚する場合、どちらか一方に非があるとすれば「慰謝料」が発生します。

慰謝料とは精神的な苦痛に対して支払う損害賠償金で、浮気や不倫、暴力、生活費、セックスレスなどの要素があれば必要となるものです。

一般的な慰謝料の相場は300~400万円といわれていますので、もし思い当たる部分があるなら事前に考慮しておく必要があるでしょう。

6.借金・ローンを考える

カードローンやキャッシング、住宅ローンなどの借入金があれば、離婚しても支払いの義務は残ります。

夫(妻)が個人的に借金をしていれば別ですが、夫婦生活のために借入金をしたとすると別れても二人でその返済を行なう必要があります。

7.子供の養育費を考える

夫婦が別れたとしても子供はあくまで二人の子供であり、養育のための費用を負担する義務があります。

この養育費は子供が成人するまで、もしくは学校を卒業して社会人になるまで支払うというのが一般的です。


離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

男にとって突然来る離婚危機の回避方法を知りたい方

ある日、
「このままだと、わたしあなた君の事が好きじゃ無くなって・・・一緒にいられない!」
と妻に告げられた後、見事離婚回避した方法とは?

あなたのケースがこれよりも重症の場合でも離婚回避できるマニュアルを教えます!

多くを語らない夫との離婚危機を避ける方法を知りたい方

気がついたら、
「妻のことを避けるようになっていた・・・」
そんな夫と妻が、見事離婚回避した方法とは?

あなたの夫はこれよりも大変な状況かもしれませんが、それでも離婚回避できる方法があります!