夫婦喧嘩の仲直り

怒っている夫への対応法!4つのタイプ

怒っている夫への対応法4つのタイプ

理由や原因は何であれ、夫婦喧嘩に「怒り」は付き物です。

すぐに怒るタイプ、すぐには怒らないが引き摺るタイプ、繰り返し怒りがぶり返すタイプ…といろいろですね。

夫婦喧嘩の結果、夫が怒っていたらどのように対応すればいいのでしょうか?

口が達者な夫の場合

口達者な男性は怒ると次から次へと理論を展開して相手を責めてきます。

もし妻側も口が達者なら応戦するという方法もありますが、口では敵わないというタイプなら逆らわず黙ったまま一通り話を聞くのが得策です。

相手が冷静になってから、改めて機会を作って穏やかに話合いをしましょう。

話合いでは解決できそうもない時は、自分の考えていることを手紙やメールで送るという方法もあります。

ネチネチ来る夫の場合

男性には意外にネチネチ来るタイプが多いのですが、こういう夫の場合は相手にしないのが一番です。

反論すればするほどネチネチ度がアップしますし、黙って聞いていてもネチネチとなるのでまともに相手をせず席を外しましょう。

いったん納まっても再びネチネチ来るようなら、面倒がらずにそのたびに席を外すことです。

とにかく相手が諦めるまで待つのが良策ですが、結局は「根競べ」的な状況になるかもしれません。

黙ってしまう夫の場合

喧嘩をすると不機嫌になって黙り込むという男性は少なくありません。

沈黙する夫に耐えられないタイプの妻の場合は、何とか和解しようと謝罪するという手段に出るでしょう。

しかし、黙り込むタイプの夫ですと、どんなに謝罪してもすぐに仲直りできないことが多いようです。

これは夫がまだ怒りを消化できていないためで、何か言うと再び喧嘩になる可能性があると考えているからです。

夫が沈黙している間は静観し、相手が口を開くのをじっくり待ちましょう。

押し付けがましい夫の場合

夫婦喧嘩をしているにも関わらず、何かと押し付けがましい男性というのは意外に多いようです。

押し付けがましいとは、「お前はこうするべきだ」「こうすれば喧嘩にならずに済む」「お前の言動のせいで俺は怒っている」など改善を要求してくることをいいます。

こういうタイプの夫に対しては「なぜ喧嘩なのに押し付けるのか」と悩んでも意味がありません。

夫の押し付け要求に納得のいく点があれば素直に応じ、納得できない点があるのなら「そうする意志はありません」とキッパリ断りましょう。

逆に妻側から「アナタはこうすべきだ」「アナタのせいで喧嘩になる」と言っても構いません。


離婚問題を相談出来ず悩んでいる方

  • 離婚をされそうだけど、やり直したい!
  • 「離婚する!」と言われて困っている
  • 夫婦の仲が険悪で何とか修復したい!
  • 離婚危機の解決方法を知りたい!
  • パートナーの気持ちを取り戻したい!
など、離婚問題で悩み心配している方は専門家に無料相談するのがおすすめです。
離婚の悩みを誰に相談していますか?メールでアドバイスを聞く方法

男にとって突然来る離婚危機の回避方法を知りたい方

ある日、
「このままだと、わたしあなた君の事が好きじゃ無くなって・・・一緒にいられない!」
と妻に告げられた後、見事離婚回避した方法とは?

あなたのケースがこれよりも重症の場合でも離婚回避できるマニュアルを教えます!

多くを語らない夫との離婚危機を避ける方法を知りたい方

気がついたら、
「妻のことを避けるようになっていた・・・」
そんな夫と妻が、見事離婚回避した方法とは?

あなたの夫はこれよりも大変な状況かもしれませんが、それでも離婚回避できる方法があります!