夫婦喧嘩の仲直り

夫婦喧嘩が同じことの繰り返し!同じことで喧嘩する原因

「夫婦喧嘩が毎回同じ!」
「いつも同じような流れで同じような喧嘩!」
「お互いの主張が平行線のまま何も変わらない!」
など、どうしても同じ内容の喧嘩をしてしまう夫婦は少なくありません。

それはなぜなのでしょうか?

同じ夫婦喧嘩を繰り返してしまう要因の一つに、それは「喧嘩の原因」を分かっていないからではないでしょうか?

表面的な原因だけではありません。もっと根本的な考え方や行動のクセも関係してきます。

実は、この記事で紹介する『夫婦喧嘩の原因』を知ることで、夫婦喧嘩を無くすことが出来るようになります。

なぜなら、実際に夫婦喧嘩の原因を知ったことで、夫婦の望んでいることが分かり、夫婦仲が改善されたからです。

もし、あなたが夫婦喧嘩が多く辛い気持ちになっているのなら、この記事を読み進めて下さい。
夫婦喧嘩の「原因」を知り「夫婦喧嘩をしない」方法が具体的にわかるようになります。

そして、今の夫婦関係性が改善され、喧嘩しなくなるはずです。

夫婦関係修復のきっかけ!仲良し夫婦が使っている関係修復方法まとめ「夫婦の会話が減った!」 「何だか分からないけどギクシャクしている」 「最近は夫婦喧嘩が絶えない」 など、夫婦であればこのような状況になることは珍しくありません。 でも、本当は仲良くしたい!関係を修復して良い関係でいたい!と思ってもどうしたら良いのか分からない。 そんな時は、ここにある夫婦関係修復のきっかけを使い仲直りの機会を作ってみて下さい。 ...

「またか」が出たら危険信号!夫婦が仲直りできない原因

夫婦が仲直りできない原因
「亭主と台所は新しいほうが良い」
「女房と畳は新しいほうが良い」

これは夫婦に関するコトワザです。

何事も新しいほうが良いというのは誰しも考えることですが、夫婦喧嘩が起こる原因もこの「新しい」「古い」に大きな関係があります。

夫婦生活が長くなればなるほど、つまり関係が古くなればなるほどお互いの「やり口」も見えてきます。

この「やり口」が見え透いていたり、自分には耐えられないと感じると夫婦喧嘩が発生します。

そして、何度言っても改善されない問題点を発見すると「またか…」となるのです。

腹の立つことや我慢しかねることのほとんどはこの「またか…」に起因しています。

「またか」で発生した夫婦喧嘩は表面上では仲直りしたように見えても、深い病根が残ってしまうためいずれは同じ繰り返しになります。

つまり夫(妻)が「またか」と感じる回数が増えれば増えるほど、怒りや不満も積み重なっているというわけです。

冷めきってしまった夫婦、カップルのための愛情復活の法則
「冷めきってしまった夫婦、カップルのための愛情復活の法則」評価とレビュー【離婚回避.net】の管理人です。 「夫婦、カップルのための愛情復活の方法!★出水聡-サトシ-の最強愛情復活術」 を購入したので...

時間が積み重なると喧嘩になる

男女が知り合ったばかりの頃はお互いに相手のことがよく分からず、自分が思い描いた理想像に相手を重ねて幸せな夢を見ています。

その頃は「可愛くて優しい妻」や「想いやりある誠実な夫」だったものが、時間の経過とともに「だらしない」「いい加減」「口うるさい」「文句ばかり言う」に変わっていくのです。

これは夫婦でも年月を経るにつれて相手の現実像を目にすることになり、「ううむ、またか…」「ああ、いつもこうなのよね…」となって不満が蓄積してくるわけで避けることはできません。

その理由はごく簡単で、小さな不満であっても長い年月繰り返されることで「またか…(何度も言ったのに、直してほしいとお願いしたのに)」という心情があるためです。

言い換えると一度や二度の失敗なら笑って済ますこともできるが、何度も何度も同じことを繰り返されることによって「もう許せない」「いつまでこんなことが続くのか」「これからも変わらないのか」という気分が醸成されてくるわけです。

こうなってしまうと「またか…」とため息が出たり、「顔を見るのもイヤになる」といった現象につながります。

「またか」は別居や離婚の危機

もしも夫婦喧嘩で、相手から「またか…」という発言が出たら要注意です。

本人は何気なくやっていることでも相手は嫌気が差しているわけですから、根本的な意味で改善しなければ別居や離婚にもつながりかねません。

夫婦のどちらかが「またか」と感じたら、喧嘩で仲直りするどころか決定的な問題に発展します。

もしも「またか…」という感情が湧いたのなら、単純な喧嘩の仲直りではなく根本的な解決を目指すべきでしょう。

得をしない意外な夫婦喧嘩の原因!夫婦なら知っておきたい!

得をしない意外な原因の争い
「喧嘩」という言葉を辞書で調べてみると「個人的な争いごと」という説明がされています。

動物と人間の違いは、動物は自らの利益のために争いごとをするが人間は必ずしもそうでないということです。

たとえば、動物が争うのは縄張りを守ったり、エサや伴侶を自分のものにするためですが、人間は具体的な得がなくても争うことがあります。

これを夫婦喧嘩に当てはめてみると、自分の得にするための争い(主導権やお金を得るもの)のほかに「直接的には得にならないが争う」というケースがあるわけです。

夫・妻の信頼回復!壊れた夫婦関係を修復
夫・妻の信頼回復!壊れた夫婦関係を修復する考え方「夫・妻に信用してもらえない!」 「信頼を取り戻す方法を知りたい!」 など、夫婦の間に溝があり離婚の危機にある場合、少しでも修復する...

得しないのに夫婦喧嘩する原因

人間が直接的には得にならないのに喧嘩をしてしまうのはナゼなのでしょうか?

それは夫婦喧嘩の心理を解くうえでも重要なポイントになる「自分の気持ちを分かってほしい」という欲求があるため。

夫婦喧嘩を心理学的に見てみると次のような原因があることが分かります。

夫(妻)が自分の気持ちを理解してくれない
夫(妻)が自分の行動の意味を分かっていない
夫(妻)が自分のしてほしいことをしてくれない

このような原因は夫婦喧嘩をしたことのある人なら思い当たるフシがあるのではないでしょうか。

ただ、ここで言えるのは配偶者が自分の気持ちを理解したりすることで直接的な得はないということです。

気持ちを充分に理解したとしても収入が増えるわけでもなく、豪華な食事やブランド品を得られるわけではありません。

それにも関わらず、ほとんどの夫(妻)は「気持ちを理解してほしい」「行動の意味を分かってほしい」と願っています。

願いが叶わないと喧嘩になる

現実問題としては配偶者が自分の気持ちや行動の意味を理解し、自分が望んでいるように行動してくれれば夫婦喧嘩は起こりません。

しかし実際には夫(妻)が無理解であると感じたり、願っているのと逆の言動を取ると怒りが湧いて喧嘩になってしまうのです。

ここでポイントになるのは、「理解して!」「分かって!」と願っているだけでは何も実現しないということです。

これは至極当然のことなのですが、意外に成人した男女であっても気付かない人が多いようです。

というのは、世間でいうところの「夫婦は一心同体」や「愛し合っていれば何も言わなくても通じる」という誤った思い込みがあるためで、自分の想いや行動の理由を配偶者に充分に伝えるという行為がなされていないからです。

日常的に接している夫婦の間で、自分の気持ちや希望を伝えるのは少し難しい面があるかもしれません。

しかし、「何らかの方法で伝えない限り相手は理解しない」という事実を認識しなければ、いつまでも不満の火種を抱えてしまうことになるでしょう。

夫(妻)が「分かってくれない」はイコール「伝えていない」、もしくは「相手が充分に理解できるまで伝えていない」ということになります。

ほとんどの夫婦喧嘩の原因は3つに分けられる!

ほとんどの夫婦喧嘩の原因は3つに分けられる
「夫婦喧嘩の原因なんて星の数ほどある」と考えてはいないでしょうか?

もちろん、星の数ほどとは言えないまでも喧嘩の理由は夫婦の数だけあるでしょう。

ただし、喧嘩の根本原因は意外にどこの家庭でも似たようなものなのです。

ある生保会社のアンケート調査によると、夫婦喧嘩の原因ベスト3は次のようなものであるという結果が出ました。

そのトップ3は「態度」、「子供」、「価値観」です。

「いや、我が家ではそんなことで喧嘩しない」、「でも、そういえば思い当たるフシもある」と感じたご夫婦も多いかもしれません。

次に、この夫婦喧嘩の原因トップ3とその対応策について紹介していきましょう。

相手の態度で夫婦喧嘩

夫(妻)の態度にカチンときて喧嘩が起こるというのが喧嘩の原因になる「態度」です。

夫婦喧嘩が起こりやすい態度の例としては次のようなものが挙げられます。

・態度が乱暴(物をガチャンと置く、放り投げる)
・態度が冷たい(話を聞かない、鼻であしらう)
・態度が不愉快(馬鹿にして嗤う、相手を下に見る)

こういう態度は夫婦でなくとも喧嘩の原因になるものです。

うっかり上記のような態度をとってしまったら、「ゴメンね」や「疲れてたから、つい…」などとフォローしておきましょう。

逆に相手がそのような態度をとったら、いきなり怒るのではなくしばらくそっとしておくといいですね。

育児・子供の教育で喧嘩

子供は夫婦の宝、それだけに育児方針や教育方針で喧嘩になることも多いようです。

育児方針は夫(妻)の家庭環境によっても考え方が異なりますし、義父母が口を出してきて夫婦喧嘩に発展してしまうケースも少なくありません。

また、子供の進学に関しても同様で、「私立か公立か」や「塾や幼児教室に入れるか」なども夫婦喧嘩の原因となることがあるのです。

いずれも我が子・我が孫の幸福を願ってのことですが、それで家庭内の人間関係が紛糾するのでは子供にとっては最悪の状況となります。

もし、このような問題で夫婦喧嘩が頻発したり冷戦状態になるようなら、一度自分自身の考え方をリセットして第三者の意見に耳を傾けてみるのも良い方法です。

価値観の相違が夫婦喧嘩に

夫婦喧嘩のみならず離婚の原因になるのが「夫婦の価値観の相違」です。

価値観の相違は誰にでもあるものですが、それが夫婦喧嘩のモトになってしまうのであれば共白髪まで添い遂げるのは難しくなります。

むしろ、「元は赤の他人である夫と妻の価値観が違うのは当たり前」と割り切って、夫婦として新しい価値観を築いていくと考えたほうが上手くいきます。

些細な事でケンカ!夫・妻からのSOSが夫婦喧嘩の原因

夫(妻)からのSOSが夫婦喧嘩の原因
日頃から喧嘩ばかりしている夫婦は離婚が近いかといえば、実際のところ必ずしもそうではありません。

昔のコトワザに「雨降って地固まる」というように、人が嫌がる雨も降った後には土地が固まって良い状態になる(喧嘩の後には関係が前より良好になる)という考え方もあります。

しかし、逆に夫婦喧嘩から離婚や別居になるというケースもあり、すべての夫婦喧嘩が「雨降って…」となるとは限らないようです。

夫婦喧嘩もうまく二人の仲を深めるヒントにすれば、「地固まる」に変えることができます。

夫婦喧嘩は相手からのSOS

夫婦喧嘩は夫(妻)のどちらかが文句を言ったり、不満を態度に表したりするのが原因で起こります。

何気なく夫が口にした「いつも、うるさいんだよ」という言葉や、妻がビールのコップをぞんざいにテーブルに置いたというようなケースです。

そこから夫婦喧嘩に発展し、お互いに普段は言えないようなことを言ってしまうわけです。

実は、夫(妻)のこうした言葉や態度には深い意味があります。

それはちょっとした言葉や態度の裏には、言葉や態度には出せない辛さや哀しさがあるということです。

「ずっと我慢しているのに気付いてくれない」、「私の辛さを理解しようとしてくれない」といった気持ちが些細な言葉や態度になるのは「お願いだから気付いて」というSOSなのです。

もし夫(妻)がイヤな気分にさせるような言葉や態度に出たら、「本当の気持ちはどこにあるのか?」を考えなくてはいけません。

なぜなら、そのような言葉や態度は「気付いてほしい」というSOS(救難信号)だからです。

夫(妻)への不満は人それぞれ

夫婦が喧嘩をする原因は百人百様…と言いたいところですが、実のところはどこの夫婦も似たような問題で喧嘩をしています。

・夫が仕事ばかりで家庭を顧みない
・夫が仕事をしない、稼ぎがない

・妻が家事や育児に熱心ではない
・妻が育児ばかりで夫に関心がない

・夫(妻)が浮気や不倫をしている
・夫(妻)がベタベタしてうるさい

このように夫婦喧嘩の原因を少し挙げてみただけで、それぞれに矛盾する要素があることが分かります。

たとえば夫側からすれば、朝から深夜まで働いて家族のために稼いでいるのに文句を言われたり、逆に家庭サービス満点なのに収入が少ないと文句を言われたりという例もあります。

また妻側からしても、家事や育児に熱心なのに夫を構わないと怒られたリ、逆に夫にばかり構っているとうっとおしいと言われたりもするわけです。

まさに不満の種は十人十色、相手が何を望んでいるかによって夫婦仲が円満にいくか否かが決まってきます。

相手からのSOSをしっかりキャッチして、夫婦喧嘩の「雨降って」を「地固まる」に変えてください。

5つのNG行動で夫婦喧嘩が悪化する!同じことしていませんか?

5つのNG行動で夫婦喧嘩が悪化する
世の中に「結婚してから一度も喧嘩をしたことがない」という夫婦はどのくらいいるでしょうか?

もちろんゼロではないにしても、夫婦なら一度や二度は喧嘩をした経験があるはずです。

人間が二人以上いる場所では、小さなものから大きなものまで喧嘩は付き物です。

しかし、喧嘩をすれば気分が良くないのは当然、できればスムーズかつ平和的に仲直りしたいですね。

いくら夫婦は喧嘩するもの、でもいつかは仲直りできるものといっても、険悪な状態が長引けば家庭内は暗くなります。

家族の精神衛生を考えても早く仲直りして平常運転に戻したいものですが、次のようなNG行動をすると夫婦喧嘩は長引いて修復が難しくなることもあるのです。

NG行動1:口を利かない

夫婦に限らず喧嘩をした後に多いのが「とにかく口を利かない」というNG行動です。

まだ怒りが尾を引いているのか、機嫌が直らないのか、文句を言い足りないのか…と理由はいろいろあるでしょうが、顔を合わせても口を利かないとなると仲直りどころか再び喧嘩になる可能性もあるので注意してください。

NG行動2:不機嫌な顔をする

喧嘩をしたわけですから不機嫌な顔になるのは当然ともいえますが、いつまでも仏頂面をしているのはフェアな行動ではありません。

昔から「喧嘩両成敗」というように、争いになるのは双方に原因があるわけです。

もし一方だけが不機嫌さを引きずっているのはNG行動で、スムーズに仲直りする妨げになります。

不機嫌な顔をするくらいなら、思い切って不満を口に出してしまいましょう。

NG行動3:いつまでも文句を言う

夫(妻)に対して文句があるから喧嘩になるわけですが、いったん状態が納まってからも文句を言い続けるのは仲直りできない要因になります。

夫婦喧嘩では文句を言えば言うほど「もっと言いたい!」という気分になることが多いものです。

言いたいことがある場合は一度冷静になり、「これだけは言いたい」というポイントを絞ってから伝えるようにしてください。

NG行動4:ふらっと外出する

夫婦で喧嘩をしてしまったあと、ふらっと外に出掛けてしまう夫(妻)もいます。

これは悪気はないにしても相手にとってはショックなNG行動です。

無理して家にいろというわけではありませんが、出掛けるなら「ちょっと出て来るね」「買い物してくる」というようにひと言声を掛けるようにしましょう。

NG行動5:子供に八つ当たりする

夫婦喧嘩でありがちですが、最もNGな行動が「子供に当たり散らす」です。

理由は書くまでもないでしょうが、喧嘩をしたのはあくまで夫婦二人で、子供には何の罪もないわけですから決してやってはいけません。

絶対言ってはダメ!夫婦喧嘩のNGフレーズ

夫婦喧嘩のNGフレーズ
時として夫婦喧嘩は深刻な状況に陥り、お互いに別居や離婚という言葉が頭を横切るというケースもあります。

毎日いっしょに生活していれば喧嘩がゼロというわけにはいかないでしょうが、万が一喧嘩になったとしても「決して口にしてはいけない言葉」を知っていれば深刻な事態に陥るのを避けることができます。

相手の家族に触れたらNG!

「アナタのだらしなさってお父さんソックリよね!」

「君のおふくろを見ればダメさ加減が分かるよ!」

こうした捨て台詞は夫婦喧嘩でよく耳にするフレーズです。

しかし、いくら頭に血が昇ったからといって、夫(妻)の家族について触れるのはNGです。

自分にとって義父母や義兄弟姉妹は赤の他人であっても夫(妻)からみれば大切な家族。

それを悪く言われるだけでも我慢できないのに、さらに自分自身まで悪く言われてしまうのですから喧嘩はエスカレートしていきます。

喉元まで言葉が出掛かっても、ぐっとこらえて我慢するようにしてください。

夫(妻)を誰かと比べたらNG!

「うちのオフクロだったらそんなことしないのに…」

「○○さんの家のご主人はいつも△△なのにね…」

夫婦喧嘩でついつい言ってしまうのが、「どこかの誰かとの比較」です。

うちの母親だったら、私の父親だったら…

隣の奥さんだったら、近所のご主人だったら…

会社の同僚の奥さんは、○○ちゃんのパパは…

正直、こんなことを比べてみても意味がないばかりか、相手の怒りを買うばかりだというのは火を見るより明らかです。

みなさんの配偶者は「○○さん」や「××さん」ではなく、あなたが選んだ夫(妻)なのです。

「結婚しなきゃよかった」はNG!

「あーあ、おまえなんかと結婚しなきゃよかった!」

「ほんと、アナタなんかと一緒になるんじゃなかった!」

夫婦喧嘩で最大のNGフレーズがこれです。

このフレーズを口にしてしまうと、夫婦として築いてきた長い時間を否定することになって仲直りが遠のきます。

どんなに腹が立ったとしても二人のこれまでの生活を否定する言葉を口にすると、売り言葉に買い言葉で「じゃあ別れればいいだろ」「分かったわよ、離婚しましょ!」となるでしょう。

夫婦喧嘩で仲直りしたいなら、こうしたNGフレーズは決して口にしてはいけません。

ルールが無いから繰り返す!夫婦喧嘩をしても守りたい5つのルール

夫婦喧嘩をしても守りたい5つのルール
夫婦喧嘩はどの家庭でもあるもの、しかしルール違反をすれば仲直りをするどころか二人の関係は泥沼に落ちてしまいます。

もとは他人である夫婦が円滑に共同生活を続けていくためには、必ず守らなければならないルールを無視しては夫婦喧嘩で仲直りするどころか離婚の危機にも陥ってしまいます。

逆にいえば、夫婦が何かのキッカケで喧嘩になってしまったとしても、最低限のルールさえ守っていれば仲直りも可能だということです。

ルールその1・昔のことを持ち出さない

よく夫婦喧嘩になると「そういえば君は前にも…」「あの時、確かあなたは…」と過去のことを持ち出す人がいます。

これは夫婦喧嘩に多いパターンではありますが、昔のことを持ち出せば持ち出すほど揉め事が大きくなり仲直りは難しくなります。

どんなに腹の立つことを思い出しても、それを口にしたら喧嘩はエスカレートします。

ルールその2・別件に触れてはいけない

夫婦喧嘩の原因が何であれ、怒りが増していくと別の問題を持ち出したくなるのは人情です。

だからといって「話は変わるけど…」「ちょっと違う話だけど…」などと別の件を持ち出すと事態は混乱して喧嘩が泥沼化します。

もし言いたいことがあるなら別の機会に冷静に話すべきで、夫婦喧嘩の最中に別件を持ち出して相手を責めるのはルール違反です。

ルールその3・水掛け論はしない

夫婦喧嘩でよくあるのが同じ問題を繰り返して言い募るパターンです。

実際のところ誰でも一度聞けば十分に分かりますから、二度三度と同じことを言うのはムダであるばかりか喧嘩がこじれる原因になります。

これが高じればお互いに同じことを繰り返すだけという結果になり、最期は「お前が悪い」「アナタが悪い」の水掛け論になって収拾がつかなくなるのです。

ルールその4・喧嘩するなら逃げない

夫婦喧嘩はしないに越したことはありませんが、もし止むを得ず喧嘩になってしまったとしたら最後まで「逃げ」は厳禁です。

逃げとは喧嘩の途中で「もういいよ!」や「話しても意味ない!」と話合いを中断しようとすることで、これをすると相手はさらに怒るか「この人ダメだ…」と思うかのどちらかです。

喧嘩がエスカレートして危険だと感じたら、逃げるのではなく「明日また話し合おう」というように前向きに対処してください。

ルールその5・無言はタブー

夫婦喧嘩が長引くと突然無言になってしまう人がいます。

もう言うことがなくなったのか、言っても無駄だと感じているのかは人によりますが、喧嘩というリングの上から突如降りてしまうのはルール違反です。

もし、何も言いたくなくなったとしてもいきなり黙るのではなく「ゴメン、今はもう何も言えない」「もう一度考えさせて」と素直に言うようにしましょう。

まとめ:夫婦喧嘩が同じことの繰り返し!同じことで喧嘩する原因

夫婦喧嘩の原因は、夫婦の数だけさまざまです。

でも、夫婦喧嘩の原因となる本質はそれほど多くありません。

夫婦喧嘩をした時には、一度冷静に「ホントは何に怒っているか?」「言っている言葉と本心は違うかも!」などを意識してみて下さい。

また、あなたは本当は仲良くしたいハズですよね?

相手(夫・妻)も本心は仲良くしたいのに、なぜか喧嘩腰になってしまう。

それは、今の夫婦のコミュニケーションに問題があるからではないでしょうか。

夫婦喧嘩の改善、夫婦のコミュニケーション改善のためにも、下↓の記事もチェックして下さい。

冷めきってしまった夫婦、カップルのための愛情復活の法則
「冷めきってしまった夫婦、カップルのための愛情復活の法則」評価とレビュー【離婚回避.net】の管理人です。 「夫婦、カップルのための愛情復活の方法!★出水聡-サトシ-の最強愛情復活術」 を購入したので...

夫婦のための愛情復活の方法!最強愛情復活術
夫婦の気持ち復活術

夫・妻との信頼関係、元通りに修復する唯一の方法は、あなたの行動だけ!

「夫婦の会話が減った!」
「一緒にいることが居心地悪くなっている!?」
「最近、夫・妻の笑顔を見ていない!」
「話しかけても関心が無い返事をされる!」
「昔は分かっていた気持ちが、理解できなくなった。」
など、一つでも当てはまるのであれば、それは気持ちが離れている状態。

でも、まだ大丈夫です。夫・妻の気持ちは取り戻すことが出来ます。

今の夫婦の空気感を修復したいのであれば、こちらをチェックしてしてみて下さい。

特に、夫や妻の立場からの体験談やコメント部分に注目してください。自分に当てはまるケースがあるので参考になります。

男にとって突然来る離婚危機の回避方法を知りたい方

ある日、
「このままだと、わたしあなた君の事が好きじゃ無くなって・・・一緒にいられない!」
と妻に告げられた後、見事離婚回避した方法とは?

あなたのケースがこれよりも重症の場合でも離婚回避できるマニュアルを教えます!

多くを語らない夫との離婚危機を避ける方法を知りたい方

気がついたら、
「妻のことを避けるようになっていた・・・」
そんな夫と妻が、見事離婚回避した方法とは?

あなたの夫はこれよりも大変な状況かもしれませんが、それでも離婚回避できる方法があります!